【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ビッグ・フィッシュ』(2003)

e0033570_8312311.jpg父親は自分の人生をいつも面白おかしく語って聞かせるが、出生の瞬間から他人と違い、幼い頃に魔女と出会って自分の死に方を聞き、生まれ故郷ではスター扱いされ、やがて心優しい巨人と出会って旅立ち、その最中に不思議な街にさ迷い込む。サーカスで働いて不思議な体験をし、母となる女性と運命的な出会いをした後、戦場で大活躍し、セールスマンとしても成功をおさめ・・・という波瀾万丈のエピソードの殆どはホラ話。小さい頃は喜んで聞いていた息子も、成長するにつれそんな父を理解出来なくなり、やがて疎遠になってしまう。しかし父が死期を迎えた今、息子は父親の本当の姿を知りたいと願うようになるのだが、相変らずホラ話を繰り返すばかりの父。だがやがて・・・。

最後は父子の和解というお定まりの結末へと向かうのだが、父親の奔放なイマジネーションの世界に、結局はそれを嫌っていた息子が染まっていき、そして父親のホラ話が単なるホラ話ではなかったことに気付くラストには、不覚にもホロっとさせられた。荒唐無稽といってしまえばその通りだが、見ていると画面に、作品世界の中へ引き込まれてしまう柔らかさ、優しさに満ちた作品である。

e0033570_8315056.jpg父親の若かりし頃を演じたユアン・マグレガーが好演。『スター・ウォーズ』ではアレック・ギネスの若き日を演じている彼が、ここでは”若い”アルバート・フィニーの役なのは少々無理があるように思えるが、見ているうちに段々と気にならなくなってはくる。というよりもむしろ、”老いた”ユアン・マグレガーであるところのアルバート・フィニーの方に違和感がある、というべきだろうか。ただ、ハイスクール時代もユアン・マグレガーが演じているのはちょっと笑ってしまう。その点、『マッチスティック・メン』で24歳にして14歳の少女を演じきったアリソン・ローマンには、女子大生(母の若かりし頃)なんてお茶の子さいさい(?)だ。そして彼女が歳を経てジェシカ・ラングへと変わってゆくのは、何となく納得してしまうのだが・・・。

映画館で見逃したのでDVDで鑑賞したが、吹替版キャストは森川智之、石田太郎、平田広明、唐沢潤、佐藤しのぶといった面々。”ユアン・マグレガー=森川智之”の組み合わせは作品数も多いが、これはなかなかの填り役で安心である。
e0033570_831293.jpg
[PR]
by odin2099 | 2005-05-28 23:20 |  映画感想<ハ行> | Trackback(9) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3202873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from the borderla.. at 2006-09-07 23:08
タイトル : 「ビック・フィッシュ」
【ネタバレです】 ほら吹きの父親エドワード(アルバート・フィニー&ユアン・マクレガー)に愛想つかした息子ウィル。父の死期が近づき、本当の姿を知りたいと願うが・・・ 父親の脚色に包まれたちょっと不思議な話の真実(大げさなもんじゃないけど)が回想シーンと現実を行き来しながら、少しずつ見えてくる。この間が、本当におとぎ話を聞いていて、話の続きが気になるのと同じで絶妙やと思いました。しかもどの話も楽しいんだなこれが。 湯船の中で、エドワードと奥さんが抱き合うシーンは、愛情の深さが伝わってきて...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-09-08 01:39
タイトル : 映画『ビッグ・フィッシュ』
原題:Big Fish  -父と息子のファンタジーワールド- ティム・バートン監督の最高傑作といって間違いないと言いたい。ファンタスティックな感動作品で文句の付けようもない。ジャーナリストのウィル(ビリー・クラダップ)とジョセフィーン(マリオン・コティヤール)の結婚... more
Tracked from えいがの感想文 at 2006-09-08 17:38
タイトル : ビッグ・フィッシュ
ティム・バートン監督 ユアン・マクレガー主演 「ビッグ・フィッシュ」。 思いっきりファンタジーで色彩が眩しいくらい鮮やか、 みんしるさんがラジオで思い出し泣きしてたんで、いつか見ようと思ってましたが、 正直、、、んーーーーーって感じでした。 同監督の「シザー・ハンズ」とか最高に良かったんだけど、 何でだろう?今回のはちょっと入り込めず、最後の15分以外は退屈でした。 最後の父子の関係を見せたかったわけで、それまでながーーい前振りを見せられたような感じだった。 小物なんかは「古き...... more
Tracked from ヒューマン=ブラック・ボ.. at 2006-09-09 23:31
タイトル : 映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュビッグ・フィッシュを観た。 今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコレート工場」だった。 ... more
Tracked from 萌映画 at 2006-11-12 00:03
タイトル : ビッグフィッシュ(2003)
予告編見たときも別に見る気無く、父と子の物語ってきいててますます見る気をなくしたのだが評判がよいので見てみることにした。 結構いいじゃん。 やはり「父と息子の物語」であって、製作者関係者が口々に自分の父と重ねてたりするのだが(特典映像・メイキングがついてた)、あいにくrukkiaにはそーいう父・息子関係は想像の外であってよくわからない。でも、そんなテーマなのにじめじめせずどろどろもせず語れるところがこの映画のよいところなのでは? と思ったりしたり…。 ティム・バートン、結構好きかも、と思った。 ユア...... more
Tracked from レンタルだけど映画好き  at 2007-09-17 13:58
タイトル : ビッグフィッシュ
ファンタジー/ドラマ/コメディ 2003年 アメリカ 監督 ティム・バートン  出演 ユアン・マクレガー/アルバート・フィニー/ビリー・クラダップ/ジェシカ・ラング/ヘレナ・ボナム=カーター/アリソン・ローマン/ロバート・ギローム/マリオン・コティヤール/マシュー・マッグローリー/ミッシー・パイル/スティーヴ・ブシェミ/ダニー・デヴィート/ダニエル・ウォレス  原作 ダニエル・ウォレス 人生なんて、まるでお伽噺さ。 その大切さに気づいたのは最期のときだった というのが公開時コピーだっ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-02-18 21:11
タイトル : ビッグ・フィッシュ
 コチラの「ビッグ・フィッシュ」は、ちょこっと出演もしているダニエル・ウォレスの「ビッグ・フィッシュ 父と息子のものがたり」をティム・バートン監督が映画化したヒューマン・ファンタジーです。主演は、ユアン・マクレガー。確かに、このお話だったらジョニデってワ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2010-01-10 21:51
タイトル : ビッグ・フィッシュ
その大切さに気づいたのは、最期のときだった。 ... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2010-08-09 15:32
タイトル : ビッグ・フィッシュ
ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] 「ビッグ・フィッシュ - Big Fish -」 感想 父と息子の和解 子どものころ父親エドワードの不思議な話を聞くのが大好きだったウィル ウ...... more
Commented by borderline-kanu at 2006-09-07 23:19
こんばんは。『マッチスティック・メン』でアリソン・ローマンが24歳とは知らずに、あとで聞いてびっくりしました。でも確かに、彼女がジェシカ・ラングになっても不思議な感じはしませんでしたね~ カヌ
Commented by odin2099 at 2006-09-07 23:27
カヌさま、いつもどうも!
『マッチスティック・メン』ではすっかり騙されてしまいましたが(笑)、
それに比べると今回は年齢相応なんでしょうか。
ある意味でカメレオン女優なのかもしれません。
ジェシカ・ラングとはそれほど似てるという感じではなかったのですが、
映画では不思議と納得させられてしまいましたね。
Commented by jamsession123go at 2006-09-09 23:32 x
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
ティム・バートンの雰囲気むんむんの映像満載の映画なので、観る人を選ぶかもしれませんね。
好きな人は大好きな映画だと思います。
Commented by odin2099 at 2006-09-09 23:39
jamsession123goさま、いらっしゃいませ。
わざわざ有難うございます。
この映画、最初は取っ付き難いかなぁと思ったものですが、
気が付くといつの間にか惹き込まれていました。
ただ、仰るとおり見る人を選ぶタイプの作品でしょうね。
自分もティム・バートン作品を100%受け付けられるわけではありませんし(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ