【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゴジラ』(1954)

去年は「ゴジラ」シリーズ全作を順番に見ていこうと思っていたのですが、なかなか時間が取れずに結局断念。
今年こそは、と思っております。
というわけで先ずは第一作からです。

ゴジラというキャラクターの魅力、
日本で初めて本格的に導入された特殊技術、
それに宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬らが織り成す人間ドラマ、等々。
観客の注意はどうしてもこちらに傾いてしまいますが、実は脇にも光るキャラクターがいるんですね。

例えば堺左千夫演じる新聞記者。e0033570_16104681.jpg事件直後から一貫してゴジラを追い続け、大戸島でもゴジラに遭遇して国会でその存在を報告するメンバーの一人となります。
その後も、平田昭彦が演じる芹沢博士という重要なキャラクターを、観客に紹介する役目を担っていますし、物語を上手く運ぶためのキー・パーソンと言えそうです。ゴジラの最後も見届けていますし。
大戸島島民の生き残りである新吉少年も、観客の視点に近い立場で主人公たちと接するという重要なポジションと言えそうです。
また村上冬樹は、志村喬扮する山根博士とは対照的な科学者を、抑えた演技で好演しています。
ちょっと視点をずらしてみると、また違った楽しみ方を味わえるのがこの作品の凄いところかもしれません。

逆に今回見直していて気になったのは、河内桃子が演じているヒロインの恵美子さん。深窓の令嬢で本質的には良い人なんでしょうが、見ようによっては凄くイヤな女とも受け取れますね。
彼女がいなかったらゴジラが退治されることはなかったかも知れませんが、確実に二人の男性の運命を狂わせてしまう”ファム・ファタール”・・・。当人に何の自覚もないことが、一層残酷な感じです。

それにしても「ゴジラ」シリーズは、全作品が繋がっているのではなく、何度かその歴史がリセットされて今日に到っているのですが、この一作目だけは否定されたことがありません(部分的な改定はありますが)。
それだけ偉大な作品、神聖にして冒すべからざる存在なのかも知れませんが、今後も長くキャラクターの命脈を保つためには、思い切った改革も必要かと思います。
第一作を否定した”新生ゴジラ”の誕生。
冒涜だと受け止める人もいるでしょうが、飽きられないためには英断も必要かと。
[PR]
by odin2099 | 2006-02-19 07:49 |  映画感想<カ行> | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2792777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from xina-shinのぷち.. at 2006-02-19 10:09
タイトル : 「ゴジラ」第一作目DVDにて
今夜ハリウッド版「ゴジラ GODZILLA」の放送があるという事で、原点の作品について以前書いたレビューを転載・加筆してみました。 「ゴジラ」DVDにて あらすじ 太平洋沖では、連続して海難事故が発生していた。調査に赴いた調査船すら音信不通となり、原因はまったく不明であった。 やがてある小さな島で事件がおき、島民は伝説に伝わる「ゴジラ」の仕業だとおののいた。 国から調査団が派遣され、島に残る放射線の異常に頭を悩ましているその時、「ゴジラ」は人々の前に姿を現し、悠然と海へと消えていく。 日本中が驚...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-02-19 23:04
タイトル : ゴジラ 今年の158本目
ゴジラ   うちもようやく、ビデオのDVD化しようかな、ということで、DVDに焼きながら鑑賞。 あたしも姉君も、「コレクター」なんで、とにかく、所有していないと、気が済まないのです。   1954年、記念すべきゴジラシリーズ第1作。 やはり、古い....... more
Tracked from 映画のせかい at 2006-02-23 07:23
タイトル : ゴジラ (ゴジラ1) #112
1954年 日本 97分 2004年に「ゴジラ FINAL WARS」としてゴジラ最終作が公開される。これを記念して2004年末はBSやケーブルテレビでゴジラシリーズの放映が相次いだ。ゴジラといえば子ども向けシリーズでヒットしたが、第1作は社会派ドラマである。昔の記憶ではゴジラは最後にちょっとだけ出てくるように誤解していたが、東京の街を焼き尽くし、海の中でも大暴れ、のちの作品に比べれば登場時間は短いものの、十分にその姿を知らしめす。またゴジラのテーマ曲はこの第1作から使用されていて、ゴジラの恐怖と人...... more
Tracked from かたすみの映画小屋 at 2006-03-04 15:10
タイトル : ゴジラ (1954)
怪しい獣=怪獣の代名詞であり金字塔である世界的に有名な映画といえばこの『ゴジラ』。終戦後9年の1954年に東宝で作られたあまりにも有名なこの作品は、後の映画にもいろんな影響を与えました。太平洋の真ん中で次々と船舶が謎のの沈没事故を起こします。新聞記者の萩原(堺左千夫)は遭難地点に近い大戸島へ行って奇蹟的に生き残った男・政治(山本廉)から、海から出た巨大な怪物に火を吐きかけられて沈んだという話を聞きますが、老いた漁夫だけは昔からの云い伝えで信じただけで他には誰も信じません。果たして暴風雨の夜に謎の巨...... more
Tracked from OOH LA LA - .. at 2006-03-13 17:30
タイトル : ゴジラ - Godzilla,King of the M..
ゴジラ宝田明 河内桃子 平田昭彦 本多猪四郎  人類最後の日来る!ジュラ紀の大怪獣か、青年化学者の化学兵器か、脅威と戦慄の一大攻防戦!放射能を吐く大怪獣の暴威は日本全土を恐... more
Tracked from オン・ザ・ブリッジ at 2009-08-02 00:00
タイトル : 『ゴジラ』(1954年版)この映画を見て!
第264回『ゴジラ』  今回紹介する作品は日本人なら誰もが知っている怪獣映画『ゴジラ』の記念すべき1作目です。公開当時は観客動員数961万人を誇り、単純計算で日本人の10人に1人が見たほどの大ヒットを記録しました。 ストーリー:「太平洋上で貨物船「栄光丸」が原因不明の沈没事故を起こした。その後、救出に向かった貨物船や大... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-11-03 17:10
タイトル : 「ゴジラ(1954年)」 神格化のプロセス
今更説明する必要などないほどに有名な日本発の怪獣映画で、国内国外を問わず数えきれ... more
Tracked from じゅうのblog at 2012-11-12 22:34
タイトル : 『ゴジラ』 '54日本
"GODZILLA:THE KING OF MONSTERS" [ゴジラ] 息子がレンタルしていた初代の『ゴジラ』を観ました。 -----story------------- 19XX年、南太平洋で行なわれた核実験によって、ジュラ紀の肉食恐竜が甦った。 ゴジラと名付けられたその怪物は、大戸島を襲った後、東京へと歩を進めていく。 放射能をまき散らすゴジラの前に、帝都は為す術もなく蹂躙されるかのように思われた。 だがその時、防衛軍に一つの朗報がもたらされた。 それは若き天才科学者、「芹沢」の発明した“...... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2015-02-19 21:49
タイトル : ゴジラ(1954)
GODZILLA:THE KING OF MONSTERS 1954年 日本 97分 SF/特撮/ドラマ 劇場公開(1954/11/03) 監督: 本多猪四郎 脚本: 本多猪四郎 特殊技術: 円谷英二 出演: 志村喬:山根恭平(古生物学者) 河内桃子:山根恵美子 宝田明:尾形秀人(南海サルベージ技師) ...... more
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-02-19 23:05 x
こんばんは!
あたしもゴジラシリーズ、一度続けて、完全性はしたいと思っています。
一応、ビデオとか、VCDとかで、全部そろっているはず何ですが、、、
Commented by odin2099 at 2006-02-20 23:26
>猫姫さま

VCDとはまたマニアックなものを・・・(苦笑)。
シリーズは全部見てるんですが、結構バラバラなんですよね。
平成以降の作品はきちんと順番に見てるんですが。
だからこの際、全作を順番に見ようと思ってます。
せっかくDVDで揃えたんだし。

by Excalibur
ブログトップ