【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アンナプルナ南壁/7,400mの男たち』(2012)

e0033570_09071173.jpg登山者の10人に4人が命を落とすというヒマラヤ山脈のアンナプルナ南壁。
2008年5月、その魔のルートを選んで山頂を目指していたベテランの登山家が、高山病で倒れたとの緊急連絡が同行者から入った。

「友の危険を見捨てておけない」とその救難要請に世界各国の登山家10人以上が即座に応じ、自らの危険も顧みず山に向かってゆく。
その中には遭難者と親しい者もいれば、面識がある程度の付き合いという者もいるが、それでも当然のように彼らは躊躇なく過酷な山に挑んでゆく。
決死の救出劇の関係者たちの証言を集め、当時の貴重な映像を織り交ぜたドキュメンタリー。

もしかすると自分も死ぬことになるかもしれないが、「人として当然のこと」と語る彼らのメッセージが熱い。
また当事者たちのコメントにもあるが、これを単純な「美談」仕上げにしなかった姿勢には好感が持てる。
ただ実際の山での映像が少なく、どういう場所や状況だったのかが見ている側に伝わりにくいのが残念。


[PR]
by odin2099 | 2016-02-11 09:10 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24127736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ