【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『エラゴン/遺志を継ぐ者』(2006)

e0033570_1848519.jpgクリストファー・パオリーニが紡ぎだす壮大なるサーガ三部作、その第一章の華麗なる幕開け!
・・・なのですが、翻訳本ハードカバーで643ページもの大作。これを1時間44分でまとめているというので、一体どんな按配に仕上がっているのかと心配だったのですが、まぁ~随分こじんまりしたお話になっちゃってました。
ジェレミー・アイアンズにシエンナ・ギロリー、ジョン・マルコヴィッチにロバート・カーライルという具合に出演者には豪華な顔触れが並びますが、各人にさほど見せ場がないので映画全体が小粒に見えます
とは言え、出ていることは確かですから、色々と自分で膨らませて楽しむのも一興かと。

e0033570_18482022.jpgお話そのものは概ね原作に沿ってますが、キャラクターの設定を含めての改変部分はかなりの数に上ります。といっても、熱心な原作ファン以外はさほど気にしない程度でしょうね。今回端折られちゃったキャラクターが、第二部以降でどういう扱いになるのか、原作を読んだ身としては非常に気になりますが、きっと映画版は映画版で原作とは違ったシンプルな物語が展開されるのでしょう。気に病むことはありません。

その原作の方は再三、”『スター・ウォーズ』と『指輪物語』を足して、それに『ゲド戦記』風の味付けを施した”作品だと主張してきましたが、この映画版も『ロード・オブ・ザ・リング』と『スター・ウォーズ』のファンで、この手の映画をもっと見たいと思っていて、なおかつ寛大な心をお持ちの方ならば楽しめること請け合い。ルークやフロド、ガンダルフにオビ=ワン、そしてダース・ヴェイダー等々慣れ親しんだ御馴染みのキャラクターたちの影を、この作品に感じ取ることが出来ることと思います。

e0033570_18484277.jpgまぁお話を端折りすぎてるとか、世界観が掴めないとか、キャラクター説明がなさ過ぎるとか、キャスティングが微妙というかミス・キャストだと思える人がチラホラいるとか、そんなことは所詮は原作ファンの戯言ですから、むしろ予備知識ナシでご覧下さい。

映画は第二部への引きがタップリの終り方をしていますが、こちらは翻訳本が533ページと499ページの上下巻。分量は第一部のほぼ倍なので、今回みたいにはいかないでしょうね。少なくても2時間超えは必至かな、とも思うのですが、そういえば製作が始まったというニュースを聞きません。本当にやる気なんでしょうかね。勿論、製作してくれれば喜んで観に行きますとも。あのエラゴン君が、第二部でどれだけ劇的に変貌を遂げるのか。キャスティング・ディレクターの目が確かだったかどうかが問われるわけで、それだけでも注目に値するのではないでしょうか。e0033570_1849432.jpg
[PR]
by odin2099 | 2007-01-08 19:24 |  映画感想<ア行> | Trackback(23) | Comments(24)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/4874156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-01-08 20:40
タイトル : 『エラゴン/遺志を継ぐ者』
CAST:エドワード・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、ジョン・マルコヴィッチ 他 STORY:かつて平和だった帝国アラゲイシアは、ガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)の圧制の下混乱の中にあった。そんな中、農場に暮らす17歳のエラゴン(エドワード・スペリーアス)は森の中で、青く光る石の様な物を見つける・・・・ 著者のクリストファー・パオリーニが17歳で自費出版しベストセラーとなったファンタジー小説の映画化。 今年の映画館での見納めが、このファンタジー映画となりました。 ...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-01-08 20:46
タイトル : エラゴン~遺志を継ぐ者~
原作者クリストファー・パオリーニは、15才で執筆を開始したそう一体10代でどんな話を書くものかと原作を購入してみた。だけど・・・ファンタジーを読むのって疲れるのよ私グズグズしていたら映画が始まってしまったので、未読のまま劇場へ。しかも子ども連れなので、[日本語吹替版]で・・・【story】遥か彼方の帝国アラゲイシアは、かつてエルフ、ドワーフが人間と共存する平和な土地だった。ところが今、邪悪なガルバトリックス王(ジョン・マルコビッチ)の圧制の下、帝国は混乱の中にあった。17才の少年エラゴン(エドワード・...... more
Tracked from カノンな日々 at 2007-01-08 22:14
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者/エド・スペリーアス、ジェレミー・..
ドラゴンと剣と魔法の世界のファンタジー。私にとっては涎モノの大好物ジャンルなので、最優先で初日に観に行ってきちゃいました。内容について全く予備知識ゼロで観たこともあってなかなか面白かったですけど、あの終わりかたはひょっとしてひょっとするんでしょうか??? ...... more
Tracked from ルナのシネマ缶 at 2007-01-09 01:30
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
三部作の一作目! すごく楽しみにしておりました。 ブルーのドラゴン! 良かったですけどね〜 全体的には、ちょっと お子様向けの作りになっていて ちょっと残念でした。 主人公のエラゴン(エドワード・スペリーアス)は、18万人から 選ばれた新人さんで、演技はまだまだですが、 雰囲気はなかなか良かったです。 ドラゴンに乗って、飛ぶシーンはスピード感もあって やっぱり大きな画面で観る価値はあるかも・・・・。 あと、プロムのジェレミー・アイアンズやガルバトリックス王の ジョン・...... more
Tracked from 映画大好き!/Favor.. at 2007-01-09 05:23
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
待望の「エラゴン 遺志を継ぐ者」を観てきました♪ 美しい映像と音楽はファンタジー大作としては満足、ドラゴンが飛んでいる視線で映し出す映像も迫力いっぱいでしたし、 飛行シーンや空中戦もなかなか見応えがありま... more
Tracked from 映画ダイエット at 2007-01-09 08:57
タイトル : 劇場『エラゴン 遺志を継ぐ者』
監督:シュテフェン・ファンマイアー 原作:クリストファー・パオリーニ 出演:エド・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ロバート・カーライル、ジョン・マルコヴィッチ、ギャレット・ヘドランド他 原作本、買ってあるんですがむちゃくちゃデカくて..... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2007-01-09 22:17
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者 ERAGON
エドワード・スペリーアス、ジェレミー・アイアンズ、 ジョン・マルコヴィッチ出演 レイチェル・ワイズ声出演 平和だったアラゲイシア帝国をガルバトリックス王は 全ての善良なドラゴンとライダーを抹殺してしまい 暴君として帝国を支配しているのでした アーリアは青い光る石をガルバトリックス王の元から盗み出しますが 追手に捕まります そして咄嗟の判断でこの石をある少年に渡すのです 狩猟の最中に少年エラゴンは青い石を手にします その石を売り食料を調達しようとしますが 断られ 一緒に暮らしている 叔父の家...... more
Tracked from シネマをぶった斬りっ!! at 2007-01-09 22:42
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者(評価:○)
【監督】シュテフェン・ファンマイアー 【出演】エド・スペリーアス/ジェレミー・アイアンズ/シエンナ・ギロリー/ギャレット・ヘドランド/ジャイモン・フンスー/ロバート・カーライル/ジョン・マルコビッチ 【公開日】... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2007-01-13 16:14
タイトル : 『エラゴン』
私がこの映画を観た行った理由は渋〜いこのふたり。 ジェレミー・アイアンズ ジョン・マルコヴィッチ ジェレミー・アイアンズ、想像通りの役で、 やさしく厳しくドラゴンライダーを育て守る。 暴君ガ... more
Tracked from よしなしごと at 2007-01-13 17:57
タイトル : 「エラゴン 意志を継ぐ者」見てきました
 お正月映画大本命のファンタジー映画エラゴン 意志を継ぐ者見てきました。... more
Tracked from MOVIE SHUFFL.. at 2007-01-21 04:41
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
『ERAGON』 アメリカ/2006 監督:シュテフェン・ファンマイアー 出演:エド・スペリーアス ジェレミー・アイアンズ シエンナ・ギロリー     ロバート・カーライル ジャイモン・フンスー     ジョン・マルコヴィッチ ギャレット・ヘドランド ゲイリー・ルイス 声:レイチェル・ワイズ 公開時コピー 少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた クリストファー・パオリーニ原作の「エラゴン/遺志を継ぐ者~ドラゴンライダー1」を「パーフェクト ストーム」の視...... more
Tracked from Brianの独り言 at 2007-01-21 12:29
タイトル : エラゴン~遺志を継ぐ者
昨晩、特別招待券のおかげで観た。 ファンタジーものの定番という作品ですね。(笑... more
Tracked from いろいろと at 2007-02-04 23:59
タイトル : エラゴン(吹)
昨年12月16日から公開されてましたがやっと観にいてきました。   エラゴン 遺... more
Tracked from Subterranean.. at 2007-05-24 08:27
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者 (Eragon)
監督 シュテフェン・ファンマイアー 主演 エド・スペリーアス 2006年 アメリカ/イギリス映画 104分 ファンタジー 採点★★★ またウルトラマンメビウスの話でアレなんですが、実際最近コレばっか観てますもんで。一人を除いて全員が転校生(担任も含め)という、一種異様な..... more
Tracked from Yasutaka's G.. at 2007-06-01 00:32
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
2006 アメリカ 洋画 アクション ファンタジー監督 : シュテフェン・ファンマイアー出演 : エド・スペリーアス , ジェレミー・アイアン...... more
Tracked from 虫干し映画MEMO at 2007-06-04 20:51
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者(2006/アメリカ)
ERAGON 監督: シュテフェン・ファンマイアー 出演: エド・スペリーアス   エラゴン    ジェレミー・アイアンズ   ブロム    シエンナ・ギロリー   アーリア    ロバート・カーライル    ダーザ    ジャイモン・フンスー   アジハド    ジョン・マルコヴィッチ   ガルバトリックス王  かつてドラゴンライダーに守られ、平和な地だったアラゲイシアは、今は邪悪なガルバトリックス王に支配されていた。辺境の村で叔父と暮らし...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-07-11 18:25
タイトル : エラゴン 07149
エラゴン 遺志を継ぐもの  ERAGON 2006年   シュテフェン・ファンマイアー 監督エド・スペリーアス ジェレミー・アイアンズ シエンナ・ギロリー ロバート・カーライル ジョン・マルコビッチ そうなんだ、エラゴン、人の名前だったのね、、、 ま、こういう映...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-06 00:54
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
 『少年はドラゴンに命を与え、ドラゴンは少年に未来を与えた』  コチラの「エラゴン 遺志を継ぐ者」は、12/16公開になった最先端のVFXを駆使した壮大なスケールのファンタジー・アドベンチャーなのですが、観てきちゃいましたぁ〜♪  原作は、当時17歳のクリストファ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-09-16 23:40
タイトル : 「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー
剣と魔法と姫とドラゴン。 ファンタジーものといったら出てくる要素をすべて盛り込ん... more
Tracked from JoJo気分で映画三昧!+α at 2008-02-25 00:53
タイトル : 「エラゴン 遺志を継ぐ者」★★
'06年製作 主演エド・スペリーアス 共演ジェレミー・アイアンズ 、 ジョン・マルコヴィッチ 、 ロバート・カーライル 声の出演レイチェル・ワイズ 伯父と従兄とともに片田舎で暮らすエラゴン(エド)は、ある日、森で光を放つ不思議な石を見つける。しかし、そ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-03-13 22:07
タイトル : 『エラゴン 遺志を継ぐ者』06・米
あらすじかつてはエルフやドワーフが人間と共存する平和な土地だったが今では邪悪なガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)が支配する遥か彼方の帝国アラゲイシア。農場に暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)はある日、森の中で光を放つ青い石を見つ...... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-04-10 19:55
タイトル : 『エラゴン 遺志を継ぐ者』
映画館で上映していた時には、どうせB級ファンタジーだろうと思って興味もひかれなかった作品だったけれど、DVDの予告編とかを観ていたらなぜか無性に観てみたくなってしまってDVD借りてきてみた。 思っていた以上に脇役が豪華なんですね、これ。観始めてからかなりビックリしま... more
Tracked from 時空の流離人(さすらいび.. at 2010-10-09 20:45
タイトル : エラゴン 遺志を継ぐ者
 ガルバトリックス王の圧政に苦しむ帝国アラゲイジアで、ドラゴンライダーとして運命に選ばれた少年エラゴンの戦いを描いたファンタジー映画「エラゴン 遺志を継ぐ者」。クリスト...... more
Commented by がちゃのダンジョン at 2007-01-08 20:33 x
今年もよろしくお願いいたします♪
辛口なんだけど、優しい語り口で、クスっと笑えるレビューですね♪
原作は読んだのですが、映画をみてこんな感じだったかな~っと
。。ずいぶん 薄い内容になったような。。

>ルークやフロド、ガンダルフにオビ=ワン、そしてダース・ヴェイダー等々

やっぱりそうですよね。というか、映画雑誌でも、思い切りそこで紹介してました。そこが見どころデス、、みたいな。 居直り紹介だと思いましたデス。(笑)

>キャスティングが微妙

シエンナ・ギロリーはちょっと、華が足らない気がしますね。
そもそも、主人公の子も、垢抜けないな~っと思ってしまいました。。
続編に期待します。 文句をいいつつも、続編は見逃せませんね。(笑)
Commented by odin2099 at 2007-01-08 21:03
がちゃさん、ご無沙汰してます。
本年も宜しくお願いします。

えー、劇場版はあんまり評判良くなかったので覚悟して観に行ったのですが、まぁこんなもんかな、という出来でした。
個人的にはこれでも結構許してるんですが(苦笑)、原作ファンにはちょっと辛いでしょうね。
カーヴァホールの村人なんか全然出てこないし、エラゴンの従兄ローランの存在なんか、劇場を後にする頃にはみんな忘れてるって(爆)。パンフには名前あるけど、カトリーナって誰よ、てなもんです。
ビジュアル的にはアーリアがエルフに、フロスガーがドワーフにはちっとも見えないんですけど良いんでしょうかね。
Commented by odin2099 at 2007-01-08 21:04
あと、自分がミス・キャストだと思ったのは、実はジェレミー・アイアンズです。ブロムにしては若すぎるし、細身すぎると思うんですよね。それこそイアン・マッケランのガンダルフくらいをイメージしていたんですが。アレック・ギネスのオビ=ワンとか。
若いといえばアンジェラも若かったですねぇ。魔法猫ソレムバンが出てこなかったのは残念でしたが。

ちょいとネタバレになりますけど、エラゴンは続編『エルデスト/宿命の赤き翼』で劇的に変わるんですが、その時に演じているこのエド・スペリーアス君が上手く変身出来るかどうか。
そこまで見越してキャスティングしたはずなので、それはお楽しみでしょうね。
Commented by cinema-can at 2007-01-09 01:27
ちょっと軽めのお子様向け作品になってしまいましたよね〜。
私も、魔法猫ソレムバンが出て来なかったのは残念でした。
とりあえず、次はもう少し楽しませてくれると
いいんですけどね・・・・(~_~;)
Commented by koujitu3 at 2007-01-09 08:35
TB、ありがとうございました。
odin2099さんの記事は思いやりにあふれていますね。(笑)
確かに予備知識なしのほうがいいでしょうね。
続きは、原作を読まずに見てみるか、原作を読むだけにしておくか、迷うところです。(笑)
(ダーザが復活してくれたら嬉しいのですけどね(笑))
それにしても、あれだけの役者たちがちゃんと演技できる脚本が欲しいですよねえ・・・
Commented by ゆかりん at 2007-01-09 12:59 x
こんにちは♪
スターウォーズファンなので、寛大な心で楽しめました(笑)
原作は読んでいないのですが、端折られちゃったキャラクターが気になります。
Commented by odin2099 at 2007-01-09 21:52
ルナさん、いらっしゃいませ。

やっぱりソレムバン、見たかったですよね。
あれじゃアンジェラも何のために出てきたのかわかりゃしないし。
まぁ双子なんかは時間の関係で端折られだろうなと予想していましたが、
ドワーフのオリクなんかはエラゴンの友人として大切なキャラだと思っていたのに・・・。
この分だと第二部は更に消されてしまうキャラが続出すそうな予感・・・。
Commented by odin2099 at 2007-01-09 21:58
koujitu3さん、こんにちは。

いや、好きですよ、この映画(笑)。
サントラ盤も買っちゃったし、DVDも購入決定♪
続編は、原作読まずに見るほうが良いのかも知れませんね。
単純計算で倍近い分量ですから、今回以上に刈り込まれるのは必至。落胆を味合わずにすむんじゃないかと思います(苦笑)。
でも・・・続編もちゃんと映画化してくれるんでしょうか。
普通ならもう動いていても良いですよね。簡単に作れる作品じゃないんだし。
Commented by odin2099 at 2007-01-09 22:08
ゆかりんさん、どーも♪

『スター・ウォーズ』ファンなら、キャラクターや設定にデジャ・ブがあるんじゃないかと思いますが、これは第二部でも「おお、やっぱりそう来たか~」という展開が待っているんですねぇ(笑)。
そういう面では続編も見逃せません! 但し、端折られていなければ(爆)。

エラゴンの暮らしていた村の住人とか、エルフやドワーフ、エラゴンとサフィラが祝福を授けた子供etc、
続編での扱いはどうするんだよ~、なキャラは目白押しです。
気になるようでしたら、原作も是非どうぞ♪
Commented by ミチ at 2007-01-09 23:20 x
こんばんは♪
第一作は可もなく不可もなくだったので、第二作に期待しているのですが、まだ製作もされていないのですか?
うーん、エラゴン役の子が老けちゃう~(笑)
三部作を見届けるまでには何年かかるんでしょうか。
Commented by odin2099 at 2007-01-09 23:40
ミチさん、こんばんは。

そうですねぇ。第二部の脚本がどうなったとか、監督が誰になるとか、新登場キャラクターを誰が演じるとか、そういった噂も出ていませんね。
結局はこの作品の興行成績如何によって、続編を製作するか否かの決定が下されるんじゃないかと思います。
第三部に至っては、まだ小説を執筆中らしいですし(苦笑)。

『ハリー・ポッター』を見てもわかるように、この手の作品はやっぱりまとめて一気にバーっと撮って欲しいですね。『ロード・オブ・ザ・リング』のように。
間が開くと辛いのは判っている筈なのに、『ナルニア国物語』も随分先延ばしになっちゃってますし、現在製作中の<ライラの冒険>三部作も、とりあえず一作だけ作るというスタンスのようなのが気になるし・・・。
Commented by Ageha at 2007-01-10 13:10 x
ご無沙汰してます。コメント&TBありがとうございました。
「どっかでみた」感は否めないですね。
アレに似てると感じたらその分オドロキがなくなるけど
それが好きなひとにはすんなり入れる世界。(わわわ)

・・いずれにしても次見て見ないとなんとも。(結局は公開されたら
フラフラ~っと行ってるかもしれません。・・・笑)
去年もそれでゼータガンダムを最後の最後まで
怒りまくって、でも3つとも劇場行っちゃいましたからね。(ノ*゚▽゚)ノ
Commented by Ageha at 2007-01-10 13:12 x
ダブルですいません。
トラバを送ったんですがこちらでは「不明」になっていて
サイトの方へ来ても反映されてないみたいです。
残念ですが・・・。
Commented by odin2099 at 2007-01-10 22:16
>Ageha様

今年も宜しくお願いします。
元々『スター・ウォーズ』自体が「どっかで見たような」だった訳ですが、ただの焼き直しに終っていないのが、エラゴンとサフィラの関係のユニークさでしょう。
このコンビがどんな運命を迎えるか、それを知るだけでも最後まで読む意義がありそうです。

『Zガンダム』は一本目を見たときに「お、これは・・・!」と思ったのですが、2、3作目は不満部分しかなかったですねぇ。
しかし『ZZ』はどうするんだろ?
改変した『Z』ラストからは繋がりにくいし、かといって作品そのものをなくすと『逆襲のシャア』に繋がらないし・・・。

TB、なんでしょうね~。
他の方からも「送れない」という声が幾つか届いているんですが、嫌われてるのかな・・・。
Commented by 小夏 at 2007-01-11 10:23 x
『エラゴン』は原作も未読なのですが、個人的に主人公役の俳優がイマイチ好みじゃないのです・・・。ぶっちゃけこれはワタシにとって致命的なのですわ。(^~^;
あと、予告編で観た限りではドラゴン描写がかなりショボく見えたのですが、どんなものでしょう。いずれにせよDVD待ちだな、これは。

TBは(コメントも)、最近のエキサイトが不調みたいですよ。我が家でも同じような症状が出ていますから、エクスカリバーさんだけじゃないと思います。
Commented by odin2099 at 2007-01-13 09:43
>千夏さん

エラゴン役のエドくんは確かに微妙ですね。
原作読んでも、もっと美少年というか、可愛らしい感じをイメージしていましたので。
年齢はちょっと行き過ぎですけれど、最初のルーク(=マーク・ハミル)ぐらいは・・・。
個人的には10年以上前のクリス・オドネルとか、そんなイメージでしたね、『三銃士』とか出てた頃の。
それも微妙か・・・(苦笑)。
第二部に入るともっと色々あるのですが(笑)、その際に彼で大丈夫なのかなぁという心配はあります。
まぁスタッフは勝算ありと思って選んだんでしょうけれども。

TB、確かにこちらから送るときも引っ掛かったりしてますね。
それにタイムラグもあったり。
どこのブログでもそういう話を聞きますけれど、まだまだ発展途上のシステムなんだろか。
Commented by ningyo at 2007-06-04 20:49 x
TB、コメントありがとうございました。
主人公、あまり変化が見えませんでした。
ところで、
アーリアがエルフに、フロスガーがドワーフに見えない・・・って、
え~そうだったんですか!
そういう種族の方々は、続編で登場か?と思ってました。
Commented by odin2099 at 2007-06-05 00:20
>ningyoさん

エルフにドワーフ、ファンタジーの定番キャラは一応出てきているのですよ(苦笑)。
そして2作目で主人公は劇的に変化するんですが・・・そこまで彼で持つかなぁ。

また2作目は『パイレーツ・オブ・カリビアン』以上に『スター・ウォーズ』ソックリの展開を見せるはずなんですけど、まだ製作開始の声は聞こえてきませんね。
これで打ち止め?
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-07-11 19:13 x
こんばんは!いつもありがとうございます!
え?エラゴンって、こんなキャラじゃなくなるんですか??
ま、似ているとかパクリとか言えばそうなんでしょうケド、
ドラゴンライダーという職業?人種?
これは新鮮でした。
Commented by odin2099 at 2007-07-12 23:19
>猫姫さま

ネタバレなしでストーリー語るの辛いんですけど(苦笑)、
エラゴンは第二部である意味「脱皮」します。
それで外見も変るんですけど、彼で大丈夫なのかな、という一抹の不安が・・・。

また物語上では、出生の秘密とか血縁関係とか色々と明らかになりますが、
それも『スター・ウォーズ』を踏まえているとバレバレ・・・。
Commented by miyu at 2007-09-08 00:04 x
うわぁ~そんなにボリュームのあるお話だったんですね。
映画からは想像もつきませんでした(´▽`*)アハハ
「スター・ウォーズ」ってやっぱり影響が大きいのでしょうね。
同じく続編どうなってる?の「ナイトウォッチ」も「マトリックス」と言うよりも~
「スターウォーズ」???って感じでしたね。
Commented by odin2099 at 2007-09-08 09:26
miyuさん、いらっしゃいませ。

そうなんです、この原作は『ハリー・ポッター』もメじゃないくらい分厚いんです。
だから本来なら『ロード・オブ・ザ・リング』くらいの長さがないと難しいんですよね。
反面、凄く大胆に刈り込んでいる部分にはかえって感心してますけど・・・(苦笑)。

『ナイトウォッチ』は未見なんです。
公開前の評判に比べると、公開後はイマイチのような気が・・・。
こちらも三部作でしたっけ。原作本は既に2作目の翻訳版が出てますね。
Commented by JoJo at 2008-02-25 01:03 x
エクスカリバーさん、こんばんは!あんな毒舌感想に、TB&コメントをしていただき、どうもありがとうございました(TvT)とてもじゃありませんが、こちらからは、伺えませんでしたよ~・・・

>まぁお話を端折りすぎてるとか、世界観が掴めないとか、キャラクター説明がなさ過ぎるとか

原作未読者でも、おっしゃってることが気になりました(笑)なんというか、なんじゃらほい、という感じでした・・・。もったいないですね、原作はすごく面白いのに、それを映画が曲げてしまっては。続編の有無はともかく、続きは原作を読みたく思います。詳細の情報を教えていただき、どうもありがとうございました(^^)/
Commented by odin2099 at 2008-02-25 22:46
>JoJoさん

そうですか?自分で書いてる文章の方が、よっぽど毒があるなぁと思ってますけど(爆)。

原作は、今ではソフトカバーの分冊版も出ていますので、読みやすくなってます。
第三部はまだ発表されていませんが、どんな結末を迎えるのやら。
これまでの展開が、『スター・ウォーズ』あたりのファンだと読めちゃう内容だったので、どこまで裏切ってくれるかに興味があります(苦笑)。

by Excalibur
ブログトップ