【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アルゴ探検隊の大冒険』(1963)

亡き父の復讐を果たし王国を取り戻そうとするイアソン(ジェーソン)は、当の仇であるペリアスの姦計によって、平和をもたらすと言う「黄金の羊の毛皮」を探す冒険の旅へ。ヘラクレスを始めギリシャ中の勇者を集めたアルゴ号、その行く手には青銅の巨人タロス、怪鳥ハーピィ、七つの首を持つ大蛇ヒュドラらが立ちふさがる。

ギリシャ神話に材を採ったファンタジー映画で、特撮はあのハリーハウゼン。役者は魅力に乏しいし演出も凡庸だが、ハリーハウゼンのダイナメーションだけでも必見。クライマックスにおけるイアソンらとガイコツ剣士のチャンバラ・シーンは、映画史に残る名シーンと言っても過言ではないだろう。何度観てもその凄さに唸らされる。

e0033570_1494118.jpgそれにしてもイアソンは、親の敵討ちの為とはいえ外国から宝物を盗もうというのだから、果たして正義は何処にありしか。またラストは無事に毛皮を手に入れてメデタシメデタシで終るのだが、あれ?敵討ちはどうなったの?
またイアソンに命を助けられたことから、国を裏切り毛皮を奪う手助けをするヒロインの女神官メディアだが、原典では彼女は王女でイアソンと結婚することになる。だが二人の間には悲劇が生まれ・・・というのが有名な『王女メディア』のお話。
[PR]
by odin2099 | 2006-06-13 23:18 |  映画感想<ア行> | Trackback(4) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3626878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from samuraiの気になる映画 at 2006-06-16 00:13
タイトル : アルゴ探検隊の大冒険 -レイ・ハリーハウゼンの世界-
ダイナメーション(ミニチュアのコマ撮り)の神様レイ・ハリーハウゼンの映画と出会ったのは、子供の頃、11才年上の兄に連れられて見に行った「アルゴ探検隊の大冒険」でした。魅了されました。今回はこの映画について少し。 黄金の羊の毛皮を求めて旅するイアソン率いるアルゴ探検隊の前に、青銅の巨像タロス、七頭の竜ヒドラ、魔獣ハ−ピー、海神ネプチューンなど、ハリーハウゼンによって命を吹き込まれたキャラクター達が現れます。彼等の独特の動きには目を見はります。着ぐるみの怪獣(これはこれで良いのですが)しか知らない私...... more
Tracked from 毎日が映画日和 at 2006-10-16 16:43
タイトル : 『アルゴ探検隊の大冒険』
本日の映画:アルゴ探検隊の大冒険 生まれたばかりのイアソンは暗殺者によって国王である父を殺され自身の命も狙われるが魔の手からなんとか逃れる。青年になったイアソンは王位を取り戻すため、手にした者に幸運をもたらすといわれている黄金の羊の毛皮を求めて勇者達を集..... more
Tracked from サボテンが花をつけている at 2006-10-17 22:02
タイトル : #171 アルゴ探検隊の大冒険
 日中、チャンネルを変えながらテレビを見ていたら、洋画が放映されていました。  なんだか古そうだし(ギリシア時代っぽかった)、『こうゆうのに池田さんは“絶対”出ている気がする!!』・・・と、チャンネルを変えずにみていたら、案の定出てきました!   ・・・私の勘もすごい域に達してきたようです。映画を観ただけで出てきそうな気がするなんて・・・。おまけに、キャラも当ててました。  ということで、本日は、「アルゴ探検隊の大冒険(1663年)です。  特撮の巨匠レイ・ハリータウゼンが製作した作品で、知る...... more
Tracked from Subterranean.. at 2011-04-16 09:35
タイトル : アルゴ探検隊の大冒険 (Jason and the Ar..
監督 ドン・チャフィ 主演 トッド・アームストロング 1963年 イギリス/アメリカ映画 109分 ファンタジー 採点★★★★ もう、そういう世代なんだからしょうがないんですが、現物のありなしを重要視してしまう私。同じ曲でも、手元にCDとジャケットがあるものと…... more
Commented by samurai-kyousuke at 2006-06-16 00:10
この映画のハリーハウゼンのダイナメーションは最高ですね〜。
巨像タロスのカクカクした動きがけっこう好きでした。骸骨剣士とのチャンバラシーンは特撮映画史に残る名シーンです。
Commented by odin2099 at 2006-06-16 21:29
CG全盛の今の時代の人には違和感タップリなんでしょうけれど、
やはり味がありますね。
自分は『タイタンの戦い』を先に見ているのですが、
シンドバッド・シリーズも含め、みんな楽しめます。
というより、驚きの連続です。

by Excalibur
ブログトップ