【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スター・ウォーズ/ナー・シャッダの決斗』

タトゥイーンを後にしたルークは、ジェダイの手掛かりを求めコルサントへ向かおうとし、パイロットを探そうと無法者が集うナー・シャッダを訪れるが、そこでライトセーバーを奪われ、支配者グラッカス・ザ・ハットに囚われてしまう。
一方、ハン・ソロの妻を名乗るセナの宇宙船で帝国軍から逃亡中のレイアとハンは、途中でルークの危機を知りナー・シャッダへ。またチューバッカとC-3POも独自のルートでナー・シャッダへと向かっていた…。

e0033570_16114197.jpg時系列的には『ルーク・スカイウォーカーの衝撃』の後日談となるスピンオフ・コミックで、早くも痴話喧嘩を始めるハンとレイア、未熟さを自覚せず無鉄砲なルーク、それにチューイと3POの凸凹コンビぶりなど、メインキャラたちがいずれも「らしい」行動を取っている。
従来のスピンオフ作品だと、各キャラクターの行動が映画版とかなりイメージ違っているケースも多々あったが(例えばルークが立派過ぎるとか)、この作品の時期だとルークもレイアもハンもこんなもんだよね、という感じが伝わってくるのが嬉しい。

もっとも、だからといってお話が楽しめるかというとそれは別。
エピソード7以降の製作に際して、せっかく”これまでのお話は「なかったこと」”にしているのだから、もう少し上手く計算して組み立てて欲しいなと思うのだけれどもね。
盛り上げたり掘り下げたりは大いに歓迎だが、余計なものを付け加える必要はない。

ライターはジェイソン・アーロン、アーティストはシモーネ・ビアンキとスチュアート・インモネン。
[PR]
by odin2099 | 2016-06-08 06:10 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24435553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ