「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『怪獣大戦争』

「ゴジラ」もこれが6作目。
そしてシリーズとしても一区切りで、次回作からスタッフやキャストの入れ替わりがあったり、作風の変化があったりで、これまでの「ゴジラ」物に親しんだ目からするとちょっと違和感があるんじゃないかと思います。

さて今回の作品、リバイバル公開の時には「キングギドラ対ゴジラ」なんていう風に改題されちゃいましたが、前作に出て来たキングギドラとのリターンマッチ戦となっております。

e0033570_18491237.jpgところでキングギドラっていうのは、「ゴジラ+ラドン+モスラ」なんだと思うんですよね、三つ首ですし。この三大怪獣に拮抗しうる、あるいは凌ぐ強さ、キャラクター性などを求められて誕生した存在なのだと。
前作「三大怪獣 地球最大の決戦」でも、ゴジラやモスラ単独では勝てないかもしれない相手だから団結が必要、というのが後半では執拗に説かれ、はたして三大怪獣が共闘出来るのかがサスペンスを盛り上げる要素になっていました。
結果は抜群のコンビネーションを発揮した地球怪獣連合軍の前にキングギドラは撤退しますが、それでも完敗というわけではありませんでした。

そんなキングギドラが再び登場するのが本作ですが、対するのはゴジラとラドンの二大怪獣。明らかに格落ちです。
その前に再び屈してしまうキングギドラ。ゴジラやラドンが強かったというより、キングギドラが弱体化したなあという印象の方が残ってしまうのですが。

地球人相手に一芝居打って、キングギドラのみならずゴジラとラドンを手中に収め、宣戦布告するX星人たち。
見るからに胡散臭そうな連中ですが、そのネタバラシはもう少し引っ張って、サスペンス要素を加味してミスリードを誘っても良かったような…?。子どもへの配慮なのか、わかりやすさを優先したんでしょうけれども、ちょっと勿体ないような気もします。
ただ今一つわからないのが、X星での最初のキングギドラ襲撃シーン。
あの慌てぶりは二人に見せつけるための芝居? それとも一時的にコントロールを失うという想定外の事象の発生?

ラストシーンではもう一回X星に行け、徹底的に調査せよと命令されちゃう富士とグレンですけれど、この物語後のX星はどうなっちゃったんでしょうかねえ。
X星人の残党を始末し逆に地球の植民地化し、優れたテクノロジーを我が物にしてしまったのかしらん?

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/9409056/


[PR]
by odin2099 | 2017-01-21 18:51 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/25213214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ