「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『クラバート』(1977)

オトフリート・プロイスラーの原作を、チェコのファンタジー、特撮、アニメetc映画の巨匠カレル・ゼマンが映画化した作品で、製作が1977年ですから、原作発表から6年足らずで作られたことになります。先に原作を読んでいて、これを映画にしたら面白いんじゃなかろうかと考えていたのですが、実は既に映画化されているということを知り探し出してきました。日本では長く未公開作品となっていましたが、先ごろカレル・ゼマン特集という形で上映され、その後DVD化されたようです。

水彩画タッチの切り絵を用いたアニメーション作品は、セル・アニメーションを見慣れた日本の観客、それに昨今のCG全盛時代の作品を浴びるように見ている世代には奇異に映るかもしれませんが、ドイツからポーランドにかけて伝えられた民話・伝説が基になっているお話としては相応しいように思えます。
上映時間が70分程度なので物語はかなり省略されていますし、一人一人のキャラクターの個性が消されてしまっていて感情移入しにくいのが難点ですが、進行をクラバートの一人称で行うことにより一本の映画としての完成度は高まっているように感じられます。

e0033570_15564658.jpgまた、宮崎駿監督作品の『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』はこの原作からの影響が大だと指摘されていますが、そういった意味ではこの作品は異母兄みたいなものかも知れません。作品の雰囲気やタッチはまるで違いますが、これらの作品に興味を持たれた方なら一度ご覧になってみては如何でしょうか。

なお、現在ドイツにおいて実写での映画化企画が進行中とのこと。
今年の秋から撮影が始まり公開は来年という話ですが、是非日本でも公開して欲しいですねぇ。
またプロイスラー作品では『大どろぼうホッツェンプロッツ』もやはりドイツで映画化されており、まもなく公開されるそうです。こちらも日本に入ってきますかどうか。
[PR]
by odin2099 | 2006-03-04 12:04 |  映画感想<カ行> | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/2903046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from スタジオジブリグッズ at 2006-03-04 19:11
タイトル : ハウルの動く城グッズ
ハウルの動く城グッズの格安・激安通信販売... more
Tracked from footprint縲 at 2006-03-05 09:23
タイトル : クラバート・04年の旅・追記
昨年04年のプラハ・オーストリア・ミュンヘンぐるっと駆け足の 旅 の追記です。 時々子どもの本だ、何だと書く私ですが、この旅でもドイツを入れ込んだのは  ミュンヘンに国際児童図書館 なるものがあって、そこも入れたかったからなのです。 といってもここは研究機関なので、いきなり行って何かが見れるという代物ではないし、各国の児童書を網羅している所です。他には、カナダの トロント公共図書館 などが有名です。 で、具体的に街中でどんな本が手に入るかというと、 まず、プラハで手に入れたのがこ...... more
Commented by t2mina at 2006-03-04 20:23
みなで~す。とらばあるがとう!千と千尋もはうるもそうなの?
やっぱり名作なのだよね。民話から始まっているから、すべての要素を含んでいるのでしょうね。
あ、今日ナルニア観てきました!感想、今晩書けるでしょうか、、、?
Commented by odin2099 at 2006-03-04 22:29
>minaさん

大勢の中から目当ての人を見つける、というシーンが『千と千尋~』に、
鳥に変身して空を飛ぶ、という設定が『ハウル』に、
それぞれ流用されてるってことらしいです。
原作のハウルはそんなことしないしね(笑)。
『千と千尋~』に関しては宮崎監督自身が『クラバート』の影響をはっきり口にしています。
でも『ハウル』に関してはこじ付けと言えば言えるかも(爆)。

あ、『ナルニア』ご覧になったのですね。
感想お待ちしてます♪
Commented by koujitu3 at 2006-03-05 10:23
先日、家族と、最近のファンタジーの映画化ブームの事を話していた時、クラバートのほうが映画化し易いのでは、なんていっていたところでした。
やっぱりそうか、って感じです。
アニメじゃなく、実写というところがいいですね。見てみたいです。
小峰書店がだしている「プロイスラーの昔話」1~3、いかにもプロイスラーらしい再話で、面白い昔話集になっていますよ。機会があればご覧になってみてください。
Commented by odin2099 at 2006-03-05 11:16
「プロイスラーの昔話」ですか。
面白そうなので探してみます。有難うございました。
おっと、その前に『大どろぼうホッツェンプロッツ』を読まなきゃ(笑)。
これ、むか~し読んだことがあるような、ないような・・・?

by Excalibur
ブログトップ