「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『仮面ライダー世界に駆ける』(1989)

『仮面ライダーBLACK RX』を題材にした夕張・石炭の歴史村で上映された3D映画で、「なんで仮面ライダーと石炭の歴史村?」という気もしますが、前年に放送していた『仮面ライダーBLACK』で、TVと映画両方で夕張ロケが行われた際の繋がりでしょう。
その『BLACK』は2本もの劇場用作品が作られましたが、それに続く『RX』では劇場用作品が作られなかったので、これは貴重な映像でもあります。その後は各種イベントでの目玉作品として度々上映され(自分もその時に初めて見ています)、後に(3Dではありませんが)LDでソフト化されました。

e0033570_2320252.jpgRXに苦戦するクライシス帝国は、過去に戻ってRXにパワーアップする前のBLACKを倒そうと目論みます。その計略にはまってピンチを迎えるBLACKの元に、RXが、ロボライダーが、そしてバイオライダーが時空を超えて駆けつけ、デスガロンを始めとする復活怪人軍団と4大ライダーの激闘が繰り広げられる、というストーリーです。
本来は同一人物ですから有り得ない4大ライダーの共闘が売りで、全篇アクション、アクション、またアクションの展開ですが、20分程度の小品なので飽きません。
復活したゴルゴム三神官のうちダロムの声は残念ながら飯塚昭三ではなく依田英助みたいですが、ビシュムを演じているのはオリジナル・キャストの好井ひとみだと思いますし、デスガロンの声はやはりオリジナル・キャストの森篤夫のようですので、スタッフのこだわりも十分に感じ取れる出来です。
[PR]
by odin2099 | 2006-06-11 19:56 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3611435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ