【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ハウルの動く城』(2004)

『風の谷のナウシカ』以降の宮崎駿監督作品は、『となりのトトロ』を除いて全て劇場で見ているのですが、公開初日に足を運んだのは今回が初めてでしょう(もっとも『もののけ姫』の時のように、あまりの大行列に諦めて帰ったというのもありましたが)。といっても期待に胸を膨らませてということではなく、単に巡り合わせの産物です。それぐらい今回の作品には期待しておりませんでした。

e0033570_17374066.jpgにしても、原作を読んだ時も大して面白いとも思いませんでしたが、この映画版の方もさっぱりです。もしかすると宮崎監督作品中、一番つまらない作品かもしれません。原作にない戦時下という設定を付け加えたのも意味不明ですし、キャラクターが全くといってよいほど立っていません。呪いをかけられ90歳の老婆にされてしまったヒロインのソフィーは、原作と違いしょっちゅう18歳の姿を披露してしまっていますし、ハウルは支離滅裂の分裂症。ラブ・ストーリーとしての運び具合も唐突過ぎます。これなら当初の予定通り御大は口を出さずに、若手スタッフにまかせっきりの方が良かったのではありますまいか。

キムタクの声優挑戦は、頭抱えるほど下手ではないものの演技の幅が狭いことを露呈。倍賞千恵子は老婆のソフィーと内面描写などの時のニュートラルなソフィーは兎も角、少女役には些か無理があったようで聴いていて気の毒になりもしました。一番巧かったのはマルクル役の神木隆之介クンですね。『仮面ライダーアギト』に出ていたあの子が、と考えると感慨も一入です。そういえば本編上映前に、彼と上戸彩が主演している『インストール』の予告編が流れていましたが、なかなか期待できそうでした。
あ、久石譲の主題曲は大変素晴らしい出来でした。この旋律、何度でも聴きたくなります。

ハウルにしろソフィーにしろ、作画が不統一というか、カットによって絵柄が随分違いますね。最初の頃のソフィーは、かなり眉が太いんですけど。
それにソフィーに関しては、少女の姿と老婆の姿の切換が不自然。演出上の狙いが色々あるんだろうとは思いますが。そしてその中間形態(?)も気になりましたねえ。
結局監督は「動く城」がやりたかったのだと思いますが、あんな気持ち悪い機械仕掛けの虫みたいな城になるとは、原作読んでる段階では想像すら出来ませんでした・・・。
[PR]
by odin2099 | 2004-11-21 12:18 |  映画感想<ハ行> | Trackback(7) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3186243
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from LOHAS(ロハス)生活.. at 2006-04-28 16:44
タイトル : DVD「ハウルの動く城」
「天空の城ラピュタ」を観て育った人間としては、 なんとなく懐かしくも感じる風景が広がった。 質素で慎ましやかで…人づき合いが苦手で自意識過剰、自尊心は人一倍。 そんな暗めの女の子の日常に突然王子様が現れ、 ファンタジーが始まるわけだ。 冒頭のヒロインと、とある友人の印象が重なった。 それだけに、老婆の姿に変えられるなり、彼女、 「人好きがする老婆」にキャラクター変わってない?と思った。 それは私が老婆の見かけに騙されているだけ? そんなわけで最初からヒロインに感情移入失敗...... more
Tracked from MOVIE SHUFFL.. at 2006-07-22 13:25
タイトル : ハウルの動く城
『HOWL'S MOVING CASTLE』 日本/2004 監督:宮崎駿 声:倍賞千恵子 木村拓哉 美輪明宏 我修院達也 神木隆之介   伊崎充則 大泉洋 大塚明夫 原田大二郎 加藤治子 受賞:ヴェネチア国際映画祭/オゼッラ・ドゥオロ賞(2004)     NY批評家協会賞/アニメーション賞(2005) 公開時コピー ふたりが暮らした。 イギリスの児童文学作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の『魔法使いハウルと火の悪魔』を、宮崎駿がラブファンタジーとして映画化。 声はい...... more
Tracked from pure's movie.. at 2006-07-22 21:42
タイトル : ハウルの動く城
2004年度 日本作品 119分 東宝配給 STAFF 監督・脚本:宮崎駿 原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ「魔法使いハウルと火の悪魔」 音楽:久石譲 CAST(声の出演) 倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏、我修院達也 ■STORY 魔女により老婆に変えられてしまった少女と...... more
Tracked from OmuhaCinema at 2006-07-24 13:00
タイトル : ハウルの動く城
 愛国主義時代の話。 王国では激しい戦争が起こっている最中であった。 ソフィは街で父親から受け継いだ小さな帽子屋を営んでいた。 ある日、そんなソフィのもとに美しい青年が現れた、その青年の名はハウル。 街の人々の間では美しい女の心臓を食らう恐ろしい魔法使いとして噂されていた。 ハウルと出会い,夢のような体験をしたソフィの目の前に次に現れたのが悪名高き,荒地の魔女だった。 ソフィは魔女に人には話せない呪いをかけられ18歳だった彼女は一瞬にして90歳の老婆に変えられてしまうのだった。 ソフィは家を離れ、...... more
Tracked from ぶーすかヘッドルーム・ブ.. at 2006-11-06 08:02
タイトル : 「ハウルの動く城」「耳をすませば」
●ハウルの動く城 ★★★★ 【地上波】ダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作の人気ファンタジー「魔法使いハウルと火の悪魔」を宮崎駿がアニメ映画化。原作も面白かったけど、こちらも原作にないエピソードが盛込まれていて期待通りの面白さ。 ●耳をすませば ★★★ 【地上波】猫の人形・バロンを主役にした小説を書き上げようと頑張る女の子とバイオリン職人を目指す男の子の青春ロマンス。主題歌「カントリー・ロード」が耳に心地いいスタジオ・ジブリのアニメ。 ※詳しい感想はそれぞれのリンクにあります。よろしければ御覧下さい。... more
Tracked from みんなシネマいいのに! at 2010-07-18 09:57
タイトル : 「ハウルの動く城」
 「千と千尋の神隠し」以来3年ぶりの宮崎駿監督の新作は90歳の老婆に変えられた少... more
Tracked from erabu at 2010-07-18 10:47
タイトル : 『ハウルの動く城』
監督・脚本、宮崎駿。音楽、久石譲。2004年日本。ファンタジー・アニメ映画。原作... more
Commented by syosei7602 at 2006-07-22 13:29
いつも、コメントを頂いてありがとうございます。

やはり倍賞千恵子と木村拓哉の声は無理がありましたね。
僕も同じような感想を抱いてしまいました。
戦争をいれることで、変身が解けなくなるかもという事を強調したかったんでしょうが、なんとも半端な作品でした。
Commented by odin2099 at 2006-07-22 20:46
こちらこそいつもありがとうございます!
昨日TV初放映でしたけれど、どれくらいの方がご覧になったんでしょうかね。
これでweb上にはまた感想文が氾濫するんでしょうけれども(苦笑)、
その大半が肯定派なんでしょうか。
受け止め方は人それぞれだと思いますが、自分にはう~ん・・・。

ああ、『ゲド戦記』が怖い。
同じ英国ファンタジー小説の映像化ということで、『ハウル』の二の舞になっていなければ良いのですが・・・。
Commented by booska1234 at 2006-11-06 08:06
こんにちはー。ちょっと前にテレビ放送で見ましたのでTBさせて下さい。どうもイマイチだったようで…。私も原作を読みましたが、ジブリのアニメ化が決まってから読んだので、あの変な城のイメージもジブリになってました^^;)。悪くはなかったんですが、いつものジブリ作品よりは「飛ぶ」楽しさがないのが寂しかったです。
<上戸彩が主演している『インストール』
これもテレビ放送で見ましたがなかなか面白かったです。神木隆之介クン、可愛いだけでなく演技も上手いですよねー。
Commented by odin2099 at 2006-11-06 23:22
僕もジブリの映画化が決まってから読んだんですが(そうでもなければ一生読まなかったかも)、まだビジュアル・イメージが広まる前、というよりも細田監督で進行中の頃だったので、あんな機械仕掛けの巨大な虫のような城のイメージは持たなかったですねぇ。
個人的にはこの作品、宮崎監督作品の中ではワーストです。
これに比べると、まだ『ゲド戦記』の方がマシに思えます。

あ、『インストール』まだ見てません・・・。

by Excalibur
ブログトップ