【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『フェスタサマーミューザKAWASAKI2016/ヒーロー&ヒロイン大集合』 NHK交響楽団

首都圏で活躍する10のオーケストラが川崎に集結!
…の「フェスタサマーミューザ」、今年で12年目になるそうな。
東日本大震災でホールが損傷した時は他の場所で代替開催したこともあったはず。
自分は2005年に2日間、計4公演を鑑賞して以来ですけど、そうか、この時が第1回だったか。

e0033570_23525695.jpg昨日7/30にはNHK交響楽団が登場。ミューザ川崎シンフォニーホールへ来るのも3年ぶりかな、ちょっと久しぶり。
まずは開演(16:00)に先立ち、ホルン四重奏と弦楽四重奏によるプレコンサートが併せて30分(15:00~15:30)。
贅沢ですね。

コンサートは「ヒーロー&ヒロイン大集合」と題し、テレビや映画のタイトル曲を集めた構成。
指揮は広上淳一、ピアノは小林愛実、ヴァイオリン服部百音(作曲家・服部隆之のご息女)、そしてナビゲーターは平井理央。

オープニングはジョン・ウィリアムズの「スーパーマン――スーパーマン・マーチ」。
足下からビンビン響いてくる大迫力サウンド。相変わらず素人にもわかりやすい音の良さ。だからこのホール、好きなんですよね。
ちょっと遠いし、会場内(客席間など)も移動しやすくは決してないのが玉に瑕ですが。

それに続くのは伊福部昭の「SF交響ファンタジー第1番から」。
「シン・ゴジラ」見たばかりでタイムリーだなあと思っていたのですが、抜粋版だったのが残念。
「ゴジラのテーマ」の後にいきなり「怪獣総進撃マーチ」と「宇宙大戦争マーチ」のメドレーで終わっちゃいました。

次は「サンダーバード」で、バリー・グレイ作曲の「オープニング」「トレーシー島」「サンダーバード・マーチ」のメドレー。アニバーサリーだからか、去年から「サンダーバード」の音楽をコンサートで耳にする機会が増えました。
この二作品に関しては広上さんのトークが暴走。ゴジラの恐怖について語ったかと思えば、買えなかったサンダーバード秘密基地のプラモについて滔々と。
そしてナビゲーターとの会話が噛み合わない噛み合わない。まあ世代も興味の対象も違うから仕方ないっちゃあ仕方ないですけどね。

e0033570_23524842.jpg次はガラっと変わって大河ドラマ「真田丸」のテーマ音楽。
ここでソロ・ヴァオリニストとして服部百音が登場し、お父さんの曲を娘が演奏するという趣向に。
広上さんは六文銭をあしらったジャケットを羽織り、百音ちゃんのドレスにも六文銭の意匠が。
また広上さんのトークが止まらなくなり、強引に?進行に徹する理央ちゃん。
で、前半のラストはワックスマンの「カルメン幻想曲」で、百音ちゃんのドレスに今度はおっきなバラが。
色々と拘りますねえ。
百音ちゃんは服部家の四代目。まだ17歳?末恐ろしい存在です。

後半はジブリ音楽からスタート。
ピアニスト小林愛実を迎え、久石譲作曲の「千と千尋の神隠し」から「あの夏へ」、それに「魔女の宅急便」から「海の見える街」の二曲を披露。
ナビゲーターの理央ちゃんはこのあたりが世代らしく、愛実ちゃんに色々話を振るのですが、愛実ちゃんもまだ20歳だったかな。「千と千尋~」が小学生の低学年の頃とあってはやっぱり話が噛み合いません。

次が最後の曲「ウルトラセブン」ということなんですが、実はコンサートマスターは大の「セブン」ファンらしく、理央ちゃんに促されて最終回のモロボシ・ダンの台詞を熱演。
「僕はM78星雲から来たウルトラセブンなんだ!」
これに合わせてシューマンのピアノコンチェルトの冒頭シーンを、愛実ちゃんのピアノをフューチャーして演奏、なんて贅沢なお遊びも。

その「セブン」は冬木透作曲の「交響詩ウルトラセブン」からテーマ音楽と「ウルトラ警備隊の歌」をピックアップ。
どちらもショートカットされたヴァージョンで、要するに主題歌と挿入歌のインストルメンタル版と思えばヨロシイ。
しかし両曲ともオーケストラには映えますねえ。聴いていてゾクゾクするような快感がありました。
この二曲に続けてJ.シュトラウスII世のワルツ「皇帝円舞曲」。
これ、「セブン」47話「あなたはだあれ?」の劇中使用曲ということで、ちょっと無理矢理っぽい?

アンコールはゲームの世界にもヒーローがいる、ということで すぎやまこういち作曲の「交響組曲ドラゴンクエストIV」から「そして伝説へ」。
そういえば「ドラクエ組曲」の初演ってN響でしたっけ。これは流石の盛り上がり。

ということで、一部の選曲に「?」がないでもないですが、音の良いホールでの生の迫力、十分に堪能いたしました。
休憩20分を挟んでもアンコールまで丁度2時間とコンパクト。
子どもたちにも楽しめたんじゃないかなーと思いきや、そういえば会場内に殆どお子さんの姿を見かけませんでしたね。多分70代と思われる熟年夫婦が大半で、この人たちはきっとこのホールやN響コンサートなどの常連さんなのでしょう。
知らない曲ばっかりじゃないかと思いますが(実際そういう会話をしている人を何人もお見かけしました)、コンサートに来ること自体が楽しみなのかなあ。

今日はNHKホールでおそらく同じプログラムによるコンサートが開催されます。
またその模様は9/4にテレビでも放送されるようなので、興味をお持ちになった方はどうぞ。


[PR]
by odin2099 | 2016-07-31 06:51 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/24563489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ