【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『科学忍者隊ガッチャマン』(1978)

2年間も続いたTVシリーズを、2時間弱でまとめてしまったという驚異の作品で、タツノコプロ創立16周年記念という、実に中途半端な冠の付いた作品でもあります(サイト内に感想あり)。

前年に、同じようにTVシリーズを再編集した『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版が大ヒットしたため、それっとばかりに作ったのだと思いますが、やはり少なからず無謀だったようでヒットには程遠い有様。しかもこの作品の後番組が『さらば宇宙戦艦ヤマト/愛の戦士たち』だったために、完全な前座扱いになってしまったのはお気の毒でもあります。
それでもこの作品の公開後にTVでパート2が始まり、パート3と合せて都合2年間続いたのですから不思議ですねぇ。

e0033570_16135478.jpgお話もかなりドタバタしていますので、はたして予備知識なしで見てわかるのかなぁ、という感じなのですが、その一方で作品を全く知らない初心者の入門編としては案外いけるのかなという部分もあります。それは映画としてではなく、ちょっと長めのプロモーション・フィルムとして、と割り切った場合の話ですけれども。

それはさておき、この作品の最大の肝は、音楽担当にすぎやまこういちが据えられたことでしょう。
TV版ではボブ佐久間の軽快な音楽が流れていましたが、一転して劇場版では「交響組曲」が、なんとNHK交響楽団の演奏で流れることになったのです。
小林亜星が作曲した御馴染みの主題歌こそ流れますが、後は知らない旋律ばかり。ファンではなかった僕でさえ釈然としないものを感じていたくらいですから、果たして当時のファンはこのBGM差し替えの一件をどう思っていたのでしょうか。
そしてこのすぎやまこういち作曲の「交響組曲」が、実に素晴らしいものに仕上がっていたのも皮肉です。

e0033570_1252149.jpgこのLP、次いでCDは今に至るまで僕の愛聴盤の一枚なのですが、この音楽があまりに壮大すぎて『ガッチャマン』という作品世界には全くそぐわない結果となってしまいました。
これは映画音楽としては決定的なマイナス要因ですよね。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-16 23:56 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2774935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Entertainmen.. at 2006-03-02 13:55
タイトル : 遂に『劇場版 科学忍者隊ガッチャマン』DVD発売!
劇場版 科学忍者隊 ガッチャマンAmazonで詳しく見る CDJournal -『劇場版 科学忍者隊ガッチャマン』のDVDが発売に 斬新な映像で日本のTVアニメを変えたとも言われる、タツノコ・プロダクションが手掛けた本格派SFアクション・アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』。その劇場版..... more
Tracked from カノンな日々 at 2013-09-01 22:51
タイトル : 劇場版 科学忍者隊ガッチャマン (1978)/森功至
公開後、酷評の嵐となってしまった実写版『ガッチャマン』。ま、あの内容ではオリジナルとは別物という言い訳もかなり苦しいものがありますよね。その実写版を観に行くにあたって ...... more

by Excalibur
ブログトップ