【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)

真冬だというのに夏のような異常気象に見舞われ、各地で流星雨が降り注ぐ。そんな中、極秘で来日しようとしていたサルジナ王国のサルノ王女を乗せた飛行機は、反対派によって爆破されてしまう。彼女の護衛を命ぜられていた新藤刑事は落胆するが、放送局に勤める彼の妹の直子が取材してきた、地球の危機を訴える金星人と名乗る予言者の写真を見て、それが死んだはずのサルノ王女だと確信する。彼女はラドンの復活、次いでゴジラの出現を予言するが誰も耳を貸さない。しかし来日中だったインファント島の小美人は密かに船を下り、九死に一生を得、以後行動を共にする。
一方、北アルプス山中に落下した隕石を調べていた村井教授を始めとする大学の調査団は、その異常性に気付き警戒の念を強めていたが、遂に隕石からキングギドラが誕生。かつて金星の文明を滅ぼした恐るべき大怪獣の出現。予言者が唱えていた地球の危機とはこのことだったのである。
その頃新藤は、サルノ王女を精神医学の権威・塚本博士の研究所に連れて行き、彼女を元に戻そうと試みる。しかしセルジナ王国から派遣された暗殺団は、執拗に彼女を付け狙っていたのだった・・・!

e0033570_23581358.jpgゴジラ、ラドン、モスラの三大怪獣が初めて一堂に会し、宇宙からの侵略者キングギドラに立ち向かうという、ゴジラ物としては5本目にあたる作品。短縮版が再公開されたときには『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』と改題されてしまったが、三大怪獣には本来ラドンが含まれており、それに対抗するゲスト怪獣がキングギドラなのである。
三大怪獣を相手に一歩も引けを取らずに人気怪獣となったキングギドラは、その後何回か地球に飛来してくるが、そのいずれもが宇宙人の手先と化しているので、縦横無尽に暴れまわっているのは実はこの作品だけ。即ち、キングギドラがキングギドラらしくある、唯一の作品でもあるのだ。

それにしてもこの作品の詰め込みぶりは凄まじい
主人公である新藤刑事とサルノ王女暗殺団との攻防、そして何故金星人と称しているかの謎解きだけでも手一杯なはずなのに、妹の直子が新藤とサルノ王女を引き合わせ、次いで取材を通じて村井教授ら隕石調査団、ひいてはキングギドラ関連の事件との橋渡しをし、一見バラバラの要素がいつの間にかきちんと繋がっているのには驚きを禁じえない
ラストには元に戻ったサルノ王女と新藤との間に『ローマの休日』風の淡いラブロマンスを描くなど、ドラマは盛り沢山、怪獣映画としての見所はタップリ、とあたかも贅沢なフルコースのような作品である。
強大なキングギドラを前にしてモスラがゴジラとラドンを説得する際に、その会話の内容を小美人が通訳するなど怪獣の擬人化を嫌う向きがあることは承知しているが、それで作品全体の良さが失われるわけでは決してないと思う。

ちなみに主役の夏木陽介は前作『宇宙大怪獣ドゴラ』に続いての登板だが、同じ刑事役、そして演技も同じパターンと言うことで何かシリーズ物のような感じを受けてしまうのはご愛嬌。なお、冒頭部分でサルノ王女が金星人として目覚めるシーンは、後にソックリ平井和正+石ノ森章太郎のコミック『幻魔大戦』に引用されているのは有名な話だろう。
[PR]
by odin2099 | 2006-09-21 23:32 |  映画感想<サ行> | Trackback(5) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4190143
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Godzilla and.. at 2006-09-23 10:17
タイトル : 三大怪獣 地球最大の決戦 (昭和39年・1964)
三大怪獣 地球最大の決戦本多猪四郎 夏木陽介 小泉博 星由里子 東宝 2001...... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2006-09-23 15:22
タイトル : 三大怪獣地球最大の決戦 地球最大の怪獣エンターテイメント..
三大怪獣 地球最大の決戦東宝このアイテムの詳細を見る   http://www.iga0125.info/work_list_3monster.shtml 特撮作品はじめて観る方には「キングコング対ゴジラ」をと この前の記事で紹介したが、その次に一歩ふみこむとしたらこの作品!!「ゴジラ」(1954)「空の大怪獣ラドン」(1956)「モスラ」(1961)「キングコング対ゴジラ」「モスラ対ゴジラ」(1964)と来て、、、次は「ゴジラ対ラドン」くらいかなあ~と思われ...... more
Tracked from 良い映画を褒める会。 at 2006-09-23 20:01
タイトル : 『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)黄金色に輝く悪役..
 伊福部昭による不穏で不気味なオープニング・テーマが鳴り響く中、金色の鱗とともにタイトル『三大怪獣 地球最大の決戦』が赤字で染め抜かれる。このときの金色は暗がりの中で画面に映され、ボディの部分のみであるためにどの怪獣のものかは解らない。... more
Tracked from Il quaderno .. at 2006-09-24 01:10
タイトル : 11月16日(火) 「三大怪獣 地球最大の決戦」
今週のBS2の「ゴジラ」特集、全部付き合うわけには行かないけど、ゴジラとラドンとモスラとキングギドラというオールスター総出演の今日の『三大怪獣 地球最大の決戦』は、はずせないと思って見ていたら、これ前に見たことあるって思い出しました(笑) 劇場でないのは、確か。うちのおとうさまとおかあさまは、怪獣映画には連れてってくれなかったから(連れてかれたのは、もっぱらディズニーと東映動画でした)。 ザ・ビーナッツの「小美人」の「"勝手にしやがれ"と言っています」の台詞でウケた覚えがあるから、ジュリ...... more
Tracked from カノンな日々 at 2014-08-28 22:02
タイトル : 三大怪獣 地球最大の決戦(1964)/夏木陽介
私の記憶にゴジラが最凶の破壊者としてだけではなく、正義のヒーローとしても存在しているのはたぶんこの作品の印象からなんじゃないかと思います。たぶん本作をきっかけにその後 ...... more
Commented by てれすどん2号 at 2006-09-23 15:29 x
この作品はまさに傑作ですよね。特撮もキングギドラ登場で最高潮ですが、ストーリーもうまくからんできます。いつみても勉強になりますね。
Commented by odin2099 at 2006-09-23 19:10
長江様、有難うございました。
新藤と妹の直子がTVを見ていると、その番組に小美人が出演していてモスラの近況を伝えてくれるとか、そういったセンスが凄いですよね。
他にも冒頭の円盤クラブの描写なんか妙に浮いてるんですが、後半でその会長さんが再登場して核心を突く台詞を喋ったり等々、関沢脚本には脱帽しっぱなしです。
勿論、それをきちんと映像化した本多演出にもですが。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-06-18 15:25 x
こんにちは!いつもありがとうございます!
やっぱりラドンで地球3大怪獣ですよね。ギドラがゲスト。
これ、怪獣の対決以外のお話が、良いですよねぇ。
そうか、、、ローマの休日ねぇ。
若林さん、気品があって、似合っていました。
でも何で日本語??ぎゃははは!
Commented by odin2099 at 2007-06-18 22:41
おまけにサルノ王女、かなり古風な日本語を操るんですなぁ。
サルジナ国の暗殺団の中にはハヤタ隊員がいたり、ボスは最後に落下してきた岩石を抱きかかえちゃうし、ツッコミどころも満載。
それにしても関沢脚本の凄さには舌を巻きます。
新藤兄妹がTVを見ていると、「アノ人はどうしているんでしょう?」なんて具合に小美人とモスラに話を繋いじゃうなど、演出の巧さもあるけれど、やっぱり脚本だろうなぁ。

by Excalibur
ブログトップ