【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『チャーリーとチョコレート工場』(2005)  DVD発売♪

去る2月3日にDVDが発売されました。
無事に前日には<2枚組特別編>を手に入れることが出来ましたが、予約して購入しているお客さんを結構見掛けましたね。
特典が付いたり、割引になったり、という理由もあるでしょうが、それだけ作品の人気が高いことの証拠でしょう。
でも劇中でチャーリーたちがチョコレート工場を訪れるのは2月1日ですから、それに合せて1日に発売しても良かったんじゃないですかね。実際は”バレンタインデー”に合わせてこの時期になった、というのが実情のようですが。

e0033570_1071817.jpgさてこの作品、僕は試写会で見させて頂いたのですが、その時は何とも不完全燃焼だったものですから、これはもう一度きちんと見直さなきゃと思いつつ結局そのままになっていたので、DVDでようやく落ち着いて見ることが出来ました。
しかも気になっていた吹替版で。

以前の感想ではかなりきついことも書いているんですが(過去ログとサイト内「しねま宝島」を参照して下さい)、
二度目ということもあってか、今度は随分と楽しめました。
相変わらず、原作にはないウォンカと父親のエピソードには馴染めない面もありますが、まぁそんなに毛嫌いするほどじゃないかなぁ、なんて。
元々それさえなければ満足度は(これでも)高めだったので、今回の鑑賞で更にポイントアップという感じです。

吹替キャストでは、ジョニー・デップの声が藤原啓治ということで公開当時から賛否両論でしたね。
確かにデップの声というと平田広明の名前を挙げる人も多いでしょうし、また個人的にもそれが希望のキャスティングではあったのですが、藤原啓治もウォンカの風変わりなキャラクターを上手く表現していて悪くはありません。もしラジオドラマか何かでウォンカを演じるのであれば、充分及第点だと思います。
ただ残念ながら、画面に合せて見ると違和感がありますねぇ。つまりデップのイメージとはちょっとそぐわない感じです。

それ以外のキャストは、DVDのパッケージではフレディ・ハイモアの池田恭祐とヘレナ・ボナム=カーターの山像かおりしか表記がありませんが、デビッド・ケリーは清川元夢のようですし、デビッド・モリスは永井一郎でしょう。
また、ジェームズ・フォックスが小林修で、アダム・ゴドリーが内田直哉のように聞こえますし、クリストファー・リーは家弓家正で間違いないところ。
『ロード・オブ・ザ・リング』での”クリストファー・リー=家弓家正”はハマってたと思いますので(同時期の『スター・ウォーズ/エピソード2』、『3』の羽佐間道夫よりも)、これは嬉しいですね。
さすがに子役の配役まではわかりませんし、劇中で流れる歌まで吹き替えられているのには抵抗ある人もいるでしょう。殊に歌詞が聞き取り難いという欠点があるのですが、それでも全体としては丁寧に作られた吹替版だという印象です。
ジョニー・デップの声にこだわりのない人であればお勧めです。お子様にも字幕よりはアピールするのではないでしょうか。

ところで前作『夢のチョコレート工場』DVDも同じワーナーから発売されているので、今回ツインパックが出るんじゃないかなぁと密かに期待していたのですが、残念ながらそれはありませんでした。
あちらにも出来れば吹替版を入れて欲しかったんですがね。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-06 06:09 |  映画感想<タ行> | Trackback(10) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2679701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 春霞秋冬 【FFXIな日常】 at 2006-02-07 01:40
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
 昨日セブンでチャーリーとチョコレート工場のDVDを購入。出張帰りの相方と本日一緒に観ることにしました。飲み物とポテチも買って準備万端!  一回観たけど、相方と2人で思いっきりハマってしまい発売されたら絶対DVD買おうと決めていたのですが、購入した後で「特別豪華仕様」があったことに気がついたorz ウンパルンパのゲーム入ってるなんてぇ・・・・・もう一枚買おうかな。  内容は、世界で一番大きなチョコレート工場に5人の子供たちが招かれる。工場主のウィリー・ウォンカと共に工場見学をしながらその中で一...... more
Tracked from レンタルだけど映画好き  at 2006-02-07 15:43
タイトル : チャーリーとチョコレート工場の映像特典
2/3に特別版2枚組が届きましたー! 映画を観た感想は既に書いていますので、その他の事を書きますね。 全世界で日本だけ!という企画があったのです。それは、発売されるDVDにたった5枚だけに、ゴールデン・チケットが封入されているのです。 残念ながら私のDVDには、入っていませんでしたが、まだまだこれから購入される方にはチャンスがありますね!何がプレゼントされるかというと、ティム・バートン監督の直筆サイン認定証付き工場招待ポスターと、ウォンカ・チョコレートだそうです。 特典DISCには ・リ...... more
Tracked from ANEGO的平凡な日常☆ at 2006-03-06 01:34
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
今日は家でのんびり映画でも観よう{/onpu/} ということで、先日リリースされた 『チャーリーとチョコレート工場』 のDVDを観る事にした{/tv/} アタシもAKIもジョニー・デップが大好きなので映画館に行き逃してからDVDが出るのを楽しみにしてたんだよね{/hiyo_en2/} …で、先日もレンタル屋を見に行ったんだけど新作なのでぜーんぶレンタル中…{/face_naki/} 仕方ないので他のん観よう~ってウロウロしてたら 『笑いの大学』発見{/kirakira/} 三谷幸喜作品は面白いの...... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-04-09 13:26
タイトル : 『チャーリーとチョコレート工場』
チャーリーとチョコレート工場 特別版 監督:ティム・バートン cast:ジョニー・デップ他 貧しいチャーリーの家の側にある巨大なチョコレート工場。ウィリー・ウォンカ(ジョニデ)が経営するその謎に包まれた不思議な工場が、ある日世界で5人の子供に公開されることに・・・・ チャリチョコ、チャリチョコ・・・・・本当に沢山の人が見たであろうこの映画、ようやく見ました(^^ゞ  っつか、元々私的には余り興味を持てるタイプの映画では無いのでレンタルされてもすぐには手は伸びなかったのですが...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-07-28 22:47
タイトル : チャーリーとチョコレート工場 06年156本目
チャーリーとチョコレート工場 2005年  ティム・バートン 監督ジョニー・デップ , フレディ・ハイモア , デヴィッド・ケリー , ヘレナ・ボナム=カーター 解説: 40年以上も世界でベストセラーになり続けている「チャーリーとチョコレート工場」を映像化したファンタ...... more
Tracked from 映画!That' s e.. at 2006-10-10 23:58
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
●「チャーリーとチョコレート工場」    ~Charlei and the chocolate factory~ 2005 アメリカ ワーナーブラザーズ配給      ヴィレッジロードショーピクチャーズ 115分 監督:ティム・バートン 原作:ロアルド・ドール 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリーほか。 昨年、ジョニデファンの女性を中心に大ヒットした映画だが、お子様向けの ものだろうと思い込んでいて、今まで観る機会を逸していた。 今回WOWOWで放送したの...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-11-26 23:04
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
 チャーリー・バケット(ハイモア)のお家はとっても貧乏で、傾いたお家に父親(テイラー)と母親(ボナム・カーター)、ジョーおじいちゃん(ケリー)、ジョージナおばあちゃん(スミス)、ジョゼフィーンおじいちゃん(エッセル)、ジョージおじいちゃん(モリス)と肩を....... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-01-21 11:19
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
【CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY】2005/09/10年公開製作国:アメリカ/イギリス 監督:ティム・バートン原作:ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』音楽:ダニー・エルフマン出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム...... more
Tracked from mama at 2008-03-30 12:30
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年:アメリカ 原作:ロアルド・ダール 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム・カーター、デヴィッド・ケリー、ジュリア・ウィンター、アンナソフィア・ロブ、ジョーダン・フライ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-10-19 02:29
タイトル : チャーリーとチョコレート工場
さあ、世界一オカシな工場見学へ! 【関連記事】 チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ) 壁紙1 壁紙2 壁紙3 チャーリーとチョコレート工場(フレディ・ハイモア) 壁紙4... more
Commented by rainbowage at 2006-02-06 22:14
吹替キャストの情報、ありがたいです。声優についてはあまり詳しくないのですが・・・デップの声といえば、この人!という方がいらっしゃるのですね。山寺さんといえば、エディ・マーフィーというように。

ウォンカチョコの「めちゃうまチョコ」いう表現が好きです。
Commented by odin2099 at 2006-02-06 23:12
僕はそれほど”ジョニー・デップ=平田広明”派でもないのですが(笑)、
それでも何作品か見ていると、しっくりくるようになりましたね。

”エディ・マーフィー=山ちゃん”は、反対意見も多そうです(苦笑)。
下條アトム派、富山敬派、江原正士派、入り乱れそうですね。
僕は他の方をあまり知らないせいか、すんなり山ちゃん派なんですけど。
Commented by goldberry0523 at 2006-02-07 01:45
TBありがとうございました!
私は平田広明さん派なのでかなり微妙でした・・・;
クリストファ・リーの家弓さんは私もハマリ役!と思っていたので
嬉しかったです。

エディ・マーフィーは山寺さん反対派ですw
最初の吹替えが下條アトムさんだったので、それしかイメージが
ないというか・・・山寺さんの声素敵なんですけど^^;
Commented by odin2099 at 2006-02-07 06:20
>かすみ様

僕もエディは下条アトム版が最初でした。
なんか飄々とした味がありますよね。
ただ、山ちゃんの声のトーン等のシンクロ率の高さは驚異的というか・・・。
DVDなどで途中で音声を切り替えた場合、
一番違和感ないのが山ちゃんかと。
Commented by daunaa at 2006-02-07 10:10
ダウナーです。TBありがとうございました。
 ダウナーは原作から入った口なので、ワンカの子供の頃のエピソードが語られたときは余計な話かな?とも思ったんですけど、最終的には話の雰囲気を壊していないのでいいのではないかと。クリストファー・リーがみれたのも(結構ファンかも)嬉しかったですね。永井一郎のあの他の子供の悪態をつく雰囲気もいい感じでしたね。
 声優さんが詳しく語られていて驚きました。エディ・マーフィーが下条アトムというコメントを読んでそういえば最初そうだったなぁと懐かしく感じました。それにしてもなぜこの俳優にはこの声優の人と確定しないのか・・・。ダウナー、エクスカリバーさんのページにはそぐわないことかもしれないのですが、未だにスターウォーズの金ぴかドロイドはやはり野沢那智でないと!!と思うのですが・・・。(´Д`;)
Commented by odin2099 at 2006-02-07 22:56
>ダウナー様

原作も読んで、前作も見てから臨んだので、
あの父親のエピソードは余計に感じられましたね。
ただ今回見直したときには、それほど気にはなりませんでした。
諦めの境地かな?(笑)

『スター・ウォーズ』のC-3PO役には、野沢那智を推す人は多いですね。
<新三部作>では日本側では候補に挙げていたものの、
諸事情であちらサイドで跳ね除けられ、実現しなかったそうですが。

僕は一番最初の三橋洋一(橋本晃一)ヴァージョンも、次の高山栄ヴァージョンも
さほど違和感を感じずに受け止めていたので、それほど拘りはもっていません。
でも<新三部作>の岩崎ひろしは、なんだかピンときませんでした(苦笑)。
Commented by vanilla_noel at 2006-02-12 12:14
はじめまして。あーやと申します。
TBありがとうございました♪

吹替えにかなりこだわりを持っておられるのですねー。
わたしはあまり吹替えで観ないのですが、記事面白く読ませていただきました。
わたしがあまり吹替えで観ない理由としては、記事にも書いてらっしゃるように、自分の持っているイメージと吹替えのイメージが違ったりするのが嫌だから。
TV放映された時に、放映された局が違うと吹替えが違ったりしますよね。
それに小さい頃に違和感を覚えてしまって。。。
でもそれを楽しむのもアリなんですね。
って、吹替えにこだわりを持ってらっしゃる方にはレベルの低い話ですね。。。(;^-^A
でも吹替えにも興味が湧いてきました。
映画の楽しみ方が一つ増えて、ワクワクします。

他の映画の記事もまだ少しですが、面白く読ませていただきました♪
今後の映画選びの参考にさせていただきますね。
Commented by odin2099 at 2006-02-12 22:47
>あーや様

色々書いてますが、実際はそれほど吹替にこだわりは持っていません。
理想的な吹替は、誰が声をアテているか気づかせないくらい、画面と一体化しているものでしょう。
○○が××の声を吹き替えてるとわかってしまうのも、それはそれでマイナスだと思います。
ただ役柄なり役者さんなりに、合わない人下手な人が少なからずいるので、
それに対して一観客として文句は言いたいな、ということで(爆)。
元々アニメファンですから、声優さんというものに思い入れが強いのも確かですが。

以前は100%字幕派でした。
それが変ってきたのは、吹替の方が見ていて楽(苦笑)なのと、
字幕女王の一件以来、字幕に対する不信感が芽生えてきたからです。

映画選びの参考になるかどうかはわかりませんが(苦笑)、
サイトの方でも色々とカキコしてますので、宜しければそちらもどうぞ。
『夢のチョコレート工場』へもコメントしてます♪
Commented by omuhashi at 2006-03-03 19:35 x
藤原さんといえばクレヨンしんちゃんのヒロシと
いうイメージが強く、あまり印象は個人的によろしく
なかったのですが、最近では少しずつ株あがっていきたので
悪くないとみました。
私も二枚組みで購入したのですが、まだ拝見してないです(汗)
ウンパルンパが歌うシーンとか吹き替え版で
見るのが楽しみです。
Commented by odin2099 at 2006-03-04 11:32
>omuhashi様

藤原さんって殆ど知らなかったんですよね(苦笑)。
せいぜい『スクービー・ドゥー』の吹替版くらいしか見てないと思うし。
で、そこでの三枚目的イメージが強かったので不安でしたが、キャラとしては悪くなかったです。
要はジョニー・デップとして許せるかどうか、です(笑)。

by Excalibur
ブログトップ