【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゴジラ対メガロ』

第二次怪獣ブームは変身ブームとも呼ばれていますが、その渦中に作られたこの13作目の「ゴジラ」にもその影響が色濃く表れています。
それがジェットジャガー!

しかしこのジェットジャガーはヒーローとして中途半端。
ロボットなのに巨大化するし、最初は悪者に操られ、途中で自我に目覚め、ってキカイダーみたいなシチュエーションも。

e0033570_20452720.jpgこの映画が公開されてから約2週間後には、テレビシリーズ「流星人間ゾーン」が始まります。
ガロガバラン星人に襲われ地球へと逃れた平和な星ピースランド星人の一家が、地球をも侵略のターゲットにしたガロガから地球を守るために立ち上がるというストーリーで、ゴジラやキングギドラ、ガイガンら映画で活躍する東宝怪獣のゲストが売りでしたが、どうせならそのパイロット的な作品でも良かったんじゃないのかなあと常々思っておるのです。

テレビの第1話の拡大版、あるいはその前史的なお話や、テレビに先行して前後編エピソードを再編集して公開するとか、新ヒーローのゾーンファイターを売り込むと同時に、従来の「ゴジラ」映画に新風を吹き込むことが出来たんじゃなかたのかなと妄想するのですが、これは今日的な発想ですかね。

いやあ、出来上がったこの「ゴジラ対メガロ」があまりにも詰まらなくて……。

<過去記事>
http://odin2099.exblog.jp/10457670/


[PR]
by odin2099 | 2017-03-16 20:47 |  映画感想<カ行> | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/25613931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ふじき78の死屍累々映画日記 at 2017-03-20 09:28
タイトル : 『ゴジラ(1984)』『ゴジラ対メガロ』を神保町シアター..
特集「シン・ゴジラ映画総進撃」から各1プログラム。 ◆『ゴジラ(1984)』 ▲「ゴジラがブラックホールになって都市を呑み込む」という映画ではありません。 五つ星評価で【 ...... more
Commented by ふじき78 at 2017-03-20 09:30 x
ガバラとメガロはこの年、ご老体になってから初見したんですが、ガバラはガバラでつまんないけど、見るべき部分はいっぱいある。
メガロはトピックスみたいなのはいっぱいあるのに超絶つまらないのがある意味すごい。いや、もう見なくていいなあ。
Commented by odin2099 at 2017-03-20 20:58
> ふじき78さん

ガバラはゴジラ映画だとか怪獣映画だと思わなければ、なかなか良質のジュブナイルだとは思うものの、如何せんゴジラだからなあ。

メガロは単独映画なら許せる部分もあるけれど、使いまわしはやっぱり気になる。
以前コメントしたけど、海底王国の人たちより地上人の方が明らかに悪い奴だし、ジェットジャガーの謎の行動とか、そこら辺のモヤモヤもどうしても残っちゃうし。

ところでガバラのTBが、なぜか「ナイスガイズ!」に飛んできてるぞ。

by Excalibur
ブログトップ