【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『バットマン・リターンズ』(1992)

映画は怪人ペンギン出生のシーンから幕を開ける。
奇形児として生まれ、それを疎んだ両親に捨てられる様がタイトルバック一杯使って描かれ、御馴染み「バットマン」のテーマこそ勇壮に流れるものの、主役は誰なのか、監督の視点がどこにあるのかが如実に覗える導入部である。全体的にもペンギンと、もう一人の悪役キャット・ウーマンに挟まれた格好のバットマンは陰が薄い。

e0033570_1026049.jpg前作はジョーカーにひたすら嫌悪感しか覚えずに観ていて辛かったのだが、今回のペンギンも同じ傾向である。監督のティム・バートンはフリーク好みのようだが、個人的には憐れみを誘われることもなく全く受け付けないので、やはりこの作品も、出来云々以前に正視し辛いものになってしまった
ミシェル・ファイファーがダサダサのOLから一転して、セクシーなボンデージ・ファッションまで見せてくれるキャット・ウーマンも結局は同じで、彼女も精神的フリーク。そしてバットマン自身もやはり同類。フリークス同士の戦いは観ていて心楽しいものではなく、ダニー・デビートがペンギンを熱演すればするほど心がうそ寒くなってくる。どうも決定的に監督の趣味とは合わないようだ。
とはいえ、前作に比べればキャラクターが分散した分だけ味が薄まった感じではあるので、より観やすくはなっている。

その世界観の中で、悪役とはいえ真面、というか芯が通っているのが、クリストファー・ウォーケン演じるゴッサム・シティの真の実力者マックス・シュレック。ペンギンのダニー・デビート、キャット・ウーマンのミシェル・ファイファーを向うに回して、特殊メイクや被り物なしで二人に伍するとは大した役者である

ところで今回は初めてビデオ/DVDの吹替版を観たのだけれども、なんでマイケル・キートンに渡辺裕之なんかを起用したのだろう。決して嫌いな役者ではないが(というよりもむしろ好きな方だが)、ダニー・デビートの樋浦勉、ミシェル・ファイファーの田島令子、クリストファー・ウォーケンの小川真司らに比べると気になって仕方ない。前作ではこれがジャック・ニコルソンにデーモン小暮、キム・ベイシンガーは宮崎ますみという組み合わせなので未だに見る勇気が持てないほどだ。
[PR]
by odin2099 | 2006-11-12 10:27 |  映画感想<ハ行> | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4533526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 奥様的部屋 at 2007-09-10 00:34
タイトル : バットマン リターンズ
シリーズ2作目〜バットマン リターンズ またまた悪役のキャラクターが強烈とはいっても、一作目のジョーカーには及ばないけれど・・・・・ その分、というわけでもないのだろうけど、ストーリー性はかなり増している奇形のために生まれて間もなく親に捨てられてペンギンに育てられた、というトラウマを抱えたペンギン男そんなペンギン男を利用してゴッサムシティ乗っ取り計画を企てるシュレック(今上映中のアニメとの関連は謎)や、さらにそのシュレックの悪事の秘密を知ってしまったばっかりに殺され、生まれ変わったキャットウーマン...... more
Tracked from ひめの映画おぼえがき at 2008-07-05 00:41
タイトル : バットマン リターンズ
バットマン リターンズ 監督:ティム・バートン 出演:マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、マイケル・ガフ、パット・ヒングル、マイケル・マーフィ...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2011-08-16 17:31
タイトル : バットマン リターンズ
2011年8月12日(金) 録画再生(BS プレミアム 2011年6月20日20:00放送) バットマン リターンズ [DVD]出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオメディア: DVD NHK BSプレミアムでのバットマン特集。 冒頭いかにもティム・バートンだなという映像。 キャラクター、セットなど一作目を遥かに超えるティム・バートン色が強い。 一方、趣味に走っているだけのようで、話が破綻していてストーリーが面白くない。そして演出が緩慢だ。 3度も再生を止めてしまい3日越しで観た。 ...... more
Commented by can at 2007-09-10 00:36 x
クリストファー・ウォーケンの存在感はさすがって感じでしたね

それにしても、吹替が渡辺裕之だったとは、まったく知りませんでした
イメージ違い過ぎです~
Commented by odin2099 at 2007-09-10 22:23
TV放送版だと山寺宏一だと思いますけれど、ビデオ&DVDは『1』『2』とも渡辺裕之です。
『3』と『4』はヴァル・キルマーとジョージ・クルーニーにバットマンが交代してますけれど、こちらはどっちも竹中直人(!)。
TV放送版はそれぞれ小杉十郎太に小山力也ですから、的外れなことしてくれますよね、ワーナー・ビデオも。

by Excalibur
ブログトップ