【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』(1983)

e0033570_23203725.jpg長年に渡るファンからの要望が通り、現在では『ジェダイの帰還』と邦題が改められているが、今回はリミテッド・エディションDVDで初公開版を見直したので、タイトルは敢えて「復讐」のままにした。『スター・ウォーズ』サーガの「エピソード6」で、かつては「中間三部作完結編」と紹介されていたけれども、ジョージ・ルーカスがエピソード7以降の製作を否定してしまった今となっては、シリーズ全体の完結編。

「エピソード4」では反乱軍が帝国に一矢を報い、「エピソード5」では一転して帝国軍が反撃に徹して反乱軍は追いつめられ、そしてこの「エピソード6」では題名から察するに、再興されたジェダイ騎士団が立ち上がり、遂に帝国にとどめを刺す――そういうお話だと思っていたものだ、製作が発表された時には。
ところが出来上がった作品は、壮大な作品世界を完結させるにしては些か風変わりなものになっていた。風変わりという表現では足りないかもしれない。なんせそこに描かれていたのは、なんと熊ちゃんが銀河を救うというお話だったのだから。

この熊ちゃん、もといイウォーク族は、惑星エンドアの衛星に住む原始的な生物。紆余曲折あって知り合ったレイア姫を手助けして帝国軍と戦うのだが、このハイテクとは無縁の森の住人の強いこと強いこと! もし彼らがいなかったら、反乱軍は殲滅させられていたこと間違いなし、というとんでもない存在なのだ。当初からルーカスには、原始的な存在が帝国を打倒するという構想があったようだが(その名残がチューバッカである)、そのあまりの大活躍の前にはその他の出来事が全て翳んでしまった。

e0033570_23205913.jpgルークとレイア、ハンの三角関係はどうなるのか、ヨーダとケノービの会話に出てきたルーク以外の「もう一人の希望」とは誰なのか、そしてダース・ヴェーダーは本当にルークの父親なのか? 前作から引っ張ってこられた様々な興味にも回答は与えられているものの、やはり主役はイウォークでそれ以外の要素は全てサブ・プロットのような感じを受けてしまうのは私だけではないだろう。森の中でイウォークたちとドンチャン騒ぎして終るラスト・シーンも、「中間三部作完結編」なら許せても、サーガ全体のフィナーレとしてはどうにも軽すぎる

後の<特別篇>やDVD化の際の再改訂版では、首都惑星コルサントなど銀河を挙げてのお祭りムードへとスケールアップさせたものの、既に小説やコミック版ではルークたちの冒険はまだまだ続いている。それを考えるとまだまだ。出来得れば「エピソード7」以降(という形でなくても良いが)の映像化を、何とか実現させて欲しいと切に願う。
[PR]
by odin2099 | 2006-11-21 23:21 |  映画感想<サ行> | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4591614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-11-22 02:20
タイトル : スター・ウォーズ EP6/ジェダイの帰還 今年の201本目
スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 yahoo 、まだ「復讐」になっているわね。 とうとう、最後になってしまいました。 3と対応している点は、、またアナキンがやられます。それから、チューイが、ターザンやっていますた! これは、びっくり!忘れていたのか....... more
Tracked from mama at 2008-01-04 23:29
タイトル : スター・ウォーズ エピソード6「ジェダイの帰還」
1983年:アメリカ 監督:リチャード・マーカンド 出演:マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、デビッド・プラウズ、ピーター・メヒュー、アレック・ギネス、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズ 、フランク・オズ ジャバ・...... more
Commented by みゆみゆ at 2006-11-22 12:47 x
確かにイウォークがいなかったら負けてます(^^;
ちなみにフィナーレも特別編ではなくて、オリジナルの方の音楽のが好きです(細かい・・・)
私もこれ以降の続きが見たいです!!
Commented by odin2099 at 2006-11-22 22:23
イウォークの強さのヒミツは、実は強いフォースを持っているからだ、
というファンの解釈もあるんですけど、さて?

<特別篇>で差し替えられた終曲は、随分大人しいメロディなんですよね。
オリジナル版の方がお囃子みたいで、お祭りムードが味わえるのはこっちかなぁ。
でももうちょっと格調高く(?)終ってほしかったとも思いますが(苦笑)。

小説版では『バクラの休戦』が、ほぼこのラスト・シーン直後から始まります。
映画の余韻を楽しみたい人には向きませんが、その後の彼らが気になる、という人ならば一読の価値はあるかと思いますね。
ただ、やっぱり映像で観たいですね、映画じゃなくても良いから。
かつてのオビ=ワンくらいの年齢になったルークが、若きジェダイを導くのが「エピソード7」以降だと言われていた時期もありましたし、実際ルーカスはマーク・ハミルに話を持ちかけたこともあったそうで。
Commented by omuhashi at 2006-11-25 21:29 x
「ジェダイの復讐」は何度か拝見していますが、ルークが旧三部作の第一作目からだいぶ老けてしまって少し残念ですが、この三作目もけっこうおもしろいです。 個人的にはハンソロがわりと好きです。 オビ=ワンってシリーズ見てみると主人公以上に長くいますよね。 途中で死んでしまうのが残念ですが。
Commented by odin2099 at 2006-11-26 09:26
マーク・ハミルは一作目の撮影当時は24~5歳だったんですよね。
『ジェダイ~』の頃は32歳くらいだと思いますので、まぁ年齢相応なのかなとも思いますけれど、劇中での時間経過が描かれていないだけにちょっと不自然な感じもあります。
それに事故で顔面に大怪我を負って整形手術をした関係で、2作目以降は顔つきが変わっちゃったせいもあるのかも知れませんが。

by Excalibur
ブログトップ