【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『プロデューサーズ』(2005)

e0033570_22593684.jpgかつては持て囃されたものの、今は落ち目となったプロデューサー。一方、密かにプロデューサーになる夢を持っている小心者の会計士。ある時二人は、むしろ失敗作を作った方が儲かるというカラクリを発見し、手を組むことになります。
最低の台本を探し、最低の演出家を選び、そして最低の出演者たちを集めて、後は大コケになることを待つばかり。ところが、いざ蓋を開けてみると思わぬ評判を呼んでしまい・・・というコメディ映画で、製作・脚本・作詞・作曲をメル・ブルックスが手掛けています。
彼の、1968年に作られた監督デビュー作を、2001年にブロードウェイでミュージカル化したところ大評判。今回は再映画化ではありますが、ミュージカル仕立てになっているので前作とは別物と考えた方が良いでしょうか。

e0033570_11293943.jpg主演のネイサン・レインとマシュー・ブロデリックの二人は、舞台版でも同じ役を演じているということでキャラクターを完全に把握しているようですし、歌もお見事。またユマ・サーマンやウィル・フェレルら脇を固める面々も皆怪演していますので、最初から最後まで楽しめます。
もう少し能天気な、抱腹絶倒という内容なのかなと思っていたのでその点はちょっと期待していたのとは違っていましたが、カーテンコールもあって、これは映画というよりも舞台を見た感じですね。
[PR]
by odin2099 | 2006-05-18 21:35 |  映画感想<ハ行> | Trackback(9) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3458347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2006-05-18 23:58
タイトル : プロデューサーズ
ブロードウェイまでは、 なかなか行けないので、 映画館で、気分を味あわせて もらってきました。 私はミュージカル好きなので、 結構楽しめました。 落ち目のプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の 帳簿を調べに、小心者の会計士、レオ(マシュー・ブロデリック)が やって来ます。マックスの大赤字の帳簿を見たレオは、 一晩でコケるショーを製作すれば、出資者に配当金を 払わなくて済むので、大儲けできるのではないかと気付きます。 そこで、2人は「最低の脚本」「最低の演出家」「最低の...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-05-19 15:08
タイトル : 映画「プロデューサーズ」
映画館にて「プロデューサーズ」★★★★ これぞまさにエンタテインメント! ブロードウェイでミュージカルを見る機会がない者にとって、この映画はまるで本当の舞台を見ているような気分にさせてくれた。舞台を映画化する際に、“映画ならではの演出”を加えるのもいいけれども、この作品では“舞台そのまま”という感じ。それが物足りない方もいるかもしれないけれど、私にはそれがとても良かった。 ストーリーは本当にふざけていて、「一晩で大コケする史上最悪なミュージカル」を作って制作費を持ち逃げしようと企むプロデューサー...... more
Tracked from OmuhaCinema at 2006-05-19 19:42
タイトル : プロデューサーズ
   映画の宣伝文句の中に「オペラ座の怪人」や「シカゴ」を抜いてトニー賞を多く獲得したという「プロデューサーズ」、映画で拝見した、ミュージカル映画として最も全体でよくできていると思ったのは「プロデューサーズ」だ。 なざなら“エンターテイメント・ミュージカル”という言葉がとてもふさわしいと思ったらである(しかし悲劇もまた良いものである、それは考えさせられるテーマが重視されているからだ。 だから実のところ見て得るものはどちらとて大きいことには相違ない)。   落ち目のミュージカル・プロデューサー マッ...... more
Tracked from まぁず、なにやってんだか at 2006-05-22 23:29
タイトル : プロデューサーズ
レディースディのレイトショーで、期待の「プロデューサーズ」を観ました。さぞや混んでいると思いきや20名ほどの入りでした(少なっ)。 オープニングの金管楽器の演奏と、ネオンの明るさでワクワク感が高まります。 「面白い」と評判だったので、最初から笑いを期待していたのですが、小ネタはあるものの、想定内のネタなので、私にはもの足りません。 フランツ(ウィル・フェレル)が登場するあたりでは、笑うというより、あまりの変人ぶりにドン引きしてしまいました。冒頭からここまでは、笑いを楽しむというより、ミュージ...... more
Tracked from honu☆のつぶやき 〜.. at 2006-06-07 07:14
タイトル : 『プロデューサーズ / THE PRODUCERS』 ☆..
メル・ブルックス監督が1968年に作った映画作品を、2001年ブロードウェイでミュージカル化し大ヒット!トニー賞では史上最多12部門を獲得。その作品を再度映画化。 公開されてからだいぶ経ってしまって、早くしないと終っちゃうんじゃないかとハラハラしてたけど、ようや...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-11-10 21:37
タイトル : プロデューサーズ
 『<最低>のはずが、<最高>の傑作に− それはブロードウェイの神様のイタズラ。』  4/8公開のコチラの映画を試写会で観て来ました♪いやぁ〜最高に楽しませてもらっちゃいましたよぉ〜♪1968年にメル・ブルックス監督のオリジナル版の映画があって、その後2001年4....... more
Tracked from がちゃのダンジョン 映画&本 at 2007-11-12 01:15
タイトル : プロデューサーズ
『プロデューサーズ』 (2005) THEPRODUCERS上映時間134分製作国アメリカジャンルミュージカル/コメディ『オペラ座の怪人』『シカゴ』ですら獲ることができなかった、トニー賞12部門、史上最多受賞のブロードウェイ・ミュージカルが完全映画化!!アメリカ喜劇王メル・ブ...... more
Tracked from 虫干し映画MEMO at 2007-11-15 22:24
タイトル : プロデューサーズ (2005/アメリカ)
THE PRODUCERS 監督: スーザン・ストローマン 製作: メル・ブルックス     ジョナサン・サンガー  出演: ネイサン・レイン    マックス・ビアリストック     マシュー・ブロデリック    レオ・ブルーム     ユマ・サーマン    ウーラ     ウィル・フェレル     フランツ・リーブキン     ロジャー・バート     カルメン・ギア     ゲイリー・ビーチ     ロジャー・デ・ブリー  ブロードウェイの落ち目プロディーサー、ビアリストックが...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2008-04-03 23:29
タイトル : 『プロデューサーズ』を観たぞ〜!
『プロデューサーズ』を観ましたトニー賞史上最多受賞記録を樹立した傑作ミュージカルを舞台オリジナルキャストで映画化したミュージカル映画です>>『プロデューサーズ』関連原題:THEPRODUCERSジャンル:ミュージカル・コメディ製作:2005年・米上映時間:134分監督:ス...... more
Commented by はぎお at 2006-05-18 22:01 x
TB&コメントありがとうございました。わたしもTBさせていただきました。
よく考えると結構台詞は下品ですよね(笑)でもそこはハリウッド的笑いで上品になっていた、面白い作品です。
Commented by odin2099 at 2006-05-18 22:22
おお、素早いレスポンス!有難うございます♪

「座ってるけど立っている」とか、台詞は結構際どいです(笑)。
でも「全てを見て!」とか歌ってる割に、
ユマ・サーマンの露出は少ない(爆)。
Commented by rainbowage at 2006-05-18 23:14
TBありがとうございました。この作品、音楽が気に入ってサントラを聴きまくっています。
マックス&レオはもちろん、脇役のロジャー&カルメン、フランツなどなどキャストもとても魅力的☆で好きなミュージカル映画のひとつになりました。いつか、舞台も観てみたいです。
Commented by cinema-can at 2006-05-18 23:58
楽しいミュージカルでしたよね〜。
ホントに舞台を観ているような感じでした。
エンディングにかかっていた歌も爆笑だったし、
最後まで楽しませてくれる作品でした。
でも、やっぱり本物の舞台はすごいんだろうなぁ〜!
Commented by ミチ at 2006-05-19 15:11 x
こんにちは♪
TBありがとうございました。
あまり映画的手法は入れずに舞台を見る感覚にさせてくれたのが私にはありがたかったです。
主役の2人は役を完璧に自分のものにしていましたし、脇の方たちも芸達者でよかった~。
楽しめました!
Commented by odin2099 at 2006-05-19 22:38
>にじ様

音楽、良かったですね~。自分もサントラ買っちゃおうかなぁ。。。
ウィル・フェレルがあんなに歌える人だとも思わなかったし(汗)。
Commented by odin2099 at 2006-05-19 22:42
>ルナ様

最後にメル・ブルックスが登場するというのも洒落てましたね。
スタッフ、キャスト共に「愉しんで作ったんだなぁ」というのが伝わってきます。
Commented by odin2099 at 2006-05-19 22:42
>ミチ様

クローズアップなど画面の移動も少なかったですし、
ワイプなどの編集テクニックも使っていませんでしたね。
平板といえば平板ですが、落ち着いて見ていられました。
Commented by がちゃ at 2007-11-12 01:11 x
TBありがとうございました♪
確か今 日本でも、誰かがこれのミュージカルやってますよね~。
これからやるんだったか、。V6no[井ノ原快彦・長野博だったかな?
楽しい映画でしたね♪ユマ・サーマンのおバカ金髪美人ぶりはちょっと違和感あったんですけど~。
Commented by odin2099 at 2007-11-12 21:11
>がちゃさん

井ノ原&長野コンビで再演してるようですね。ちょっと観てみたいかも。
ユマ・サーマン、『Gガール』よりはこちらの方が弾けていて良かったな、と思いましたが(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ