【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゴジラとアメリカの半世紀』 ウィリアム・M・ツツイ

e0033570_6102699.jpgハーバード、オックスフォード、プリンストンに学び、現在はカンザス大学歴史学部で現代日本史を専攻している準教授という肩書きを持つ著者が、ゴジラを始めとした日本の怪獣映画が、アメリカでどのように受け容れられ、受け止められているかを語った一冊。

この手の本にありがちな勘違いもなく、変にアカデミックになることもなく、逆に過度にマニアックになりすぎもしないという、適度なブレンドの逸品で、ちょっとインテリぶってみるも良し、アメリカで日本文化がどう見られているかを考察するも良し、ということで手にとってみては如何だろうか。
[PR]
by odin2099 | 2006-08-29 06:10 | | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4065888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ストロボフィッシュ at 2009-06-21 22:24
タイトル : ゴジラとアメリカの半世紀
評価:★★★☆☆ 「ゴジラ」はいかにして「GODZILLA」になったのか。 ゴジラとアメリカの半世紀 (中公叢書) posted with amazlet at 09.06.21ウィリアム・M. ツツイ 中央公論新社 売り上げランキング: 1...... more

by Excalibur
ブログトップ