【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スチュワーデス・スキャンダル 獣のように抱きしめて』(1984)

国際線のアシスタントパーサーの美沙子は、後輩の亜矢、晴美、靖子とのフライトを終え、三日間の休暇へ。
晴美と靖子は商社マンとの合コン。亜矢はその約束をすっぽかし、先輩である美沙子の部屋で熟睡状態。
仕事に行き詰まりを感じていた美沙子は催眠療法を受けに行っていたが、アブナイ治療を受けそうになって慌てて逃げ出す始末。

e0033570_23080746.jpgその留守中、美沙子を訪ねて来たパイロットの片山は思わず亜矢と関係を持ってしまうが、帰宅した美沙子によって追い出され、彼女自身も家を飛び出し知り合ったばかりの占い師・野口の元へ。そこで彼から、マイアミへフライトすれば素敵なロマンスが生まれると告げられる。その言葉が気になった美沙子はフライトの変更を希望するが叶えられず、戻ってくると野口は怪しげな男と一緒に女装していた。失望し、走り出す美沙子。

翌日、美沙子は亜矢と一緒に出掛けるが、亜矢は途中で友人に届けるものがあると喫茶店へ入っていく。
そこへ現れたのは女装した野口たち。彼らは実は麻薬捜査官であり、スチュワーデス絡みで麻薬の密売が行われているとの情報を得て、ウエイトレスに扮装して潜入していたのだった。しかし亜矢も、そして美沙子もシロであり、野口は重大な失態を犯してしまう。

そんな野口の姿を見ていた美沙子は彼に惹かれるものを感じ、ふと店名に目を止める。そこは「マイアミ」という名の喫茶店だったのだ。

<にっかつロマンポルノ>として公開された作品で、出演は藍とも子、朝吹ケイト、室井滋、よしのまこと、田宮涼成、上田耕一ら。
脚本は渡辺寿と村上修の共同。監督は小沼勝。
藍ともこは「春画」に続いて二作目の<にっかつロマンポルノ>の主演作。

というワケで「メカゴジラの逆襲」と違い、この作品では作り物じゃない、藍ともこのホンモノのおっぱいが拝める。
どうせならあの頃に見たかったものだが、その間に峰岸徹と結婚、離婚を経て色々と心境に変化があっての決断だったのだろう。

しかしこのお話、メインとなる登場人物が多過ぎて、肝心の藍ともこのおっぱいをじっくり見られる時間が少ない。その分、他の3人の女優さんも頑張っているけれど、主演は彼女なのだからもっと見せ場が欲しいところ。
お話もあっち行ったりこっち行ったりで、どうしてそうなったのかとか、時系列もわかりづらいので面白さも半減なのが残念だけれども、室井滋のヌードが見られるのは貴重? 個人的には特に嬉しくはないのだけれども。


[PR]
by odin2099 | 2017-05-24 23:08 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/25797642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ