【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スター・ウォーズ/ダース・ベイダー』

e0033570_20193644.jpg皇帝の密命を帯びたダース・ベイダーが、ジャバ・ザ・ハットに会うべくタトゥイーンへとやってくる、という場面から始まるこの作品は、先に発表された「スカイウォーカーの衝撃」とリンクするストーリー。

同時期の物語が今度はベイダー視点で語られ、最後にボバ・フェットの口から探し求めていた者の名が「スカイウォーカー」だと聞いて自分に息子がいたことを知り、その胸に野心の炎が燃え始めるという展開。
著者はキーロン・ギレン(ライター)、サルバドール・ラロッカ(アーティスト)のコンビ。

「帝国の逆襲」でベイダーが、何故ルークを自分の息子だと知っていたのかを理屈づけると同時に、皇帝とベイダーとの関係性も伺えるなかなか興味深い一篇。
また<クラシック・トリロジー>内に属する作品でありながら、ベイダーはジオノーシスへも赴くなど<プリークエル・トリロジー>への目配せも忘れていない。
これらを踏まえると「帝国の逆襲」や「ジェダイの帰還」が少々違って見えてくるのかも。


[PR]
by odin2099 | 2016-05-03 20:21 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24351264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ