【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦争/ウォー・オブ・ザ・ワールド』(2005)

H・G・ウェルズの小説を原作とした、2005年製作の”もう一つの「宇宙戦争」”。時代設定はスピルバーグ版同様、現代へと移されている。
監督デヴィッド・マイケル・ラット、主演はC・トーマス・ハウエル。

e0033570_14404757.jpg結婚10年を祝うため、思い出の地ワシントンDCへ出掛けようとしていた天文学者のジョージだったが、隕石を調べるために残ることになり、妻と子供を先に出発させた。しかしそれは隕石ではなく宇宙からの侵略者であり、ワシントンDCは壊滅したとの情報が。家族の元へとジョージは決死の旅を始める。

予算はスピルバーグ版の百何十分の一という話で、大規模な戦闘シーンも、都市破壊のシーンもない。物語もジョージのサバイバル・アクションというよりも、地味なロード・ムービーといった風情だ。TVドラマかなんかなのだろうか。
しかしながら、マシーンに襲われた人々が白骨化するなど、少ない予算ながら頑張って絵作りをしているのは好印象で、狂気の軍人(ジェイク・ビジーが納得の配役)やら牧師やらが登場してくるのは、ある意味ではスピルバーグ版よりも原作に近いと言えなくもない。
宇宙人たちの出自はスピルバーグ版と同じくぼかしてあるが、タイトルバックに赤茶けた荒涼たる大地が映し出されているということは、それが火星に由来することを暗示しているのだろうか。
その宇宙人たち、結局は地球に存在するウィルスによって全滅してしまうのは原作通りだが、その原因がジョージが狂犬病のウィルスを直接宇宙人の人体に注入したから、というのは新味である。
それにしてもC・トーマス・ハウエル、老けたなぁ。トム・クルーズよりも若いはずなのに・・・。

なお、昨年『宇宙戦争』はもう一本作られているんだそうである
見比べてみたいので、そちらもどこかのメーカーがリリースしてくれないものかしらん?
[PR]
by odin2099 | 2006-02-11 23:00 |  映画感想<ア行> | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2729564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 四駒笑劇漫画 at 2006-03-09 23:59
タイトル : トム・クルーズじゃなくてC・トーマス・ハウエルの『宇宙戦争』
皆さんはすでにトム・クルーズ主演でスピルバーグ監督の『宇宙戦争』を観た事だろう・・・。 ストーリーはともかく、それなりに楽しめた作品だろう(オチは残念な結果だが・・・)。 その昔、私が子供の頃も『宇宙戦争』(1953)という映画があり、やはりラストシーン近くで... more

by Excalibur
ブログトップ