【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ビキニの悲鳴』(1965)

浜辺でサーファー仲間の女の子が、謎のモンスターに殺害されたことから巻き起こる大騒動を描いた映画です。これに海洋学の権威である博士(やたらと突然変異にこだわります)とその後妻、そして反抗的になって遊びまわっている息子とのホームドラマが絡んできます。

といっても途中で延々とサーフィンのシーンが挿入されたり、死者が出ているのに連中は相変わらずノーテンキに遊び呆けていたりと、緊迫感はまるでありません。そのモンスターも、如何にもな着ぐるみ丸出しなデザインと造型で興を削ぎます。
まぁ、当時の若者たちがドライブ・イン・シアターで暇つぶしに見る類の作品ですが、それなりに需要があったんでしょうね。当然のように我が国では劇場未公開。なおかつビデオも出ていないみたいですが、TVにはかなりの頻度で掛かるようです。

モンスターの正体に関しては一捻りあって、その結末には何とも言えない後味の悪さが残ってしまいますが、この展開を踏まえるならば”モンスター映画”というよりも猟奇的殺人を扱った”ミステリー物”に分類した方が良いのかもしれませんね。またビキニ姿の女の子は何人も出てきますけれど、この邦題は大げさすぎます。

なお、『原子怪獣の襲来』という邦題でもTV放映されているようです。
原作・脚本はジョアン・ガードナー、監督・主演がジョン・ホール、音楽はフランク・シナトラ・Jr.が担当しております。
[PR]
by odin2099 | 2006-09-04 22:26 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4101133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ