【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙からのメッセージ』(1978)

1977年の夏にアメリカで大ヒットした『スター・ウォーズ』でしたが、日本公開は翌年の夏まで持ち越しに。
じゃその前に便乗作品で一儲けしてやろう、と考えた東宝が同年暮に公開したのが『惑星大戦争』であり、翌年のゴールデンウィークに向けて東映が作ったのが『宇宙からのメッセージ』です。
『惑星大戦争』の方はそれほど話題にはなりませんでしたが、『宇宙からのメッセージ』は結構ヒットし、海外での反響も大きかったようです。特にクライマックスのガバナス要塞内部でのドッグファイトが評判になったようですが、後の『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐(ジェダイの帰還)』にはこれとよく似たシーンがあります。本家を先取りしたということになるでしょうか。

e0033570_16144392.jpgもっとも映画そのものは、ビック・モローを初めメインに外人キャストを何人も起用して国際色を醸しだそうとしていますが、千葉真一やら成田三樹夫やら佐藤允やら丹波哲郎やらが出ているなど、『スター・ウォーズ』のようなスマートさはなく、極めて泥臭い作品になっています。おまけにナレーションが、『水戸黄門』や『大岡越前』などで御馴染みの芥川隆行ですからねぇ。
東映ヒーローの劇場用拡大版という側面もないではないですが、むしろ伝統的な東映時代劇をそのまま宇宙へ持って行ったような感じです。
深作欣二監督はこの作品の前に、時代劇復活を謳った『柳生一族の陰謀』を撮っており、そのままスタッフやキャストが流れているせいもあるのかもしれません。製作が大泉撮影所ではなく、京都太秦の撮影所だというのも遠因でしょうか。台詞回しも時代劇調ですし、最後は宇宙を舞台に大チャンバラで締めくくられます。

お話は『南総里見八犬伝』をモチーフに、神聖なるリアベの実に導かれた8人のリアベの勇士が集まって、邪悪なるガバナス帝国に戦いを挑むというものですが、この8人が今ひとつ活かし切れていないのが惜しいですね。
ただ、酸素マスクだけで宇宙遊泳をやらかしてしまうような荒唐無稽さに目をつぶれば、なかなか楽しめると思います。
また、志穂美悦子がアクション控えめの可憐なお姫様、メジャー・デビュー直後の真田広之が宇宙暴走族という役どころなのが、今の人には新鮮に見えるでしょう。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-16 06:29 |  映画感想<ア行> | Trackback(6) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2768189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 中野系 at 2006-02-16 23:57
タイトル : 宇宙からのメッセージ
スターウォーズ最終作の公開も始まったが、思えば第一作、エピソード4が日本で公開されたのは1978年。以前書いたように、アメリカでのヒットから日本公開までには1年のギャップがあった。来るべきスターウォーズに便乗する形でこの1977年から1978年にかけ、日本では空前の「(便乗)SFブーム」が起きた。 テレビではキャプテンフューチャーがアニメ化され、突貫工事で製造した低予算SF「惑星大戦争」が作成されたのもこの時期。とにかくSFであればなんでもOKと言う状況、スターウォーズという一撃でSFに目覚めた小学...... more
Tracked from 三十八歳の映画部屋 at 2006-02-26 10:42
タイトル : 06-D11 宇宙からのメッセージ
「スターウォーズ」が公開直前に東映が作ったSF超大作(笑)。深作監督が全精力を傾けたか自棄になったかで作ったら怪作になってしまいました。 なんせ敵のボスが銀色に塗りたくられて「公家言葉」、ヒロインが志保美悦子でヒーローがデビュー当時の真田広之。千葉真一の決め... more
Tracked from ゆいもあ亭【非】日常 at 2006-05-20 08:09
タイトル : 惑星大戦争 大好き!
*gooサイトからの引越し記事 アニメのような(「宇宙戦艦ヤマト」ブームだな)実写もの。アイドルに依存した(浅野ゆう子や森田健作は青春スターだ!)映画も得意。そのうえ世の中は「スター・ウォーズ」を待っているじゃないか! ここは特撮の「東宝」に任せとけ! ……事実はそれ以下に安易だったに違いない。「惑星大戦争」の制作事情は。 「惑星大戦争」は大好きな映画だ。 ……そう、断言してしまうと「人間性」を疑われるに違いない。 ……しかし! あの、野暮ったい演出! 脳内補完さえ怠らなければ胸躍る特撮...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-07-16 21:59
タイトル : 宇宙からのメッセージ 07152
宇宙からのメッセージ Message from Space 1978年   深作欣二 監督  石森章太郎 他 原案ビック・モロー 志穂美悦子 フィリップ・カズノフ ペギー・リー・ブレナン 真田広之 岡部正純 清水イサム 天本英世 三谷昇 サンダー杉山 ジェリー伊藤 丹波哲郎...... more
Tracked from ミカエル晴雨堂の晴耕雨読.. at 2009-11-17 00:10
タイトル : 「宇宙からのメッセージ」 おバカになって愉快になろう
「宇宙からのメッセージ」  懐かしい顔触れで描くスペースファンタジー   【英題】MESSAGE FROM SPACE 【公開年】1978年  【制作国】日本  【時間】105分  【監督】深作欣二 ...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2010-04-02 01:29
タイトル : 宇宙からのメッセージ
3月31日(水) 21:00~ 銀座シネパトス2 料金:1300円 宇宙からのメッセージ [DVD]出版社/メーカー: 東映ビデオメディア: DVD 銀座シネパトスの「奇想天外シネマテーク8 SF・ファンタジー編」の一本。まずは、映画館発行のチラシから当作品の解説を引用。 <引用開始> 東映がスター・ウォーズブームに乗って10億円を投じたSF大作。千葉真一のハンス王子と顔面銀塗りの成田三樹夫のロクセイア12世の『柳生一族の陰謀』タッチの対決は必見!「その罪、万死に値する!」 <引用終り> ...... more
Commented by crann at 2006-02-16 23:39
こんばんは。
真田広之がチューバッカ似の猿人さんとコンビ組んでた特撮『銀河大戦』もありましたよね。
あれはSW前ですか後ですか?
スミス?の『スターウルフ』が元になってた・・・と思うのですが。
初回から3回くらい見た覚えがあります、真田くんがかっこよくて(笑)
アメリカのTVシリーズでも『スペース1999』とか『宇宙空母ギャラクティカ』とか、毎回楽しみでした。
Commented by odin2099 at 2006-02-17 22:45
>crann様

この頃はSFブームと騒ぎ立てられていましたので、各局がSF作品を流していました。
エドモンド・ハミルトンの『スターウルフ』は円谷プロが製作し、よみうりテレビ系列で放送していましたし、
同じハミルトンの『キャプテン・フューチャー』も、NHKがアニメ化してましたね。
『宇宙からのメッセージ/銀河大戦』に関しては別トピックスを立てましたので、そちらを参照してください。

『スター・ウォーズ』は当然これらの作品の前に製作されていますが、
日本での公開ということで考えるならば、『スター・ウォーズ』前ということになりますか。

『宇宙空母ギャラクティカ』は、『スター・ウォーズ』の模倣だとして、
ジョージ・ルーカスが裁判にまで持ち込んでいたような・・・。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-07-16 22:12 x
こんばんは!いつもありがとうございます!
クライマックスのあのシーン、本家よりも、こちらの方が早かったの?ですか??
う~ん、、、邦画恐るべし、です。
Commented by odin2099 at 2007-07-16 23:29
『スター・ウォーズ』一作目、デススターのトレンチ・ランに対抗したシーンですけれど、向うのファンも「どう撮影したかわからない」と絶賛したとかしないとか。
そんなに凄いとは思わなかったけど(爆)。

それよりもせっかく感動した音楽が、後でパクりまくりだと知った時はガッカリでした・・・。

by Excalibur
ブログトップ