【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『花咲ける騎士道』(2003)

ジェラール・フィリップとジーナ・ロロブリジータ主演の1952年に作られた同名映画のリメイクです。
本当はこちらの方に関心があったのですが、やはりオリジナルを見ておいた方が良いだろう、と先にオリジナル版を鑑賞。ちょっと時間が空いちゃいましたが、ようやくこちらも見ることが出来ました。
こちらの主演はヴァンサン・ペレーズとペネロペ・クルスで、絵に描いたような美男美女というタイプのオリジナルの二人に比べると、こちらのコンビは随分と親しみやすいというか、チャーミングな感じがします。

e0033570_1615264.jpgお話は概ねオリジナル通りでして、特に前半部分は脇のキャラクターをいじってる程度なんですが、クライマックスからラストにかけてはかなり大胆にアレンジを施しています。
特にルイ15世がアドリーヌにゾッコンで追い掛け回すといった脇筋がなくなった分、オリジナルほどややこしく入り組んだ構成にもならずに、展開に無理がないというか全体にスッキリした印象が残ります。

オリジナルが名作との誉れが高い分、このリメイク版には否定的な意見も聞かれますけれど、現代的なアレンジはあるものの、決してオリジナルを貶める出来ではなく、むしろ自分の感覚にはこちらの方が合っているかなぁと思いました。
これから見てみようかなと思われる方は、新旧両作品を見比べてみるのも楽しいかと思います。
[PR]
by odin2099 | 2006-05-13 22:59 |  映画感想<ハ行> | Trackback(7) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3424713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【徒然なるままに・・・】.. at 2006-05-13 23:03
タイトル : 『花咲ける騎士道』(1952)
女たらしのファンファンは、ある女性との結婚を強要され逃げ出し、ジプシー女に化けたアドリーヌの占いに騙され軍隊へ。ところがアドリーヌは、実は軍の徴兵係の娘だった。しかしファンファンは、「いつか王女と結婚する」というその占いが気に入っており、ある日王女に会おうと部屋へ忍び込んだところを捕らえられ、死刑を宣告されてしまう。いつしかファンファンを愛するようになっていたアドリーヌは、国王ルイ15世に直接助命嘆願をして聞き入れられたのだが、今度は国王がアドリーヌに夢中になって・・・というフランス製の活劇。 ...... more
Tracked from MOVIE SHUFFL.. at 2006-05-17 01:25
タイトル : 花咲ける騎士道
『FANFAN LA TULIPE』 フランス/2003 監督:ジェラール・クラヴジック 出演:ヴァンサン・ペレーズ ペネロペ・クルス ディディエ・ブルドン     エレーヌ・ドゥ・フジュロール ミシェル・ミューラー     ジェラール・ラロシュ フィリップ・ドルモワ 公開時コピー 命を賭けても、助けに行く 1952年にヒットした同名映画のリメイク。 脚本・制作にリュック・ベッソン、監督は「WASABI」「TAXi2」「TAXi3」のジェラール・クラウジック。 出演は...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-08-14 02:39
タイトル : 「花咲ける騎士道」(FANFAN LA TULIPE)
ひらりんがお気に入りのペネロペ・クルス出演作品。 (主演とは呼べないかも) 中世フランスの色男が繰り広げる、どたばたラブ・ストーリー。 ペネロペはスペイン人なのに全セリフをフランス語で。 テンポ感があって、なかなか楽しめる。 そして、ペネロペはキュート。 これを見れば、あなたもペネロペファンになっちゃうかも・・・ 映画の詳しい内容・解説は映画専門サイトなどをご参照ください。 ひらりんのgooのHPにも遊びに来てね!... more
Tracked from NO MOVIE, NO.. at 2006-08-14 07:54
タイトル : 花咲ける騎士道
そーか、リュック・ベッソンの脚本なのか。 そんな雰囲気なかったので気づかなかったけど、今にして思えば、中盤以降がなんとなーくベッソンぽかった、かも。 なんといっても、フランス語を離すペネロペ・クルスに釘付け。 いや、特に好きな女優とかいうわけではないのだけど、スペイン語を話すペネロペ、もしくは、スペイン語訛りの英語を話すペネロペ、っていうイメージがあるので、フランス語となるとなんか新鮮で、英語よりも上手いのだろーかとか思いつつ観てしまった。 そういえば初めてペネロペを観たのは「ハモンハモン」で、ある...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2007-09-02 22:03
タイトル : 『花咲ける騎士道』
監督:ジェラール・クラヴジック 脚本:ジャン・コスモス/リュック・ベッソン 出演:ヴァンサン・ペレーズ/ペネロペ・クルス ご存知 ジェラール・フィリップ主演の1952年作品のリメイク。 白黒だった世界が鮮やかなカラーで甦った。 <あらすじ> 15世紀・・革命直..... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2011-04-19 03:27
タイトル : 『花咲ける騎士道』(2003年)。。。
2003年:フランス映画、ジェラール・クラウジック監督、ヴァンサン・ペレーズ、ペネロペ・クルス、エレーヌ・ド・フジュロル、 ディディエ・ブルドン、ミシェル・ミューラー出演。 ≪DVD観賞≫... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2011-08-01 00:20
タイトル : 花咲ける騎士道
2011年7月31日(日) 録画再生(BS 2 2010年6月18日13:00放送) 花咲ける騎士道 スペシャル・エディション [DVD]出版社/メーカー: アスミックメディア: DVD ジェラール・フィリップ主演作のリメイク。ジェラール・フィリップ映画祭というのをテアトル系で何度か上映していたが、一回も観に行かなかった。ので、オリジナルは知らない。 本作は、冒頭にEUROPAのマークが出てくるので、リュック・ベンソン軍団かよと、少し諦めの境地。 しかし、諦めた分、それなりに楽しめた。 ...... more
Commented by crann at 2006-05-16 23:07
crannです、続けてコメント失礼しますね。

この映画は観たかったのですが、まだなんです。
私が見るツボは衣装と建築になってしまうと思うのですが(苦笑)
忘れていたのを思い出せていただきました。
今週末はこれを探しましょう!
Commented by odin2099 at 2006-05-16 23:28
ヴァンサン・ペレーズ、ちょっと頭の方が寂しいのが・・・(苦笑)。
ペネロペ・クルスは、なかなか愛嬌があって良いと思います。
どうぞご覧になって下さい。
Commented by ひらりん at 2006-08-14 02:41 x
TBありがとうございます。
ペネロペファンのひらりんとしては、なかなか楽しめる作品でした。
フランスものの割には、すっきり爽快な感じでしたね。
Commented by odin2099 at 2006-08-14 22:58
>ひらりん様

オリジナル版共々、気楽に楽しめるのが良いですね。
ペネロペ・クルス、良かったです♪
Commented by マダムS at 2007-09-02 22:09 x
HNも違う頃に書いた記事にトラコメ有難うございます♪
恥ずかしいやら嬉しいやら・・恐縮です(笑)
ペネロペの最近の活躍を思うと、この頃はまだまだのような気もしますが、健気にフランス語も操って頑張っていましたよね^^
ジェジェのオリジナルの方も楽しい作品ではありますが、コメディー度はこちらの方が上かもと思いましたよ(笑)
Commented by odin2099 at 2007-09-02 22:19
それはどうも失礼致しました。
この作品を取り上げているブログって、残念ながらあまりないんですよね・・・(苦笑)。
オリジナル共々もっと話題になって欲しいなぁと思ってはいるのですが。

大体リメイク版はオリジナルに比べて評価が低くなる傾向が強いですが、この作品なんか良い勝負してるんじゃないかなぁと個人的には思います。
でも主演コンビの”格”でオリジナル版に軍配が上がってしまうんでしょうなぁ。

by Excalibur
ブログトップ