「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゴジラの逆襲』(1955)

前作の大ヒットを受けて半年足らずで公開された続編です。
この作品から円谷英二は「特技監督」として一枚看板を背負うことになりますが、その他のスタッフは監督(本多猪四郎から小田基義へ交代)も音楽担当者(伊福部昭から佐藤勝へバトンタッチ)も前作とは異なる顔触れで、キャストにしても志村喬だけが前作と同じ山根博士役で出ていますが、殆ど顔見世程度の出番しかありませんので作品のイメージは大きく異なります。
e0033570_15583131.jpg物語も、ゴジラを中心にしてそれに対する人間側のリアクションを見せることで進んでいた前作に対して、この続編では先ず人間側のドラマありきで、その中にゴジラが入り込んでくるという感じになっています。

その人間側のドラマにしたところで、小泉博と若山セツ子の主役コンビがこれといって面白みのない人物になっている反面、飄々とした持ち味の千秋実が副主人公格を好演していて主役を食う活躍ぶりを見せてくれていますので、何となく落ち着かない印象が残ります。本来はメインとなるはずであろうゴジラ(前作でゴジラは死んでしまったため、これは同種の別個体という設定)と新怪獣アンギラスとの格闘も、霞んで見えてしまうほどです。現場のスタッフ、キャストは頑張ったのだと思いますが、肝心のホン作りの部分でもっと時間をかけて練るべきだったんでしょうね。この後ゴジラは即座にシリーズ化はされずに、7年間の眠りに就くことになりました。
[PR]
by odin2099 | 2006-03-02 22:26 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2890831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Godzilla and.. at 2006-10-15 21:59
タイトル : ゴジラの逆襲 (昭和30年・1955)
ゴジラの逆襲小泉博 若山セツ子 笠間雪雄 小田基義 岩戸の影から見たものは?蘇った第2のゴジラ、新登場の暴龍アンギラス、日本全土狭しと暴れ廻る鷲天動地の怪獣対決巨篇ここに!  『ゴジラ』の大ヒットを受...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-08-25 13:32
タイトル : ゴジラの逆襲 今年の159本目
ゴジラの逆襲   1955年、シリーズ2作目。 前作では、東京を壊滅状態にしたが、本作では、アンギラストともに、大阪で暴れ回る。   これ以降、怪獣どうしの対戦が定着する。そして、娯楽性重視の方向へ。 もはや前作のように、メッセージ性のある、社会....... more
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-08-25 13:38 x
こんにちは!いつもありがとうございます!
このあとの7年間、いろんな映画に「挑戦」したんですね。で、ゴジラに戻ってきた?
やっぱりゴジラは、日本映画界1のヒーローです!
Commented by odin2099 at 2007-08-25 18:27
結局「ゴジラ」に代るスターを生み出せなかったということもあるんでしょうね。
それでも復活した後も、今みたいに「ゴジラ」しか作らない、という姿勢じゃなかったことは評価出来ます。
例えその意気込みに、作品の方が付いて行けなかったとしても・・・。

by Excalibur
ブログトップ