【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『太陽の王子 ホルスの大冒険』(1968)

e0033570_1758581.jpgスタジオジブリの最新作『ゲド戦記』を、この作品と比較して論じている文章が結構あったので、どんなものかと久しぶりにビデオテープを引っ張り出してきた。
この作品、興行的には失敗したらしいのだが(<東映まんがパレード>のメイン作品で、併映は『ゲゲゲの鬼太郎』、『魔法使いサリー』、そして『ウルトラセブン』の4本立て)、アニメ・ブームの勃興期には幻の名作として持て囃され、さらに高畑勲、宮崎駿らが評価され出すと、そのルーツとして再評価されるようになっている。

これが劇場用作品の監督としてデビューとなる高畑演出も快調で、絵もよく動いていて漫画映画として面白く、製作中のゴタゴタはまるで感じさせない出来上がりだ。音楽も素晴らしく、40年近く前の作品とは思えないほど色褪せていない。おそらく「金曜ロードショー」枠で、他のジブリ作品に混ぜて”幻の宮崎アニメ!”とでも銘打てば、それなりの視聴率が取れるだろう
善悪の狭間で揺れるヒロイン・ヒルダも、今日で云うところの”萌えキャラ”の元祖格だし。

e0033570_2253171.jpgもっともこの作品を”宮崎アニメ”と言い切ってしまうのは少々乱暴で、例えて言えば現在大スターとなっている役者さんが、デビューの頃に端役で出ていた作品を”主演作”として宣伝するようなものか。
もちろん「場面設計」という肩書きで参加した宮崎駿の八面六臂の活躍がなければ、この作品は完成しなかったとも言われているが、大塚康生作画監督の下、森康二、奥山玲子、小田部羊一らベテランを配した作画陣だとか、もっと正等に評価すべき人たちは大勢いると思うのだが・・・。

それはさておき、この作品に殊更『ゲド戦記』との共通性があるとは思えなかった。
当然ジブリ作品の原点は紛れもなくこの作品の中にあるのだから、その影響力は皆無ではないだろう。『ホルスの大冒険』、『シュナの旅』そして『ゲド戦記』という流れは確実に存在している。ただ、そういう色眼鏡でこの作品を評価して欲しいとは思わないが。
[PR]
by odin2099 | 2006-08-06 22:03 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/3944206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カノンな日々 at 2013-08-25 10:04
タイトル : 太陽の王子 ホルスの大冒険/平幹二朗
製作を宮崎駿さんと大塚康雄さんのコンビが手掛け、監督は高畑勲さんが担当し完成までに3年の歳月を要したという日本の劇場用アニメーション映画の草分け的作品です。以前にも観た ...... more
Commented by indochine at 2006-08-07 22:23 x
TBありがとうございますー!
Commented by odin2099 at 2006-08-07 23:31
いえいえ、どう致しまして♪
Commented by ぽこすけ at 2006-08-19 06:38 x
先だってはTBを頂戴し恐縮です。

つらつらと拝見させていただいて、あな懐かしや! 「ホルスの大冒険」ですか!!
パイロットを観た東映のお偉いさんが監督に一言。
「プレハブでいいからと言ったのに立派な一軒家を建てて・・・」
と困惑されたとの逸話を小耳に挟んだ事があります。

宮崎モノにはさすがにいささか食傷気味ですが、はて「チリンの鈴」は世間でどう評価されているのだろう・・・? と。子供心に猛烈な衝撃を受けた作品です。昔のサンリオは独特なラインナップの文庫とかも出しておりましたし、とても気になる存在だったのですが・・・

駄文垂れ流し失礼致しました。
Commented by odin2099 at 2006-08-19 07:21
>ぽこすけ様

コメント、ありがとうございました。
『ホルス』の冒頭シーンと『ゲド戦記』とを比較している文章はよく見かけます。
内心、そこまで引き合いに出さなくても・・・とは思いますが、
熱気というか作品に賭ける執念、怨念(?)みたいなものは『ゲド』より『ホルス』いより感じますね。

『チリンの鈴』、未見なのです・・・。
『親子ねずみの不思議な旅』、『くるみ割り人形』、それに『シリウスの伝説』は見ているのですが。
他にも『星のオルフェウス』や『妖精フローレンス』など、サンリオはかなり意欲的な作品作りをしていましたが、最近は鳴りを潜めているのが残念です。

by Excalibur
ブログトップ