【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ドラえもん/のび太の宇宙開拓史』(1981)

銀河の彼方コーヤコーヤ星に住むロップル君の乗る宇宙船と、のび太の部屋が時空間のねじれから繋がってしまい、ドラえもんやのび太は、ロップル君の一家をはじめコーヤコーヤの開拓移民の人たちと仲良くなる。しかしコーヤコーヤ星は、その星にある特殊な鉱石を手に入れようとする悪徳業者の、執拗な嫌がらせを受けていた。

e0033570_1122344.jpg
長編『ドラえもん』映画の第2弾で、宇宙を題材にしたSF仕立てではあるものの、内容は西部劇テイスト。コーヤコーヤは重力が小さいため、のび太たちがそこではスーパーマンとなって大活躍!という趣向も楽しい。
ラストは二つの世界を繋ぐドアが永久に閉ざされてしまい、友情を育んだ彼らが二度と再会出来ないのだと思うと、一抹の切なさを覚えさせる出色の出来。当時は物凄く感激して観ていたのだが、実は今回見直してみると意外に憶えていなかったので焦ったりして・・・。
[PR]
by odin2099 | 2006-06-14 06:10 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3628832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from みゆみゆの徒然日記 at 2007-05-27 20:59
タイトル : 『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』(DVD)
映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史 PCBE-50078  懐かしのドラえもん映画を『のび太の恐竜』に引き続き借りてきました。こちらも大好きなドラえもん映画の一つです。この作品のどこが好きかというと・・・子供のころ印象的だったのが、部屋の畳と遠い彼方の宇宙船と空間が繋がってしまったことかな。机の引き出しのタイムマシンに加えて、畳をあげたら別の宇宙空間に夢を感じました。あと、コーヤコーヤ星の動物たちも可愛いんだよね〜。チャーミーも、もちろんなんですが、あの小さい丸い羽が生えた象みたいのとか(笑)  あ...... more
Commented by F20! at 2006-06-14 22:13 x
劇場でドラえもんを観たのは、本作と『のび太の恐竜』ぐらいです。
『〜恐竜』は短編オリジナルからの改編ですが、本作は完全新作劇場作品の第一作目で、とてもインパクトが強かったですね。
『〜恐竜』はリメイクも良作でしたが、本作はリメイクしないで欲しいですね。
Commented by odin2099 at 2006-06-14 22:29
のび太とドラえもんが、ロップルくんやチャミーと再会するお話は見てみたい気もするんですが、そうですね、リメイクは反対だなぁ。
リメイクするなら是非『ドラ・Q・パーマン』を!(←無理だっつーの)

by Excalibur
ブログトップ