【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『異教の女王』<アヴァロンの霧>1 マリオン・ジマー・ブラッドリー

e0033570_0165510.jpg<アヴァロンの霧>の第一部。といっても厳密にはシリーズものではなく、長大な原書を便宜的に四分冊した1冊目。
語り手は妖姫モーガンで、女性主観の<アーサー王物語>ということになる。

人物設定や人物描写には著者独自の解釈、アレンジも多く、”マーリン”が個人名ではなく肩書となっている点は面白い。
ガラハッドが”湖の貴婦人”ヴィヴィアンの息子で、他人からはランスロットと呼ばれている・・・というのは混乱してくる(一般的にガラハッドはランスロットの息子の名前だ)が、アーサーがウーゼルとイグレインの不義の子というイメージが抑えられているのは女性ならではなのかも。
ただ、イグレインの変心ぶりに付いていけないのも、著者が女性だからなのだろうか。
[PR]
by odin2099 | 2005-01-16 00:05 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3235422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ