【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団』(1977)

『ダンガードA』は一世を風靡した「マジンガー」シリーズの流れを汲むロボットアニメで、「マジンガー」や「ゲッターロボ」などを担当したスタッフやキャストがそのままスライドしています。ただし、原作者に永井豪に替わって松本零士を招いて新機軸を打ち出そうとしているのが特色です。番組がスタートして半年足らずで劇場版の『宇宙戦艦ヤマト』が大ヒットした訳ですから、これは製作側の先見の明と言っても良いのかもしれません。

e0033570_2323344.jpgこの作品はそのTVシリーズを離れた番外編的な劇場用作品で、ドップラー総統を始めとするレギュラー悪のキャラクターも登場せず、宇宙からの侵略者と戦うダンガードAの活躍を描いたもの。ダンガードAの基地であるジャスダムが宇宙母艦として発進するというのがポイントで、これはTVに先駆けてのお披露目となりました。
「ヤマト」の主題歌を髣髴とさせる挿入歌も(歌っているのはどちらも「ささきいさお」)、この作品が初お目見えのはずです。

ただ<東映まんがまつり>の看板であった劇場版「マジンガー」シリーズほどの娯楽性は感じられず、また松本零士色の希薄なため、純粋に『ダンガードA』のファンでなければ楽しめないでしょう。

なお、演出を何故か明比正行と連名で鬼才・石井輝男が担当していることから、一部カルト的な知名度を誇っているようです。
[PR]
by odin2099 | 2006-05-17 06:11 |  映画感想<ワ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3448190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ