【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『月のひつじ』(2000)

1969年7月に行われたアポロ11号のミッション。人類初の月面歩行の映像を全世界に中継したのは、なんと!羊しかいないオーストラリアの片田舎パークスにあるアンテナだったのだ!という、実話に基づいた映画だそうである。

歴史的な大偉業に参加することになって、街は大騒ぎ。一方天文台では、所長をはじめ地元の科学者たちが、NASAから派遣されてきたエリート科学者と気まずい雰囲気に。だがそんな中で打ち上げられたアポロ宇宙船は順調に飛行を続け、パークス天文台も無事に役目を果していた。
ところがある日、突然の停電に予備システムが作動せず、アポロを見失ってしまうというとんでもない事態が起こる。これがバレたら任務からはずされてしまうと考えた一同は、NASAに大ウソをついて必死に手計算を行い、最後には月を基準にアンテナを動かしてなんとか再補足に成功。このことをキッカケにメンバーの結束も固まってゆく。
そして遂に歴史的瞬間の時がやってきた。しかしここで天候が急変する。風速15メートルまで耐えられる設計のアンテナだが、とうとうその風速は25メートルに。アンテナを動かせば、下手をすると倒壊の可能性もある。はたして彼らは、その「瞬間」の映像を世界に送り届けることが出来るだろうか?

アメリカ大使を迎えた歓迎パーティで、アメリカ国歌と間違えてアメリカのTVドラマ『ハワイ 5-0』のテーマ曲を演奏してしまったり、アポロ宇宙船を見失ってテンヤワンヤの天文台を突然訪問した大使に、NASAと宇宙船との交信を聞かせて欲しいと言われ、トランシーバーを使ってニセの交信を演じてしまったりと、どこまで本当のことなのかと呆れてしまったが(実際、ほとんどのエピソードはフィクションのようだ)、なかなか上質のコメディである。今は年老いた天文台所長の回想で綴られる構成も良く、ラストはほろりとさせられる。
e0033570_11324463.jpg   × × × ×

というわけで、公開当時に見た時の感想を「しねま宝島」より転載。相変わらず手抜きしておりますが、今回見直した際の感想も殆ど同じである。
「真実の物語である」と宣言しておきながら、その実フィクションばかりというのは反則だと思うが、街をあげての大騒動だったのは間違いないところ。サム・ニールを始めとする役者陣の好演、それに音楽の素晴らしさと合せて、やはり良い映画だなぁと改めて感じた次第だ。
[PR]
by odin2099 | 2006-05-09 22:00 |  映画感想<タ行> | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3397876
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from emeの映画紹介+α日記 at 2006-05-12 19:34
タイトル : 元気の出る映画「月のひつじ」(2000年・豪)
原題:TheDish監督:ロブ・シッチ 主演:サム・ニールやはり何度、見ても感動しますね、人類初の月着陸のシーンは。映画そのものは、ちょっと、のんびりしているというか、初めのうち、もたつく感じがしないでもないんですが、トラブルが発生する辺りから、がぜん面白く...... more
Tracked from Happyになれる映画を.. at 2006-05-16 11:36
タイトル : 月のひつじ【2000・オーストラリア】
ジェネオン エンタテインメント 月のひつじ コレクターズ・エディション ★★★★★ アポロ11号による人類初の月面着陸の模様を世界中に生中継したオーストラリアの片田舎パークスにある巨大なパラボラアンテナに基づく実話を映画化。 アポロ11号が月面着陸し... more
Tracked from Akira's VOICE at 2006-08-12 18:14
タイトル : 月のひつじ
衛星(BS)放送で鑑賞。 ... more
Tracked from FEEL ambival.. at 2006-08-17 19:58
タイトル : 「THE DISH」(邦題:「月のひつじ」)
劇場で見たのは随分前のこと。 スクリーンに「文部科学省推薦」と映ったのを見て思わず笑っちゃったっけ。 DVDで改めて見たけれど、やはりこの作品は本当に感動する。 舞台はオーストラリアの片田舎。 時代は1969年7月。 世界中がひとつのプロジェクトに注目していた。 華々しい成果の裏には必ず、縁の下の力持ちが。 いま、ちょうど見終わったところなのだけれど。 うまく言葉にできない。 この作品が放つ「ほのぼのオーラ」はホント秀逸。 なんのことはない、普通の「ヒューマンコメディ」なんだろうと思う。 ...... more

by Excalibur
ブログトップ