【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ブレイブ・ストーリー』(2006)

e0033570_192671.jpg宮部みゆきのベストセラー小説を、ワーナー・ブラザースとフジテレビが組んで映画化した作品で、今日から公開です。
アニメ製作はGONZO。初日に観るつもりなんか更々なかったんですが(笑)、たまたま時間が空いたのと、この機会を逃すと当分観に行けそうもなかったので行ってきました。

原作については既に色々書いてますけれど、あれだけ長大な原作をどうやって2時間弱でまとめてるのかが見物だなぁと思っていたら、本当にあっさりとまとめてありました。
ということは小説の方もこれぐらいで、とは言いませんが、今の半分くらいでもまとめられそうですね(苦笑)。原作を読んでいると、「あのシーンがない」「このキャラクターが出てこない」「なんだ、設定全然違うじゃん」・・・と気になる部分も多々ありますが、お話は一応この映画だけで完結してますので、むしろ原作小説を読んでいない人の方が楽しめるんじゃないかと思います。

e0033570_112564.jpgただ自分はキャラクターの絵柄が今ひとつ好きになれないのと、やはり出演陣に不満があるので、どうしても評価は低くなりますね。
むしろこのキャストなら、実写でやるくらいの思い切りがあっても良かったのでは? 例えばカッツという女性キャラクター。演じているのは常盤貴子ですが、彼女に対しては「○」か「×」かなら「○」なんですけれど、彼女の”声優”としての評価は「×」とまでいかないまでもせいぜい「△」。しかし実写で彼女が演じたならば結構様になったと思うのです。
まぁ今の邦画界では(ひょっとすると未来永劫?)難しいでしょうけれどもね。
[PR]
by odin2099 | 2006-07-08 16:07 |  映画感想<ハ行> | Trackback(11) | Comments(20)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3776536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from おいら流雑談BLOG at 2006-07-08 22:51
タイトル : 幻界へ旅立ちました
ハイ、無事に映画版ブレイブストーリーを鑑賞しました! さて、久々に映画館へ足を運んだわけですが 「アニメ映画だし、きっと家族連れでにぎわってるんだろうな」と思ったら 全然そんなことはなく、かなりスカスカでした(^^; みんな新宿の方へ行ったのでしょうか(苦笑) ですから、比較的ゆったりと鑑賞できましたね。 さて、肝心の中身ですが…正直に言うと、 「ニアミス多すぎ!!」としか言いようがありません。 ネタバレを避けるため、あえて詳しくは述べませんが どうも原作を無駄に削った感がしたと...... more
Tracked from 奥様への細道 at 2006-07-09 18:08
タイトル : ブレイブストーリー(映画)
1人で映画を見に行くのは試写会で、と言う自分ルールを破り (そんな大袈裟な自分ルールでもないけど) 公開初日から張り切って見に行って参りました。 「原作本ありき」の映画って 自分のイメージと映画のイメージ(主に配役など)の相違があったりとか どう読んでも2時間以上かかるシロモノを(約)2時間に収めるんだから仕方ないけど 割愛されるエピソードがあったりとか、 必ずしも原作本の読者を満足させるモノではない、というセオリーは充分承知の上。 (実際私も原作を先に読んだ映画で満足したモノ...... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2006-07-12 17:07
タイトル : ブレイブ・ストーリー
宮部みゆき作品の映画化は、 どれもいまひとつでしたが、 今回のアニメ作品も なんだかなぁ〜・・・・ かなりお子ちゃま向けの 軽〜〜い感じの作品に 仕上がっていました!! 現実世界での人間のドロドロ感は、ほとんど すっ飛ばせていたし、幻界世界(ヴィジョン)での 登場人物もかなり端よられていました。 まあ〜2時間でまとめるには仕方ないんでしょうが、 なんだか、話がひどく浅い感じになってしまったのが 残念です。 キャラクターも絵の質もいまいちだったし・・・(=_=;) やっぱ...... more
Tracked from MOVIE SHUFFL.. at 2006-07-21 01:34
タイトル : ブレイブ ストーリー
『BRAVE STORY』 日本/2006 監督:千明孝一 声:松たか子 大泉洋 常盤貴子 ウエンツ瑛士 斎藤千和   川澄綾子 今井美樹 田中好子 高橋克実 柴田理恵   石田太郎 堤下敦 板倉俊之 伊東四朗 樹木希林 公開時コピー これは、ボクの勇気のハナシ。 OVAシリーズ「青の6号」の演出を手がけた千明孝一監督による、宮部みゆきの同名小説の映画化。 アニメ制作は3DCGの先駆者ともいえるGONZO。 製作には「踊る大捜査線」の亀山千広。 声は豪華俳優陣による...... more
Tracked from Crescent Moon at 2006-07-27 12:33
タイトル : 〈映画〉ブレイブ・ストーリー/宮部みゆき
 「パイレーツ・オブ・カリビアン」に続き、こちらも鑑賞。 ついでだからと梯子しちゃいました。 宮部みゆきさんの原作なんで気になってたんですよ。 年令層が思ったよりも高くってびっくりしちゃいました。下は中学生から上は50代位の方が一人で見に来てて――正直、子....... more
Tracked from OmuhaCinema at 2006-08-23 12:08
タイトル : ブレイブ・ストーリー
 幸せだった毎日は突然失われてしまう、そんな世の中に私達は生きている。 “願いをかなえるために まわりを犠牲にしていいものなのか?”ということが大きく問われている。 この話で幻界の扉を開けてその世界へやって来た少年たちがそれぞれの願いをどうにかして、なんんとしてでもかなえ,運命を変えるため 幻界の世界でもがく。 なんとしてでも願いをかなえたいとか,実現させたいと強く思うことはきっと誰もが一度はあることだろう、そして少年たちの持つその気持ちというのは世界のあちこちで満ち溢れていてとても身近なもの。 ...... more
Tracked from えみち刑事(でか)の事件簿 at 2006-08-29 20:49
タイトル : ブレイブストーリー観ました
観たいと思いつつなかなか行けなかった『ブレイブストーリー』今日ワーナーマイカルシネマズ新百合ヶ丘店へ9時からの回へ行きましたもうすぐ上映も終わるからだとおもいますがとても狭い「5スクリーン」でした(後で調べたら164席しかなくてこの映画館で一番狭いスクリーン)簡単なあらすじを友人から聞いていたので違和感なく入りこめてワタルの声(松たか子さん)もとてもよかったですキ・キーマと離れ離れになったのに知らないうちにまた一緒にいるなんてこともあったりしてたまに?な部分もありましたが細かいことはおいといてゲド戦記...... more
Tracked from 虫干し映画MEMO at 2007-03-11 21:24
タイトル : ブレイブ ストーリー(2006/日本)
監督: 千明孝一 声の出演: 松たか子 大泉洋 常盤貴子 ウエンツ瑛士 今井美樹  これはちょっとがっかりだったのであら筋は省略。  ていうか、あれだけ長い物語を映画1本で語るのは難しいのは分かりきったことなんだから、そこのところ-脚本、物語の再構成-を腰すえて練って欲しかったな…と。  宮部みゆきの本は悲しくて辛いこともいっぱいあるけれど、ひるまずに一生懸命生きていきたいという平凡な人間の勇気に共感を呼び起こしてくれるストーリーテリングが本当にうまい。  だから、この...... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2007-05-07 21:35
タイトル : 栃東とブレイブ
5時半に起床してででイッテQと大阪プロレスを見て過ごして 8時過ぎから背中の消毒でに行きに帰りブログのTB返しや ネットでニュースや映画を検索して11時半過ぎまで過ごしていた 11時半過ぎから昼をしていて12時半過ぎぐらいにが覚めて 13時前からしたブレイブ... more
Tracked from レンタルだけど映画好き  at 2007-05-13 22:56
タイトル : ブレイブ ストーリー
これは、ボクの勇気のハナシ。 体力は平均。勇気は最低ランク。総合評価は35点。11歳の少年の願いが、大冒険の扉を開く! ブレイブ ストーリー (HD-DVD) 2006年 日本 監督 千明孝一 脚本 大河内一楼 原作 宮部みゆき 現実とどのようにリンクするのか?という心配も、うまくクリアーしていた。子供が観るには辛い深い現実から始まるストーリーに驚き!やや小学生らしくない言葉が気になってしまうのだが、大人も楽しめる11歳の少年の冒険物語 あらすじ 「失敗したら二度と戻っ...... more
Tracked from 風に吹かれて-Blowi.. at 2007-08-20 03:56
タイトル : #734 ブレイブ ストーリー
原作者:宮部みゆき 声優:松たか子 、大泉洋 、常盤貴子 、ウエンツ瑛士 、今井美樹 、田中好子 、高橋克実 、柴田理恵 、石田太郎 、インパルス 、北陽 、斎藤千和 、川澄綾子 、北村総一朗 、小野武彦 、斉藤暁 、伊東四朗 、樹木希林 2006年日本 平凡な少年ワタルは、友達と二人、肝試しに幽霊ビルへ足を踏み入れた そこで出会った不思議な少年ミツル 彼の後を追いかけると空へ続く階段に不思議な扉があらわれ、ミツルはその中へと消えていった・・・ 宮部みゆき好きなんですが、まだ...... more
Commented by ray_i at 2006-07-08 22:55
トラバありがとうございます。
私はどうも後半への持って行き方に不満があるといった感じですね。
声優もワタルやキ・キーマはともかく、インパルスはいらないだろと(苦笑)。
その辺りをちゃんと描いてくれるかどうかが楽しみだったので。
まぁ、全体は思ったほどは悪くなかったですね。
北陽も意外と健闘してましたが(役が逆のような気がしますが…)
Commented by rainbowage at 2006-07-08 23:03
早速観に行かれたのですね~
原作は未読ですが、予告編を観て気になって前売り券を買いました。ちらっとしか映像を見ていないのですが常盤貴子演じるカッツは、本人とビジュアルが似ているなと思いました。
Commented by odin2099 at 2006-07-08 23:07
いらっしゃいませ。有難うございます。

大人の世界のドロドロした部分や、人の生き死にの部分がバッサリと削り落とされていましたね。
ヒト柱の件もありませんので、後半は今ひとつ盛り上がらないし、子ども向けということを考慮したんでしょうが、ちょっと薄っぺらくなりすぎの気もします。

キャストは、本職を除くと辛うじて及第点と言えるのは大泉洋くらいでしょうか。
お遊びキャストも多くて興醒めしてしまった部分もありました(苦笑)。
Commented by odin2099 at 2006-07-08 23:09
にじさん、こんばんは!
絵は綺麗ですし、丁寧に作られていますので
私のようなヒネクレ者じゃなければ楽しめるんじゃないかな、と思います(笑)。
是非ご覧になって下さいませ♪
Commented by s-arinko at 2006-07-09 15:05
こんにちは。
トラックバックが入っていたので、読みにきました。
私は、まだ原作を読んでいないのですが、原作も読んでみようかな、と思いました。
原作のほうがドロドロしているのですね。

子ども向けといっても、子どもってそんな自分の運命をのろったりするのかなぁ、というのが率直な感想でした。人と自分の境遇を比べ始めるのが5年生くらいなのかもしれないですけど。
ただ単に、お母さんを助けたい、という気持ちで幻界に行くというのなら納得できるのですが…
わたるみたいに立派な5年生がいたら、大したものだ、と思います。
Commented by asahi-kanzou at 2006-07-09 18:11
TBありがとうございました。
私もむしろ原作を読んでない人のほうが楽しめる作品だと思いました。
でも、原作を読んでない大人が見に行きたいと思うか微妙・・・
やっぱり夏休み映画(子供向け)だから仕方ないんでしょうかね?

私のほうでもTBさせていただきました!よろしくお願いします!
Commented by odin2099 at 2006-07-09 22:08
>s-arinko様

原作の方が人間関係がドロドロしています。
ワタルの両親の離婚の真相だとか、ミツルの家族の悲劇だとか、それだけで2時間ドラマの素材になりそうです(笑)。
だからこそ、ミツルは老成しちゃってるのかもしれませんが・・・。
小学5年生、大人なんでしょうか、子供なんでしょうか。
自分はその頃、周囲の目にはどう映っていたんでしょうかねぇ・・・。
Commented by odin2099 at 2006-07-09 22:17
>asahi-kanzou様

自分も原作を読んでない人の方が、楽しめると思います。
そしてこの映画を観た人が、原作を読みたいと思うようになるか、
・・・というのも微妙だと思っております(苦笑)。
この作品、確かコミック版もありましたね。
そちらはどんなお話になっているのでしょうか。
Commented by がちゃ at 2006-07-11 08:56 x
TBありがとうございます。
原作は あまり夢中になれなかった覚えがあり、内容も 宝玉を集めて、ミツルと競争で、、っと漠然としか覚えてなかったので、原作のカットはそれほど感じず、 見れました。いい映画だと感じることが出来ました。
ただ、原作を 読み直そうっとかまでは 思いませんー。
映画でよかったから、それで充分かな、。
基本的なメッセージは 映画で受け取れたと思うので。
Commented by odin2099 at 2006-07-11 22:22
がちゃさん、こんばんは~。
この作品、良くも悪くも原作小説と映画版が独立している気がしますね。
「別物」ということではなく。
小説読んだ人は映画観る必要もなく、
映画観た人は小説読むほどじゃない、という感じです。

そういえば<ライラ>、正式に製作がスタートして、ほっと一安心。
一方、いつのまにか『エラゴン』は12/16の日本公開が決定してますね(笑)。
Commented by cinema-can at 2006-07-12 17:15
う〜〜ん、実にあっさりした映画だったというのが
良く解りました!!(笑)
まあ、夏休みのお子ちゃま向けの映画としては、
良いのでしょう。
ラストの顔を出さないミツルはまだしも、死んだ妹はどうなんでしょうね・・・・・
生き返っちゃまずいでしょう!!(~_~;)
(ネタばれ気になったら削除してください!!)
Commented by odin2099 at 2006-07-12 21:22
ルナさん、ご覧になったのですね。
私の言わんとしたことは伝わったようで(笑)。
ラストはやっぱりハッピーエンドにしたかったんでしょうねぇ。
まぁ、この映画の全体のトーンを考えればわかる話ですが、ちょっと安っぽくなった気もします。
Commented by omuhashi at 2006-08-23 11:49 x
この映画は宮部みゆきさん原作ということで興味がわきました。話はいたってシンプルでしたが映画を先に見た者としては中々おもしろかったように思います。
私はキ・キーマが好きです。 この作品、原作では続編ができるかもしれないという話ですよね?

ただ私も絵が微妙だなぁと。ワーナーと提携とのことを最初聞いていたのでてっきり外国映画的なのかなと思っていました(汗)
Commented by odin2099 at 2006-08-24 07:08
>omuhashiさん

宮部みゆきは今回初めて読んだんですが、今後他の作品に手を出すかどうかは微妙です(苦笑)。
作ろうと思えば続編を作ることも可能でしょうし、<幻界>の設定を活かして主人公を変更してもOKだし。
もっとも、それで面白いものが出来るかどうかは別問題ですが(爆)。

絵柄は、あれが今風なんでしょうかね。
もっとスッキリさせた方が好みだったりします。
Commented by ningyo at 2007-03-11 21:27 x
こんにちは。私、宮部みゆき大好きなんで、「足りない~」思いがあふれかえっちゃいました。
Commented by odin2099 at 2007-03-12 22:10
自分はこれが「宮部みゆき」初体験なもので、これといって思い入れもなかったのがかえって良かったのかも知れませんね。
映画としては『クロスファイア』を観ているんですが。
Commented by chibisaru at 2007-08-20 04:00 x
うーーーーん・・・宮部みゆきは好きですが、まだ原作を読んでませんでした。
読んでいたら、もっと厳しい評価だった可能性が大(笑)
説教くせーと思いながら見てしまいました(笑)
でも、そのあと見たヤツの方がもっと説教臭かった(=_=;)←さて、私は何を見たんでしょう?(苦笑
Commented by odin2099 at 2007-08-20 07:14
うーん、なんだろう?『ゲド』?(笑)

ところで昨日、何度かそちらにコメント入れようと奮闘していたんですが、ずーっと「混みあっています」とのメッセージで弾かれっぱなしでした。
なんだったのだろう?
今日は大丈夫かなあ。
Commented by chibisaru at 2007-08-26 22:07 x
どーもども・・・。質問投げかけておいて、月に夢中になっていて放置してしまいすみません(^o^;
正解は「ゲド」(笑)
大当たりです♪ コメントいれてくださろうとした日は、サーバーがトラブっていたようで、私も弾かれっぱなしでした。半日以上たってからようやく復旧したようですが、フテ寝してしまっていたので翌日気がついたというマヌケぶりでした(^o^;
Commented by odin2099 at 2007-08-27 22:45
やっぱりそうでしたか~。
僕はこれといって説教臭さは感じなかったんですが、きっと何も心に響いてくるものがなかったからなんでしょうね(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ