【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『夢みるクラシック 交響曲入門』 吉松隆

e0033570_221754.jpg作曲家・吉松隆が、クラシック音楽の中から交響曲をピックアップして、その音楽の成り立ちや形式(約束事)などを解説し、さらに代表的な作品を紹介するという一冊。

作曲家のセンセイと、センセイが仕事場として借りているビルのオーナー(センセイの旧友)の、その高校生と思しき娘さんとの会話という形で進められていくので大変読みやすく、普段何気なく耳にしている交響曲を、今度はちょっと意識しながら聴こうかなと思っている人にはお勧め。

もっとも、理屈がどうのこうのと言うよりは――という人は直接CDなりを聴くほうが良いだろうが(百聞は一見にしかず、ではなく”一聴にしかず”か)、それでも、どれから聴いたら良いかわからないというならば参考になるのでは。

書名からすると「協奏曲入門」とかの続巻もありそうなので、そちらにもちょいと期待。
[PR]
by odin2099 | 2006-11-24 22:01 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4609169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ