【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『トゥームレイダー』(2001)

タフでセクシーなトレジャー・ハンター、ララ・クラフトが、お宝を巡って大冒険を繰り広げるというアクション映画。

世界的に大ヒットした同名ゲームソフトの映画化だということだけど、映画になるまでその存在すら知らなかった…反省。
なのでゲームと比べてどう、というのはわからないけれども、少なくてもララを演じたアンジェリーナ・ジョリーはゲームファンにも納得のキャスティングだと聞く。

内容は女性版<インディ・ジョーンズ>といった趣きだけど、正直言って設定もわかりづらいし面白くもない。ところがスタントを殆ど使わず、文字通り身体を張ったアンジェリーナ・ジョリーのおかげで、映画自体は救われた。

見所はズバリ、アンジェリーナそのもの。
ただし、どうしても目が行ってしまうその胸元は、ちょっとやりすぎだろう。厳寒のシベリアでも薄着だし、そもそも無理矢理作り上げて強調してるのが目立つ。

なお、ララの父クラフト卿を演じているのが、アンジェリーナの実の父親ジョン・ボイド。不仲が伝えられる二人の共演も話題だったが、結局絶縁状態になってしまったようだ。

以上、「しねま宝島」からの転載。
これまた新作が来るので、その前のおさらい。

e0033570_06344355.jpgララの同業の小悪党的トゥームレイダーを演じてるのはダニエル・クレイグ。
6代目007を襲名するのは5年後で、この時は結構なチャラ男。当時は何とも思わなかったけど、逆に今見るとかなり違和感があるな。それだけ007のイメージが強くなってるってことだろうけど。

ララと敵対する組織はイルミナーティ。
ピラミッドなんか出されると、おお、「ダ・ヴィンチ・コード」!などと思ってしまう。
あれが出版され、ベストセラーになるのはこの2年後のことだから、ネタとしては先取りしてる、というよりも使い古された定番ネタだったってことかな。

しかし謎解き含めてお話はサッパリ面白くない。
悪役がステレオタイプでストーリー展開にひねりもない。
粗筋なぞってインディを女性に置き換えました、ってだけで、シナリオがこなれてないのが根本的な問題だろう。

今度の新作のララ・クロフト役はアリシア・ヴィキャンデル。アンジーに比べると華奢でちょっと心配。
アンジーなら放っておいても何とかするだろうと思えるタフさを感じるが、アリシアだと守ってあげたくなる……ってほどじゃないか。「コードネーム U.N.C.L.E.」では十分に頑張っていたしね。
でも改めて見るとアンジーのメリハリボディが懐かしい。
おっぱい盛りすぎで、しかも胸ポチまであるのはやりすぎだと思うけど。
[PR]
by odin2099 | 2018-01-11 06:37 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/26551839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ