【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アザー・ファイナル』(2002)

2002年6月30日、日韓共催のサッカー・ワールドカップ決勝戦当日、その6時間前にアジアの別の場所で”もう一つの決勝戦”が行われた。FIFAランク202位のブータンと203位のモントセラトのいわば最下位を賭けた一戦で、これはその実現までの過程と、その試合後までを追ったドキュメンタリー映画である。

仕掛け人はこの映画の監督でもあるヨハン・クレイマーで、母国オランダが早々に予選敗退したことからネタ探しをしていて思い付いたらしい。まぁその思いつきも素晴らしいが、それを実行に移してしまう行動力も素晴らしく、ダメ元で両国に連絡取ったところ、すんなりOKが出てとんとん拍子に話は進んだようだ。ただ資金集めには相当苦労したようで、ナイキやアディダスにはスポンサーを断られたという話を劇中で暴露。両社はその後後悔したことだろうと思う。

また両チームとも開催直前にコーチがいなくなり(モントセラトのコーチは国のサッカー協会と衝突して辞任、ブータンのコーチは何と急死)、ブータンに乗り込むべく出発したモントセラト・チームは悪天候などで足止めされ、やっと現地に到着したと思ったら選手が急病で次々と倒れ、また審判がなかなか決まらず・・・という具合にヤキモキさせてくれる。

e0033570_1891732.jpg試合の模様も当然収録されているのだが、サッカーを通じて全く異なる文化を持つ二つの国が出会い、交流を深めていく過程を丹念に描いているので、サッカーを知らない人興味ない人でも楽しめる。というよりも、むしろそういう人の方がより堪能出来るのではないだろうか。

試合のシーンで実況アナウンサーが、W杯決勝が行われる日本の会場との設備の違いをいくつか挙げていく。スピーカーの数、座席のシート・・・
「でも同じものがあります。それは二つのゴールです。」
今回の企画のより重要なポイントは、この一言にこめられていると思う。
[PR]
by odin2099 | 2006-06-11 10:24 |  映画感想<ア行> | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3608904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from footprint縲 at 2006-06-11 11:55
タイトル : サムライ・ブルー
10日深夜1時開幕です! マウスだから許してください!似てません、ハイ(汗)... more
Tracked from the borderla.. at 2006-06-11 12:20
タイトル : 「アザー・ファイナル」
サッカー好きもそうでない人も、映画好きもそうでない人も 一見の価値あり! 日韓ワールドカップ決勝の6時間前、もう一つの決勝戦がブータンで行なわれていた。FIFAランク202位のブータンと203位のモントセラトの最下位決定戦。はじめて聞きましたモントセラト(^^) 知ってました?ブータンの国技がアーチェリー、モントセラトがクリケットだということ(^^;この作品はこの試合が行なわれることが決まってから、終了までを追いかけたドキメンタリーです。試合はほんの10分ほどで、そこに至るまで紆余曲折が...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-04-09 12:05
タイトル : 『アザー・ファイナル』
『アザー・ファイナル』 原題“THE OTHER FINAL” ◇発案・監督:ヨハン・クレイマー ◇2002年/日本・オランダ/77分 【introduction】 2002年6月30日ヨコハマ、誰もが熱狂したW杯ドイツvsブラジルの優勝決定戦。世界中がこの1戦に注目する中、日本と同じアジアに位置... more
Commented by t2mina at 2006-06-11 11:54
>二つのゴール、そうそう、これとボールがあればサッカーはできますもんね。憧れたり、楽しかったり、そんな所から始まっていく身近なスポーツ。その副産物として、他の国の事が見える場でもあるんですよね。
別視点でおもしろい映画なんですね。TB頂きます。あ、映画感想じゃないんですが。
Commented by borderline-kanu at 2006-06-11 12:28
こんにちは、トラバどもです。サッカーがなければ出会うことのなかった2つの国の交流が、素晴らしいですよね。サッカー好きでない人にも見てほしい作品でした。 カヌ
Commented by koujitu3 at 2006-06-11 13:17
TBありがとうございました。

<サッカーを知らない人興味ない人でも楽しめる。というよりも、むしろそういう人の方がより堪能出来るのではないだろうか
ほんとうにそのとうりですね♪
ちょっと前にもまたTVで放映してましたね。
スター選手のサッカーには勿論その魅力がありますけれど、この映画のように、誰でもできるサッカーというのもいいですねぇ。
ちゃんと真面目に勝負はしているのだけれど、本当に気にしているのは勝負以外のことでした。そこがこの映画の魅力だったのかも、です。
Commented by odin2099 at 2006-06-11 17:49
>minaさん

サッカーのシーンは殆どないんですが、サッカー好きな人たちが沢山出てくる、
そんなサッカー映画でした。
Commented by odin2099 at 2006-06-11 17:52
>カヌ様

ありがとうございました。
異文化交流というか、正しく”親善試合”といったゲームでしたね。
試合自体には決着がつくのですが、どちらも勝者、ということから
両チームに与えられた二つに分かれるカップも良かったと思います。
Commented by odin2099 at 2006-06-11 17:55
>koujitu3様

コメント、どうもです♪
ブータンとモントセラト、互いに「どこにあるの?」と思っている二つの国が、
サッカーを通して繋がりが生まれた、それが素晴らしいと思います。
でも我々にとっても「どこにあるの?」ですよね(苦笑)。
地理の勉強にもなるかも?

by Excalibur
ブログトップ