【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『バットマン』(1989)

もうじきシリーズ最新作が公開されるのにタイミングを合わせて、第一作目をTVで流していたので久々に見ました。マイケル・キートンの山寺宏一、内海賢二のジャック・ニコルソン、小山茉美のキム・ベイシンガーを始め、大塚周夫、田中信夫、江原正士、内田稔、大木民夫、藤本譲、飯塚昭三らベテランを揃えた<吹替版>は、実に安定していて楽しめますね。これがビデオ&DVD版だと渡辺裕之、デーモン小暮、宮崎ますみという妙ちきりんなトリオを起用しているので、どうにもこうにも居心地悪いんですが。どうせならDVD発売の際には、音源を差替えて欲しかったくらいです。
ただこのTV放送、W杯出場を決めたサッカーの予選中継と見事に被ってしまいましたので、宣伝効果は疑問です。途中で「出場決定」のニュース速報流れてるし(苦笑)。

e0033570_1581650.jpgそれにしても、もう公開から15年。自分の映画に対する見方も随分と変り、今ではジャック・ニコルソンの怪演を楽しむ余地が出てきました。
当時のメモを見ると、自分が望むヒーロー像とは異なるものの、バットマンそのものは肯定的に捉えているんですが、ジャック・ニコルソン演じるジョーカーには徹底的に嫌悪感を抱いた、とあります。登場人物が肉体的欠損を負うというシチュエーションが絶対的に駄目な自分にとって、ジョーカー誕生の件は正にそれ。ジョーカーにコミカルさを感じるどころか、本能的な恐怖感・嫌悪感からその存在を全否定しようと努めてしまい、極端な話、画面が正視出来ないくらいでした。それこそ彼が陽気に踊るシーンなど見せられた日には、映画館から逃げ出したくなるほどに。
今でもその傾向は強く、主人公が片腕を失う『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』や『スター・ウォーズ/エピソード2~クローンの攻撃~』、両腕を吹き飛ばされる『ロボコップ』あたりでさえ顔を顰めてしまいます。最初からそういった要素が予想出来るホラー映画、スプラッター映画などとは違い、曲りなりにもファミリー映画として公開している作品で描写されるということについては、決して慣れることは出来ないでしょう。
それでもこの作品に関しては普通に見られるようになったということは、感受性が鈍くなったということなのかもしれませんが、おそらくTV放送用にカットされていたという要素も大きかったのだと思います。また初見ではないので、ある程度免疫が出来たということなのかも。

そういえば、あちらでは当時、バットマン=ブルース・ウェインを演じるのがコメディアン(?)ということで不評だったらしいですが、日本じゃマイケル・キートンはさほど知名度もなかったからか、特に違和感なかったですね。あとで他の作品を見て、「そうか、こんな役も演じられるんだ」と逆に感心した覚えはありますけど。
[PR]
by odin2099 | 2005-06-12 21:25 |  映画感想<ハ行> | Trackback(9) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3202447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from mama at 2007-10-19 08:13
タイトル : バットマン
1989年:アメリカ 原作:ボブ・ケイン 監督:ティム・バートン 出演:マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ジャック・パランス、ビリー・ディー・ウィリアムズ DCコミックスの誇るスーパーヒーロー、バットマンと、悪が悪を生むゴッサム....... more
Tracked from まるっと映画話 at 2007-10-24 16:31
タイトル : バットマン
『バットマン』シリーズ1作目。 感想は…。あ~つまんない(*_*) オリジナルのコミックは知らないけど、 子供のころにアニメで少し見たイメージが残っていました。 それと比べると、とにかく暗い。画面が暗い! なにやってるか見えないじゃない!眠くなるじゃないの~!!! ..... more
Tracked from ひめの映画おぼえがき at 2008-06-30 00:49
タイトル : バットマン
バットマン 監督:ティム・バートン 出演:マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ジャック・パランス、ビリー・ディー・ウィリアムズ、パット・ヒングル、ロバート・ウール、マイケギ..... more
Tracked from ひるめし。 at 2008-07-19 11:51
タイトル : バットマン(DVD)
製作年:1989年 製作国:アメリカ 監 督:ティム・バートン 出演者:マイケル・キートン/ジャック・ニコルソン/キム・ベイシンガー 時 間:127分 No.1175 [感想] バットマンよりもジョーカーの方が目立ちまくり。 ジャック・ニコルソンはノリノリのやりたい放題の快演。 バットマンのマイケル・キートンは地味だったわ。 [関連作品] ティム・バートン監督作品・・・「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 マイケル・キートン出演作品・・・「ジャッキー・ブラウン」 満足度:★★★...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2008-07-20 11:18
タイトル : バットマン
【BATMAN】1989/12/公開製作国:アメリカ監督:ティム・バートン出演:マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ジャック・パランス、ビリー・ディー・ウィリアムズ、パット・ヒングル... more
Tracked from しーの映画たわごと at 2008-07-22 09:01
タイトル : バットマン
今回が初鑑賞ですが、中学の頃に公開していたのを記憶しています。だって、あまりにダサいコスチュームだったので、印象だけは残ってたんだよね。今まで観てなくて正解だったなって思いました。これって、アメコミ&ティム・バートンだったんだね。最初そんな感じはしなかっ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-10-11 20:09
タイトル : 「バットマン(1989)」 ジョーカー論
昨日観た「ダークナイト」のヒース・レジャーの演じるジョーカーに衝撃を受けたので、... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2011-07-19 01:09
タイトル : バットマン
2011年7月17日(水) 録画再生(BS プレミアム 2011年6月19日13:45放送) バットマン [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオメディア: DVD NHK BSプレミアムでのバットマン特集。 およそ20年ぶりに観た。 アダム・ウェスト主演のTVドラマのコメディ・バットマンに対し、ティム・バートンはダークなものを作った。 しかし、クリストファー・ノーラン版を観た今では、ジャック・ニコルソンのジョーカー含め、何とも中途半端な作品だ。 コメディの人マイケル・キー...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2012-01-18 09:39
タイトル : 「バットマン」
ジャック・ニコルソンのジョーカーだよね、めだってるのは。... more
Commented by 奈緒子 at 2007-10-24 16:34 x
TBありがとうございます♪
>渡辺裕之、デーモン小暮、宮崎ますみという妙ちきりんなトリオ
すごい笑っちゃいました!
彼らが適役だと思える時代だったんでしょうね。
将来的なことを考えて、キャスティングするべきですね
でも、デーモンはちょっと似合ってるかも(^_^;)
Commented by odin2099 at 2007-10-25 22:33
デーモン閣下はインパクトありますけど、渡辺裕之と宮崎ますみは中途半端ですよね。
そんなに話題づくりに貢献するとも思えないし、勿論吹き替えの実績を買われたわけでもないし(というか、経験あるのか?)。
3作目と4作目は、バットマン役がそれぞれヴァル・キルマーとジョージ・クルーニーに交代してますけど、どちらの声も竹中直人なのもギモン・・・。

by Excalibur
ブログトップ