【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『グレートマジンガー対ゲッターロボG/空中大激突』(1975)

e0033570_1664195.jpgグレート・マジンガーがメンテナンス中というタイミングを見計らったかのように宇宙人が襲来し、迎撃に飛び立ったゲッターチームを壊滅させてしまった。ようやく修復なったグレートが出撃するものの、立ちはだかる宇宙怪獣の前に大苦戦を強いられてしまう。その時、新たなるゲッターロボが出動、共同戦線を張った2大スーパーロボットは、見事侵略者を撃退するのだった。

1975年夏の<東映まんがまつり>のメイン作品で、グレート・マジンガーの新兵器グレートブースターのお披露目、TVシリーズの流れとは無関係に再度描かれるゲッターチームのムサシの死と新ゲッターの誕生、さらにグランゲン、ボング、ピグドロンと3体もの宇宙怪獣の登場、とイベント要素は盛り沢山。
その割りに小粒な印象を受けてしまうのは、上映時間がこれまでの作品よりも若干短くなったことと、明比正行の演出が手堅くまとまり過ぎているからだろうか。

明確には触れられてはいないが、前作『グレートマジンガー対ゲッターロボ』の続編と受け止めるのが自然で、前回宇宙怪獣ギルギルガンを送り込んだ宇宙人と、今回の連中が同一の存在かどうかはわからないが、何らかの関係があるものと思われる。
それにしても本作では、グレートもゲッターも宇宙からの侵略者に対抗する手段としか思えない位置付けになっているのだが、この世界にはミケーネ帝国も恐竜帝国も、それに百鬼帝国も存在していないのだろうか。
e0033570_21475867.jpg

[PR]
by odin2099 | 2006-02-24 06:07 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2835901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ