【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『姑獲鳥の夏』(2005)

e0033570_10502734.jpg原作読んだことないけどジャンル的には興味あるし、京極夏彦って売れてるし、「京極堂シリーズ」って人気あるし、監督は実相寺昭雄だし、出演者は何気に気になるメンバーだし・・・ということで予備知識殆どナシで鑑賞。

主人公が古本屋の店主で、安倍晴明ゆかりの神社の神主(現代版の陰陽師?)で、なおかつ”憑物落とし”という設定も「?」だが、その友人には他人の記憶を見ることが出来る私立探偵がいて、という世界は、一見おどろおどろしいものの正当なミステリー・サスペンス物なのか、それとも妖怪やら魑魅魍魎が跋扈する妖しの世界を描いた作品なのか、一体どっちなんだろうか? 
監督が監督なだけに端からカルト作品になることは決定付けられているようなものだが、横溝正史モノみたいに「呪いだ!」「崇りだ!」と騒ぎつつも、所詮はトリック有りの人間の情念が生んだ事件なのかと思いきや、結局は超常現象が絡んできているようでもあり、クロスオーヴァーといえば聞こえはいいけれど、なんだかどっちつかずの印象。これならしっかりと妖怪変化でも出して、キワモノに徹してくれた方が面白かったかなァ、なんて考えてしまったくらい。
原作知らずして、勝手に『帝都物語』+『陰陽師』のような世界観を期待してしまった自分がいけないのだけれども。

e0033570_10504131.jpg映像的にはゲイジュツ映画というか、ジッソージっぽいというか、美術の頑張りもあって不思議な画面作りには成功しているし、意外や原田知世がキレイだったなぁという収穫もあるのだけれど(個人的に『時をかける少女』以降、あまり魅力感じてないもんで)、じゃあ面白いのかというと・・・ちょっとギモン。
何だかよくわからなかった、というのが正直なところで、これはちゃんと原作を読まなきゃいけないということかなぁ。
あと不満といえば堤真一の台詞回し。長台詞も多いのだけれど、聞いていてちょっと辛い箇所が幾つかあり。
それでも、もしシリーズ化が実現したならば次も見に行く可能性は大である。DVDも・・・買っちゃうかも?
[PR]
by odin2099 | 2005-08-08 20:53 |  映画感想<ア行> | Trackback(8) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3186299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from まったりでいこう~ at 2006-04-15 23:02
タイトル : 姑獲鳥の夏
昼間の上映のを観に行きましたが館内は満員御礼状態で、こんなに人気あるんだ京極と思ってしまいました(笑)一応、原作は読んでますが、もう何年も前のことなのですっかり内容は忘れております。ちなみにこのシリーズで私が一番好きなのは「魍魎の匣」だったり(笑) もとからさほど期待してなかったこの作品、見終わった後「やはりね」と思わずにはいられませんでした。これならテレビドラマでもいいんじゃないでしょうか。ノリが金田一耕助シリーズとか江戸川乱歩ものといった感じで、雰囲気とかはよかったですけどね。 前段階で配役が発表...... more
Tracked from がちゃのダンジョン 映画&本 at 2006-04-16 02:53
タイトル : 姑獲鳥の夏
『姑獲鳥の夏』 (2005)上映時間123分製作国日本ジャンルミステリー “妖怪”という現象を切り口に、民俗学をベースにした過剰なほどの蘊蓄と大胆不敵な仕掛けでミステリー界に革命をもたらした京極夏彦衝撃のデビュー作にして、いまや数多くの熱狂的ファンを持つ“京極...... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2006-06-05 01:01
タイトル : 姑獲鳥の夏
まず、初めに私はかなりの 京極フリ−クなのです!! もちろん、この京極堂シリーズも 全巻読破しているので、 ちょっと思い入れも強いのです!! だから、「今回は映画は別物!」と 心に決めて、鑑賞してきました。 しかし、残念な事にこれは・・・、如何なものなのでしょう? 果たして、京極堂シリーズの予備知識がまったくない方でも 楽しめたのでしょうか???微妙ですね〜〜〜! さて、何から書きはじめれば、良いかな〜? ではまず、まあまあだった点から・・・・ 昭和27年頃の雰囲気は...... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-09-08 22:49
タイトル : 『姑獲鳥の夏』
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション 作:京極夏彦 cast:堤慎一、永瀬正敏、阿部寛、他・・・ 人気作家京極夏彦の1994年のデビュー作。40万部を越える大ベストセラーになった小説の映画化。 小説家の関口(永瀬)は、ある怪しい噂のある産婦人科医院を取材する事になる。その噂とは、その病院の娘が20ヶ月妊娠し続けていて彼女の夫が失踪中であると言うことだった。関口は友人の、古本屋「京極堂」の主人、中禅寺秋彦(堤)に相談し、私立探偵の榎木津礼二(阿部)に協力を依頼することに・...... more
Tracked from 風に吹かれて-Blowi.. at 2007-07-14 05:22
タイトル : #612 姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)
企画・製作プロダクション:小椋事務所 監督:実相寺昭雄 撮影:中堀正夫 美術:池谷仙克 音楽:池辺晋一郎 照明:牛場賢二 原作:京極夏彦 出演者:堤真一 、永瀬正敏 、阿部寛 、宮迫博之 、原田知世 、田中麗奈 、清水美砂 、篠原涼子 、すまけい 、いしだあゆみ、京極夏彦、 松尾スズキ、恵俊彰、寺島進、堀内正美、堀部圭亮、原知佐子、三谷昇 2005年日本 世の中には不思議なことなど何もないのだよ、関口君 昭和27年夏 東京の久遠寺医院には怪しげな噂がついてまわっていた そ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-05 20:40
タイトル : 姑獲鳥の夏
 コチラの「姑獲鳥の夏」は、京極夏彦さんの大人気シリーズ"京極堂シリーズ"の1作目にして、デビュー作である同名小説を無謀にも映画化してしまった妖怪ミステリーです。  監督は、「無常」の実相寺昭雄監督ですので、昭和20年代の怪しげな雰囲気は非常に出ていたと思う...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-03-23 06:21
タイトル : 「姑獲鳥の夏」 伝わってくる現実への不安定感
あまり評判は宜しくないようですが、実相寺昭雄監督の「姑獲鳥の夏」は京極夏彦作品の... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-12-05 01:21
タイトル : 『姑獲鳥の夏』
原作を知らないで観たので、登場人物たちのキャラクターや関連性がイマイチつかめなかった作品でした。 どうやら原作ファンの為のファンサービスのような映画だったように思われ。。。 原作者の京極夏彦もチラッと出てるし。 それ以上でも以下でもない作品になってしまったのは... more
Commented by chibisaru at 2007-07-14 05:28 x
原作はとても分厚い本です(笑)
何度も何度も「あれ?どこまで読んだっけ?」と読み返したり、長い台詞は本質は何を言いたいんだ?と一生懸命読まないとほんとに言いたいことがわからなかったり、かなりの読解力を要しますが、読んでいると面白いです(笑)
原作ファンの私が驚いたのは、あのわかりにくい世界をこんなに簡単に映像化できちゃったなんてスゴイ・・・でした(^^;
さすが実相寺監督、すばらしい♪
原作に興味をもたれたのでしたら、読んでみてもいいと思います。ツボにはまれば京極ワールドにとりこまれてしまうんじゃないかしら?
Commented by odin2099 at 2007-07-14 08:37
長い話は好きなんですけど、分厚い本は苦手です・・・。
でも映画の第二弾も出来ることだし、ブックオフでも漁りにいこうかなぁ。
キャスト、若干変るんですよね。
さて、どんな作品に仕上がることやら。
Commented by miyu at 2008-01-06 00:30 x
ん~、このシリーズはどう映像化しても
やっぱりムリって気がしちゃいます。
続編もあたしはダメでした(-o-;
Commented by odin2099 at 2008-01-06 08:45
原作分厚いですからねー。映像化はともかく、”映画”には向かないのかも知れませんね。
日本じゃあまり例がないですけれど、TVのミニシリーズなんかの方が良いのかな。

by Excalibur
ブログトップ