【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『宇宙戦争』(2005)

e0033570_1734543.jpg一昨々日の日記に、好調な幕開けの『宇宙戦争』と書きましたけれども、アメリカ本国では不振のようです。
今年の『スター・ウォーズ/エピソード3』や去年の『スパイダーマン2』に比較しても見劣りし、『スパイダーマン2』の凡そ半分程度の成績だとか。全体的にアメリカの映画界は相当厳しいそうですが。
昨日私も映画見てきましたけど、内容もかなり厳しいものがありました。
感想はこちら(追記:下記に転載)。

それにしても長嶋さん、元気というより痛々しかったなぁ・・・。

  × × × × × × × ×

「しねま宝島」より転載
「吹替版には、予告編同様に津嘉山正種のナレーション付き!タイトルクレジットも日本語だ!!」

ブルーカラーの港湾労働者トム・クルーズ(声:森川智之)は、別れた奥さんミランダ・オットー(声:本田貴子)から、ティーン・エイジャーの息子ジャスティン・チャットウィン(声:野島健児)と、幼い娘ダコタ・ファニング(声:三村ゆうな)を週末に預かることになる。ところが奇妙な雷の後、地中から巨大な戦闘マシーンが出現、街は大パニックとなってしまう。父親に反抗的な息子と妙に達観した娘を連れ、ダメ親父の必死の逃避行が始まるのだが・・・?!

コミニュケーションもろくに取れない崩壊したトム・クルーズ一家は、侵略者そっちのけで自分の都合で怒鳴り散らすだけなので、それだけで見ていてイライラ。行き当たりばったりで逃げ惑うばかりで何もせず、ふと気がつくと助かっていました~というラストの唐突さ。で、このパニックを乗り越えて家族の絆が復活したかというと、それも怪しい。色々評判聞いていたけれど、これほどまでにつまらないとは思わなかった

見所はダコタ・ファニングの鬼気迫る怪演のみ。主人公を科学者に変えてしまった前回の映画版に比べると、一般人視点の今回は原作には近いけれども、展開は原作よりも前回の映画版をなぞった感じ。流石に侵略者は火星人じゃないが、どこから来たどういう存在なのかは一切不明。そいつらが人類誕生以前から地球侵略を狙っていたというのも悠長すぎるし、準備万端整えていたなら、何故ずーっと待っていたのかという疑問符がつく。どうせ同じようなネタを扱うなら、映画的ハッタリをかまし映像的快感がタップリの『インデペンデンス・デイ』の方が遥かにマシだ。結局一番恐ろしいのは、侵略者ではなく人間の心だとでも言いたいんだろうか。吹替版の後は字幕版でもう一度と思っていたけど、止めようかな。

本来ならこの時期、スピルバーグは『インディ・ジョーンズ4』を撮り、トム・クルーズは『M:I-3』に出ているはずだったのが、どちらも延期になったのでこの作品が実現したわけだが、さてどっちが良かったんでしょうかね。
ちなみに原語版のナレーションはモーガン・フリーマンらしい。

 × × ×

「『宇宙戦争』ふたたび」

どうしようかなーと悩みつつ、結局は字幕版を見に行った。
二度目だし、かなり時間をおいたので冷静に見られるかなと思ったのだけれども、やはり不満しかない。一見ハッピーエンド風でも、崩壊したトム・クルーズ一家には何の救いもないラストも後味悪し。
ちなみにこの時トム・クルーズを出迎える元妻の両親を演じているのは、旧作のヒーローとヒロインのカメオ出演。このあたりは粋な計らいと言えなくもないけれども、面影残っているわけじゃなし、もっと宣伝してくれないとわかりゃしない。
それにしてもで原語で聴くと、改めてダコア・ファニングの破壊力の凄まじさを実感。ハッキリ言って、この映画で一番怖いのはダコタの悲鳴だ
  × × × ×

旧ブログへのトラックバック
[PR]
by odin2099 | 2005-07-04 06:07 |  映画感想<ア行> | Trackback(17) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/296364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from impression at 2005-09-01 23:11
タイトル : 宇宙戦争
イギリスのSF作家H・G・ウェルズの古典的な人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作。 H・G・ウェルズ原作と言えば「タイムマシン」「SF起源 タイムゲイト」の映画とテレビムービーを見て知っては居たが。。。 異変は、アメリカ東部の... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2005-11-23 21:51
タイトル : 宇宙戦争 今年の227本目
宇宙戦争 ん〜、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし....... more
Tracked from 萌えきすとらBLOG at 2005-11-27 13:04
タイトル : 映画『宇宙戦争』2週連続レンタル1位!
レンタルDVD(2005年11月7日から11月13日まで)1位(初):『宇宙戦争』2位(1):『バットマン・ビギンズ』レンタルDVD(2005年11月14日から11月20日まで)1位(1):『宇宙戦争』2位(初):『ハウルの動く城』レンタルビデオ(2005年11月7日から11月13日まで)1位(初):『宇宙戦争』2位(1):『バットマン・ビギンズ』レンタルビデオ(2005年11月14日から11月20日まで)1位(1):『宇宙戦争』2位(2):『バットマン・ビギンズ』TSUTAYA(ツタヤ)調べにて判明...... more
Tracked from ふくちゃんの懸賞日記 at 2005-11-29 14:11
タイトル : ふくちゃんの映画日記 その27
「宇宙戦争」{/star/}{/star/}{/star/}   DVD鑑賞{/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング 他アメリカ東部。クレーン作業員のレイ(トム・クルーズ)は、 ニュージャージーのとある街で、 ごく平凡な毎日を送っていた。ある日、 レイは離婚した妻に引き取られている子供たちと面会するが、 そのとき激しい落雷が発生する。それと共に地中から三本足の巨大なマシン"トライポッド"が出現し、 想像を絶する巨大な力で住民の虐殺と街の破壊を開始した。...... more
Tracked from がちゃのダンジョンcin.. at 2005-12-05 20:22
タイトル : 宇宙戦争
『宇宙戦争』 (2005)WAROFTHEWORLDS 上映時間114分製作国アメリカ ジャンルSF/ドラマ/サスペンスeiga.com/eiga.com/公式サイトH・G・ウェルズ『宇宙戦争』のリメイク作品スティーヴン・スピルバーグとトム・クルーズが「マイノリティ・リポート」に続いてコンビを...... more
Tracked from サクっと at 2005-12-18 19:07
タイトル : 宇宙戦争・・・・・・・・・・
宇宙戦争 スピルバーグのSF映画ということで期待していた 「宇宙戦争」 スピルバーグ+トム・クルーズといえばマイノリティ・リポートが けっこう面白かったので、こちらはどうなんでしょう ... more
Tracked from ひとりよがりなブログ 【.. at 2006-07-14 16:51
タイトル : [洋画 あ行][DVD所有] トム・クルーズにスピルバー..
「マイノリティ・リポート」と、決まって・・・ないよね。 Read more... ... more
Tracked from 風に吹かれて-Blowi.. at 2007-07-14 05:31
タイトル : #556 宇宙戦争
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ポーラ・ワグナー 原作者:H・G・ウェルズ 出演者:トム・クルーズ 、ダコタ・ファニング 、ティム・ロビンス 、ミランダ・オットー 、ジャスティン・チャートウィン 2005年アメリカ 1898年にH・G・ウェルズが発表したSF小説を映画化 100年以上も前のSF小説ということもあり、とてもオーソドックス しかしながら、そのCGシーンは現実に起こりえそうな危機感や恐怖すら感じさせる いつものトム・クルーズとは違い笑顔はなし、...... more
Tracked from レンタルだけど映画好き  at 2007-07-20 22:32
タイトル : 宇宙戦争
SF/ドラマ/サスペンス 2005年 アメリカ 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・クルーズ/ダコタ・ファニング/ティム・ロビンス/ジャスティン・チャットウィン/ミランダ・オットー/ダニエル・フランゼーゼ/ジーン・バリー/アン・ロビンソン  原題 WAR OF THE WORLDS 原作 H・G・ウェルズ 彼らは、すでに地球(ここ)にいる 地球最後の戦争は 人類が起こしたものではない。いま試される、愛と勇気―― あらすじ アメリカのある町である日、雷と思われるものが、いくつ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-06 21:58
タイトル : 宇宙戦争
 コチラの「宇宙戦争」は、スティーヴン・スピルバーグ監督&トム・クルーズ主演で、H・G・ウェルズの同名小説を映画化した2005年全米映画年間3位の興行成績を収めた大ヒットSFスペクタクルです。  宇宙人が地球への侵略をすると言ういかにもな設定の映画なので、いかに...... more
Tracked from JoJo気分で映画三昧!+α at 2008-02-04 00:55
タイトル : 「宇宙戦争」★★★☆
'05年製作 監督スティーヴン・スピルバーグ 出演トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ミランダ・オットー、 ダニエル・フランゼーゼ他。 別れた妻と暮らす子供たちがやってきた。しかし、夜勤明けで疲れきっていたレイ(トム)は、ロクにめん...... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2009-06-16 23:12
タイトル : 宇宙戦争
H・G・ウェルズの人気小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSF超大作。その他キャストはダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットー他。 <あらすじ> アメリカのある町である日のこと、突然、稲光が何度も地上にまで達するという異変が起きていた。レイ(トム・クルーズ)は、黙って外出した息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)を探しにいくため、娘のレイチェル(ダコタ・ファニング)に留守番をするよういいつける……。(シネマトゥデイ)...... more
Tracked from やっほっほ~ at 2010-09-16 09:53
タイトル : スピルバーグの『宇宙戦争』【映画】
宇宙戦争 アメリカ東部のとある街で突然、激しい落雷が発生。それとともに地中から三本足の巨大なマシーン"トライポッド"が出現する。人類をあざ笑うかのように巨大な破壊...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-12-26 06:14
タイトル : 「宇宙戦争」 父親としての自覚の再生
先日原作の小説も読んだし、本作主演のトム・クルーズの「ワルキューレ」を観たし、本... more
Tracked from Addict allci.. at 2011-01-23 14:09
タイトル : 宇宙戦争
彼らは、すでに地球(ここ)にいる ... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2011-02-05 17:02
タイトル : 《宇宙戦争》
宇宙戦争 [DVD]/トム・クルーズ,ダコタ・ファニング,ティム・ロビンス ¥1,500 Amazon.co.jp 監督:スティーヴン・スプルバーグ 出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス ? ? 「離婚した妻から娘レイチェルと息子ロビーを預かったレ... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-04-07 15:42
タイトル : 宇宙戦争 (War of the Worlds)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・クルーズ 2005年 アメリカ映画 114分 SF 採点★★★★ この間の大地震が揺れ始めた瞬間、部屋にいた私が最初に感じた感情は好奇心にも似た興奮。「おぉ!スゲェなぁ!でけぇなぁ!」とワクワクすら。ところが、揺れ…... more
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2005-11-24 02:28 x
こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
最後のご両親、そうだったのですね。すごいキャスティング、、、
この一家、いらなかった、、、SFオンリーでいって欲しかったです。
Commented by Excalibur at 2005-11-24 05:23 x
>猫姫様

どうもです。
どうせなら、トム・クルーズとダコタ・ファニングの親娘が、徹底的にサバイバルするような内容にすれば良かったんじゃ?
と思いました。
お兄ちゃん、いらないし(爆)。

両親のことは、パンフにもチラっと書いてありますけれど、あちらではわかりませんが、少なくても国内じゃほとんど記事にもなりませんでしたね。
スピルバーグ&クルーズのスター映画という扱いだけ。
もっと古典も評価して欲しかったです。
Commented by ふくちゃん at 2005-11-29 14:11 x
TBありがとうございます。僕もダコちゃんの悲鳴だけが耳に残った作品でした。内容はかなり厳しいですね。
Commented by Excalibur at 2005-11-29 20:58 x
一つ一つのシーンを取り出すと、結構気に入ってる場面もあります。
最初にトライポッドが地中から出てくるところも良いですし、
船で逃げ出そうとするシークエンスも、幻想的と言っても良いような色彩の美しさが印象的でした。
それでも作品全体の出来に満足出来るかと言われれば、とてもとても・・・(苦笑)。
Commented by chibisaru at 2007-07-14 05:40 x
原作に近い印象を持ちました。出てくるのは悲鳴ばっかりのダコちゃんでなくても、トムちんでなくても名の知れてない役者さんでもよかったような気はします(笑)
とっても原始的なトライポッドの造詣といい、出現シーンといい、小屋の中でのドキドキといい、あっけない終わり方といいSF部分をみればとってもいいのに、全体的には「?」な印象がぬぐえないのは、なぜなんでしょうね(^^;
Commented by odin2099 at 2007-07-14 08:49
無名の役者さんを揃えた方が、リアリティが出たでしょうね。
舞台なんかで鍛えられた、地味だけど実力派、なんてタイプを起用してくれれば説得力もあっただろうし。
同時期に作られたC・トーマス・ハウエル主演の『宇宙戦争/ウォー・オブ・ザ・ワールド』は地味ですし、ある意味ではこちらの方が原作に近いんじゃないかな、という部分もありますので、機会がありましたら見比べてみるのも一興かと。

トライポッドの出現シーンで、『ヤマトよ永遠に』を思い出しちゃったのはナイショです。。。
Commented by miyu at 2008-01-06 23:03 x
あたしは結構楽しめましたし、
面白かったと思いました(;・∀・)
Commented by odin2099 at 2008-01-06 23:10
やっぱり原作や旧作を知ってるからでしょうかねー、ダメでした。
当初噂されていたように、原作と同じ時代設定でやってくれたら良かったんですけど、現代が舞台だとなんかリアリティが感じられないんですよね(苦笑)。
Commented by JoJo at 2008-02-04 01:26 x
こんばんは~!TBどうもありがとうございます(嬉)う~ん、本作は、なんとも物足りなかったです。不満な点は、エクスカリバーさんと同じ。百歩譲って宇宙人の話は目をつぶれても、あの家族再会のおかしなラストには、首を大きく傾げてしまいました(笑)前半は面白かっただけに、残念~!
Commented by odin2099 at 2008-02-04 22:53
>JoJoさん

何だかスピルバーグ&トム・クルーズだけで客が呼べるだろう、という安直な企画のような気がしますね。
あ、コンビの前作『マイノリティ・リポート』ってヒットしたんだっけ?
結局この時期には3本のリメイク企画の競作になったのですが、残る1作も入手したので今度観てみます。
どれが一番面白いのかなぁ?

by Excalibur
ブログトップ