【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『小さき勇者たち/GAMERA』(2006)

e0033570_116472.jpg通算12作目、角川映画になってからは初めての「ガメラ」です。
劇中では1973年に満身創痍のガメラがギャオスを道連れに自爆した、という前史が語られますが、これまでの作品とは一切関連性を持たない独自の世界観に基づいています。
あまり良い評判は聞きませんし、興行的にもかなりの苦戦を強いられているようですが、なかなかどうしてジュブナイルとして充分楽しめる作品に仕上がっていると思います。確かに、あの金子修介監督による平成版3部作を見せられた後ではギャップも大きいでしょうが、目指す方向性がそもそも違うようですし、昭和「ガメラ」のことを思えばそれもありなのかな、と思えます。

e0033570_1171272.jpgただこれは平成版『モスラ』にも言えることなんですが、手垢の付いたキャラクターでファンタジーやジュブナイルをやろうとするのは、どうしても無理があります。それは昔のイメージを意識的にせよ無意識にせよ投影してしまうからで、それが新たな世界観へ入り込むための障壁になるのです。
この作品も、「ガメラ」映画を見に来た、という人には色々と引っ掛かりが出てしまうでしょうね。
[PR]
by odin2099 | 2006-05-21 18:45 |  映画感想<タ行> | Trackback(8) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3476223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 君らしく 僕らしく・・・.. at 2006-05-21 19:33
タイトル : 小さき勇者たち~ガメラ~観てきました
 ガメラは少年のために。... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-05-21 21:54
タイトル : 小さき勇者たち 〜GAMERA〜 06年100本目
小さき勇者たち 〜GAMERA〜 田崎竜太 監督 ありがとう! あたしのG3 に対する昔年のわだかまり、ほぼ解消しました! 京都から志摩まで、ず〜っと戦ってきたんでしょ? その間に、あれだけいっぱいいたギャオスも、残りわずかになったんでしょ? そして最後に、...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2006-05-22 09:57
タイトル : 小さき勇者たち 〜ガメラ〜
「平成ガメラ」好きとしては物足りない映画でした。 何もかもが中途半端すぎる・・・ ... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-05-25 23:24
タイトル : ★小さき勇者たち-GAMERA-@品川プリンスシネマ:5..
ブログをり移転したはいいが、いくら忙しくとも「リニューアルのごあいさつ」以外、新... more
Tracked from しょうちゃんの映画ブログ at 2006-11-05 12:23
タイトル : 映画「小さき勇者たち ~GAMERA~」
DVDで観ました。「劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL(エピソード ファイナル)」の田崎竜太監督作品。人気怪獣キャラクター“ガメラ”を新たな視点から描いた冒険ファンタジー。ひょんなことから生まれたばかりのガメラを育てることになった少年とガメラとの心の交...... more
Tracked from Subterranean.. at 2006-11-06 12:45
タイトル : 小さき勇者たち ~GAMERA~
監督 田崎竜太 主演 富岡涼 2006年 日本映画 96分 特撮 採点★★★ 「こんな怪獣映画が観たかった!!」と唸らせた平成ガメラシリーズ。“怪獣はおっきくて怖い”という基本を思い起こさせた怪獣表現の素晴らしさのみならず、現実に怪獣が現われた場合の国家の動きをシュミレ..... more
Tracked from くんだらの部屋 at 2006-11-28 21:33
タイトル : 小さき勇者たち −ガメラ− ( 2006 / 日本 )
先日 小さき勇者たち −ガメラ− を観た! 対象年齢15歳以下?の、ずいぶんメルヘンチックな映画にしたんだな〜 なんて思いながら・・・ しかしこの映画で、平成ガメラ三部作以来、自身の中でくすぶっていた一つの謎が解かれました。そういう意味で言うと、この映画は 平...... more
Tracked from 村をんなの日常 at 2007-07-14 22:48
タイトル : 田崎ガメラ
 今日、テレビ大阪で田崎監督の「小さき勇者たち~ガメラ~」見ました。  なんかず... more
Commented by しゅう at 2006-05-21 19:44 x
 こんにちは。先にTB送らせてもらいました。先日私もガメラ観てきました。昭和とも平成とも異なるガメラで、違和感はありました。
 でも、「ガメラは子供(友達)」という昔からあったイメージは本作では色濃くでていたような気がします。
Commented by odin2099 at 2006-05-21 19:53
>しゅう様

ありがとうございました。
金子監督らが参加する前の平成ガメラのプロットは、
今回の作品に近かったような気がします。
ということは映画製作会社としては
本来「ガメラ」にこういう方向性を求めていたのかも知れませんね。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2006-05-21 22:03 x
こんばんは!いつもありがとうございます!
この映画は、ガメラではあるけれど、全く新しい映画と受け止めました。
だから、この映画を正しく評価出来るのは、以前のガメラシリーズを語ることが出来ない人だけ?
そんな風に感じました。
もう、最初のシーンだけで満足!って感じでしたねぇ、、、
Commented by odin2099 at 2006-05-21 22:20
>猫姫さま

やっぱりこの映画の主役は
「ガメラじゃなくトトなんだ!」
ということなのかも知れませんね。

それにしても、アバンはなんで1973年なんだろう?
お父さんの年齢設定のため?
1973年といえばウルトラマンタロウが活躍していた年で(笑)、
ガメラは眠りに就いていた頃なんですけどね(苦笑)。
しかも「33年前」というのもえらく中途半端だなぁと思いました。
Commented by minaringo at 2006-05-23 01:10
こんばんわ!TBありがとうございました。
わたしなどは、前のガメラにさほど思い入れのない分、すんなり楽しめたクチです。
今回は昭和ガメラの平成バージョンで、金子監督のシリアスバージョとはまた違う、という感じでしょうか。
おそらく、これがガメラではなく、別の新しい怪獣キャラであれば、それなりの評価もされたかもしれませんし、もともとそういう企画もあったのではないかと妄想してしまいます。
ただその場合、もっと「評判」にはなっても、「話題」にはならなかったような気もし、「オトナの事情」の複雑さを感じてしまいます。
あと、「妖怪大戦争」といい、その他のドラマでもそうですが、「母親」の出番がないというのは、近年のトレンドなんでしょうか?
Commented by odin2099 at 2006-05-23 22:43
>minaringo様

ありがとうございました。
自分も「ガメラ」には思い入れがないので、どうアレンジされてもそんなに不満があるわけではありません。
でも今回のデザインはちょっと退きましたけど・・・(苦笑)。

母親不在、う~ん、なるほど・・・。
そういう視点から物語を捉えてはいなかったですねぇ。
元々この手のドラマは、親や家族が不在の方が転がしやすいんだと思いますが、
今回は麻衣ちゃんとお母さんの関係が、チラっと出てるだけでしたね。

by Excalibur
ブログトップ