「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『コングの復讐』(1933)

コングが大暴れした為に大損害を被ったデナムは、エンゲルホーン船長らとアメリカを脱出、紆余曲折の末、途中で知り合った歌姫ヒルダを伴い再びスカル・アイランドへ辿り着く。そこでデナムはひょんなことからチビ・コングと出会い、仲良くなり・・・と題名に偽りあり『キング・コング』の続編。
もっとも原題は”THE SON OF KONG(コングの息子)”なので、これは邦題のせいだが。

e0033570_9372298.jpg正編と同年に即席で作られた、前作には遠く及ばない愚作、というような評価が定着しているようだが、短い期間、低予算で作られた割に見所はかなりあり、また愛嬌があって健気なチビ・コングのキャラクターはとても魅力的。ラストは思わず涙を誘う。
サイトの感想にも書いたが、前作とは別種の作品として楽しむべきである。

ピーター・ジャクソン版『キング・コング』に続編が出来るかどうかはわからないが、こういった小品をリメイクしてみるのも面白いかも。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-02 23:27 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2651219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ