【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スター・ウォーズ/砕かれた帝国』

「ジェダイの帰還」直後から始まるスピンオフコミックで、カノン(正史)に組み込まれる作品で、翻訳版は「スカイウォーカーの衝撃」に続く第2弾として刊行された。

e0033570_09400024.jpg第二デススターが破壊され勝利に沸き立つ同盟軍だったが、帝国が滅びたわけではなかった。エンドアの裏側にある帝国軍の拠点に奇襲をかけ、惑星ナブーへ飛び、更に…という具合に、ハン、レイア、ルークそれぞれの冒険がシャラ・ベイ中尉という女性パイロットを主人公に描かれていく。
このシャラにはケス・ダメロン軍曹という夫がおり、なかなか会えない息子の名前がポー。
つまり「フォースの覚醒」に登場するレジスタンスのパイロット、ポー・ダメロンの両親の若かりし姿なのだ。

レイアがナブーを訪れるのは今回が初めてではないが、あの格納庫でダース・モールの残留思念(?)を感じ取ったり、ルークが帝国基地に潜入した目的が、かつてコルサントのジェダイ聖堂を飾っていた「フォースを宿した」木々の生き残りを回収するためだったりと、今後への気になる伏線も数々貼られている。

ライターはグレッグ・ルッカとロイ・トーマス、アーティストはマルコ・ケケィト、アンヘル・ウンスエータ、エミリオ・ライゾ、ハワード・チェイキン。


[PR]
by odin2099 | 2016-05-05 09:41 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24354988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ