「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『幻魔大戦』

e0033570_22071455.jpg春のプレイバックシリーズ、次は「幻魔大戦」。1983年の3月12日に公開されました。

この日は「クラッシャージョウ」も公開され、本来ならば「宇宙戦艦ヤマト/完結編」も公開される筈でしたが、製作スケジュールの遅れから一週間延期となり、同日対決は回避されました。
角川映画がいよいよアニメーションに参戦するということで、時代が変わって来たなあと感じたものです。
そしてこの2年後、角川書店はアニメ専門誌の「NewType」を創刊という運びとなります。

さてさてこの映画を見て、面白いからと平井和正の小説に手を出した人は当時、どのように感じたのでしょうね。
フロイに導かれたルナとベガの出会い、東丈の覚醒あたりは概ねそのままですが、ヨーギンだのアサンシだのタオだのサラマンダーだの、ソニー・リンクス以外のサイオニクス戦士とやらは一人も出てきませんし、最初のうちこそ派手なアクションもありますが、次第にどんどん地味になって行きます。
久保陽子?井沢郁江?杉村由紀?…誰それ?

一方で石ノ森章太郎の漫画に手を出すと、こちらはストーリー展開もかなり近いものがありますが、しかし石ノ森キャラと大友克洋キャラのイメージが違いすぎるので、これはこれでかなり違和感があるのではないかと思います。
それに絶望的な、あまりに異様なラストシーンを知ってしまうと、映画版があまりにあっさりしてるのにガッカリするのかも。

それにしても、何度見てもこの映画の良さが自分にはわかりませんねえ。
監督りんたろうの”作家性”が、正続二篇の「銀河鉄道999」より色濃く出ているとは思いますが、これは両作品における原作者の関与の度合いの差から来るものでしょうが、自分が「銀河鉄道999」を好きなのはその”作家性”故ではないことは確かなようです。

e0033570_22072240.jpg「幻魔大戦」は今、Web上で『幻魔大戦Rebirth』という続編が連載中ですが、「サイボーグ009」の完結編(2012 009 conclusion GOD'S WAR)に続く大胆な試み、その着地点が非常に気になっています。
最初の平井和正+石ノ森章太郎の共作に始まり、やがてそれぞれが単独で独自にシリーズを展開したものの、何れも未完のまま作者が鬼籍に入ってしまっただけに、両方のファンを唸らせるだけのものになり得るでしょうか。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/7256776/

【追記】
この作品で青木望と共同で音楽を担当したキース・エマーソンの訃報が今朝ほど届きました。
偶然とはいえビックリ…


[PR]
by odin2099 | 2016-03-12 08:06 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24211722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ