【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『機動戦士ガンダム』(1981)

映画『ガンダム』を初めて見たのは、今はなき渋谷の映画館。
公開から既に2週間以上経った春休みのとある日だったのだが、この時に映画館で不快な思いをしたことを今も覚えている。
その映画館があまり大きくなかったこともあるけれど、人気作品ということで劇場は混雑。ただ、こちとらそういう状況は『ヤマト』や『999』で慣れているものだから、人の波を掻い潜ってそれなりの席を確保。で、のんびり見ようとしていたのだが、問題は前の席の母子連れ。幼稚園くらいの子どもだったと思うが、なんと自分の膝の上に子どもを乗せたのだ。

その映画館は元々スクリーンの位置が低く、前に座高の高いヤツが座るとスクリーンがかなり隠れてしまう作りになっている(というか、最近のシネコンはその点改善されているけれど、昔ながらの映画館にはこういうところが少なくない)。そんな状態なのに、膝の上に子どもを乗せられた日にゃ、スクリーンの下半分は隠れたも同然だ。当然こちらとしては「見えないから」と注意をしたのだけれど、「私たちも見えないから」ときたもんだ。
なら隣の座席にクッションでも何でも借りて(貸してくれる所は結構ある)、そこに子どもを座らせろ~!
じゃなきゃ、まだ空いているから最前列へ行け~!!
こういう母親に育てられた子どもって不幸だな、とまで思った瞬間である。
他にも映画館の観客マナーで腹が立ったことは何回かあったが(以前にここでも書いたことがあったけど)、それはまた別の話。

e0033570_11424186.jpgま、そんな環境で見たせいか、この作品にはあんまり良い印象がない。
『ヤマト』も『ガンダム』もTV版はリアルタイムで見てなくて、再放送というよりも映画版で体感したクチなんだけど、『ヤマト』にはすぐにハマったのに『ガンダム』はイマイチ。『ヤマト』の場合は最初からの乗組員(厳密には違うけど)という意識があったけれど、既に映画公開前から盛り上がっていた『ガンダム』には、乗り遅れたという引け目というか負い目があったし、それにアニメ雑誌などで「ヤマト派」「松本零士派」VS「ガンダム派」みたいな対立構図があった際に、なんとなく「ヤマト擁護派」というか、アンチ「ガンダム」に流れてしまったという気分的なものも大きい。それにやっぱりこの映画は、10ヶ月間放送されたTVシリーズの概ね3ヶ月分をまとめた、要するに起承転結でいえば「起」の部分しか描いていないのだから、面白くなりようがないのだ。

ということで、自分がようやっと『ガンダム』を認められたのは、公開から10年ぐらい経って、3本まとめて見る機会があってからだ。
三分の一として見るならばこの作品は良く出来ているし、安易に一本でまとめようとしなかった富野監督の、サンライズの姿勢は立派だ。それが当時、どれだけ無謀なことだと思われていたかを考えれば尚更のこと。
ただ、それならタイトルにパート1であることをしっかり明記すべきだし、宣伝でも強調すべきだったとは思うが、それが限界だったのだろうなぁ。まぁ最近でも『ロード・オブ・ザ・リング』三部作が同じような扱いになっていたが。
[PR]
by odin2099 | 2006-04-09 07:41 |  映画感想<カ行> | Trackback(5) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3184216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-06-28 22:19
タイトル : 劇場版 機動戦士ガンダムⅠ
地球連邦とジオン公国との1年戦争を縦軸に、自らの意志に反して過酷な 戦争に巻き込まれていく少年・少女たちの人間ドラマを横軸に描いた、 初代「機動戦士ガンダム」三部作の第1弾。 再放送で高視聴率をマークしたTVシリーズを再編集した。 キャラクターデザイン及びアニ..... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-06-29 22:09
タイトル : 「機動戦士ガンダム」 アニメを変えた記念碑
エヴァの新劇場版があまりに良かったので、その流れのまま、今年がガンダム30周年と... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2009-07-06 07:06
タイトル : 機動戦士ガンダム
7月1日(水) 13:20~ 丸の内ピカデリー2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:1300円(30thアニバーサリー共通。買っていない) ガンダム30thアニバーサリーコレクション 機動戦士ガンダムI[2010年7月23日までの期間限定生産] [DVD]出版社/メーカー: バンダイビジュアルメディア: DVD 『機動戦士ガンダム』公式サイト 先着順特典ポストカードを貰った。 初めて観た時は、イデオンと共に、設定の詳細さに愕然としたガンダム。サンライズの前作が「無敵鋼人ダ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2009-09-02 00:07
タイトル : [映画『機動戦士ガンダム・?』を観た]
☆今年で「ガンダム」が放送開始から30周年を迎え、一部の映画館で、劇場版シリーズのリバイバル上映が行なわれている。  その一環として、<ワーナーマイカル・村山>で、劇場版の『1』がかかっているので、学校帰りの姪っ子を制服のまま連れて行った。  これまで何度も語っているが、私は、「ガンダム」初放送時、視聴のまさに対象年齢であったが、タイムリーには見ていない。  見たのは、5時半からの再放送時である。  私は、富野監督の、ロボット枠前々作の『ザンボット3』に、小学校の低学年時、あまりにも衝撃を受け...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-11-03 20:38
タイトル : 「機動戦士ガンダム」 アニメを変えた記念碑
エヴァの新劇場版があまりに良かったので、その流れのまま、今年がガンダム30周年と... more
Commented by GMN at 2007-08-20 23:20 x
私もリアルタイムでは経験してないんですが、色々と資料をあたって知った所によると、これがヒットしなければ2や3は作れなかったという状況のようです。だからパート1って表記もなければ副題もついてないみたいですよ。
今でこそ「ガンダム」の名前はブランドみたいになっちゃってますけど、当時の状況では、ヒットするかどうかも読めなかった時代だったんじゃないかと。
Commented by odin2099 at 2007-08-21 22:55
実際、パート2の製作が決まったのはこのパート1公開の直前でした。
前売券の売上が好調だったのでゴーサインが出て、そのためラストに「パート2公開」の告知が付いたんですが、それでもある意味卑怯だなぁとも思ってます(苦笑)。
『Zガンダム』の時もサブタイトルは付けたものの、「1」とは謳ってませんでしたね。
この時は3本作ることは決まってたはずなのに・・・。

by Excalibur
ブログトップ