【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

e0033570_23273288.jpgシリーズの5作目で、あれ?劇場で見て以来かな。
「金曜ロードショー」で4週連続「ハリー・ポッター祭り」をやるようですが、それとは関係なく再観賞。
年末のスピンオフ新作公開に向けて、さあ折り返しの後半戦突入。

前にも書いたけれど、この辺りから”小説「ハリー・ポッター」の映画化作品”という頸木からようやく離れ、”「ハリー・ポッター」という映画シリーズ”として愉しめるようになってきた。
個人的に、小説読んでから映画を見る、というパターンから逸脱してきたということもあるのだけれども、小説のダイジェストではない独立した一本の映画として見応えのあるものになってきた、という部分が大きい。

そして”お子様向けのファンタジー”という枠からはみ出し、直接的な人の生き死を描くのも厭わない”攻めの姿勢”に入って来たということもあるのだろう。
子どもたちがハラハラドキドキワクワクの冒険を繰り広げるという段階から、生と死は紙一重、殺るか殺られるかのギリギリの部分を描くようになってきているのだ。
少ない出番にも贅沢な起用、錚々たる英国俳優陣の演技合戦、これも見事に当たった。

ということは、この辺りでシリーズから脱落したという人も少なくないんだろうな。
健全な、愉快で楽しい子どもたちの遊び仲間としてのハリーの姿はもうない。

【ひとりごと】
e0033570_23281409.jpgルーナ可愛い、とあの頃は思ってたけど、今見るとそうでもない。
まあそれよりも問題はチョウ・チャンだなあ。
もうちょっと可愛い娘、いなかったのかなあ。大切なハリーの初恋の相手なのに。
いやそれともヒロインであるハーマイオニーやジニーを食わないため?

また当時はこれといった印象が残らなかった(というよりも自分がジョン・ウィリアムズの呪縛に囚われていたから)ニコラス・フーパーの音楽だったけど、なかなかいいね。


[PR]
by odin2099 | 2016-06-02 20:13 |  映画感想<ハ行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24421470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々の書付 at 2016-06-03 00:13
タイトル : [映画] ハリーポッターと不死鳥の騎士団
映画「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を見にいった。 長い原作をポイントをつかんで、うまくまとめられていた。 脇役たちもそれぞれのイメージ通り。 ・ルーナ 「不思議ちゃん」ルーナはイメージぴったり。(原作より可愛いし) ハリー・ポッター7前夜祭ではネビルとくっつくのじゃないかと噂があった。実際、映画の神秘部のシーンではふたりで助けあうシーンがあったので、もしかしたら… ぽわーっとしているようで、物事の本質をつかんでいるルーナと、普段は臆病なネビルは、けっこう良いカップルになるんじゃな...... more

by Excalibur
ブログトップ