「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『キングコング対ゴジラ』

「ゴジラ」の第3弾です。
この作品の存在を知ったのはラウレンティス版「キングコング」がやって来たころだったのですが、まだシリーズの製作順とかを知らなかったので、ゴジラは色んな怪獣と戦った上で言わば頂上決戦としてキングコングと対決したに違いないと思っていたものですが、意外にもアンギラスに続く2戦目の対戦相手でした。
その後でゴジラはモスラやラドンやキングギドラと激闘、一方のキングコングは他の対戦相手がいない(ゴロザウルスやメカニコングは除く)と知った時は驚きました。
「日米怪獣王者の激突」…というほどじゃないじゃん。
もっとも当時のキングコングの知名度とか興行価値は今とは比べ物にならないくらい凄かったんでしょうけれども。

さて、前作「ゴジラの逆襲」のラストで神子島で氷漬けにされたゴジラは北極海の氷山から復活します。
神子島って多分北方領土あたりか、さもなきゃもろにロシア領にありそうですが、辻褄があってるんだかあってないんだか。
そして「巨大なる魔神」キングコングはソロモン諸島のファロ島から日本に連れてこられます。
北から南から二大怪獣の激突!

しかし人間側のドラマが濃すぎて(そしてコメディ色が強すぎて)、映画としては面白くても怪獣映画としてはイマイチ、というのは過去にも書きましたね。昔からファンの間で評価が高いようなので、そんなことを言うのは申し訳ないんですが。
とにかく高島忠夫、藤木悠、有島一郎のトリオは濃すぎます。準主役の佐原健二も霞んじゃうくらい。

e0033570_00101724.jpgそしてヒロインの浜美枝も、川に浸かってびしょ濡れになったり、コングに浚われたりでかなりボロボロにされているので強く印象に残ります。あのスクリーミングヒロインっぷりはお見事。
もっとも個人的には友人役の若林映子の方が好み。
どちらかというと妖艶なイメージのある女優さんですが、この作品では可愛らしい女の子を好演してます。
どうせならただの友人じゃなく、高島忠夫の恋人役かなんかにして、もっと出番を上げても良かったんじゃないかなあ、なんて思ってしまうほどです。

ともあれ作品は大ヒット。
「ゴジラ」はドル箱シリーズとなるのでした。

【ひとりごと】
「巨大なる魔神」を「きょだいなるましん」と呼ぶのは「どーもピンとこねえなあ」。
「ましん」じゃなくて「まじん」でしょ、普通。
麻疹じゃないんだから…。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/8958172/


[PR]
by odin2099 | 2017-01-15 00:11 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/25169558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ