「ほっ」と。キャンペーン

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002)

タイトルは「捕まえられるものなら、捕まえてみな」ってな感じだろうか。
天才少年詐欺師と彼を追うFBI捜査官との追跡劇を、レオナルド・デカプリオとトム・ハンクスの顔合わせで描いた犯罪コメディ。どこまで実話に基づいているのかは知らないが(一応原作読んだけど)、良く出来たストーリーである。
タイトルバックも60年代っぽくてオシャレ。

e0033570_2242929.jpgさすがにディカプリオはティーンには見えないケド、これなら周囲も騙されるかな、という「らしい演技」を披露。
ハンクスの出番は案外少なめだがしっかりとアクセントになっているし、クリストファー・ウォーケンやマーティン・シーンが「普通の人」を演じているのは面白い。

ただもっと「騙しのテクニック」を駆使した、痛快な追いかけっこを期待していたので、お涙頂戴の展開になっていたのはちょっと残念。これはこれで悪くないけど、題材が題材なだけに、ねぇ。これがスピルバーグじゃなかったら違った作品になっていたかも。
なお、スピルバーグの演出そのものは案外平凡。素材の良さに救われた感じである。

ちなみに映画化権を持って奔走したのはディカプリオ自身。
スピルバーグは雇われ監督として立候補し、父親役でのカメオ出演を打診されたハンクスは、自らFBI捜査官役を希望したとのこと。こんな形でビッグ・ネームが集結したというのも、事実は小説よりも奇なり?
そして原作者のフランク・W・アバネイル本人が、コンサルタントとして参加してるそうだ。
[PR]
by odin2099 | 2007-02-16 22:04 |  映画感想<カ行> | Trackback(4) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/5167535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画大好き♪ at 2007-02-18 11:51
タイトル : 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」 ★★★★☆
{/kaeru_fine/} 今日は「メン・イン・ブラック2」製作総指揮のスティーブン・スピルバーグつながりで 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」。こう書いてみると長い題名です。スタチャンで 放映されたのを観ました。 トム・ハンクスとレオナルド・ディカプリオの顔合わせを楽しみにしてました。私は 特にレオ様ファンではありませんが{/face_ase2/}トム・ハンクスというと私は気さくなアメリカン という印象が強いのですが、今回はジョークが下手で不器用な、お堅いFBI捜査官。 でも憎めないキャラ...... more
Tracked from 映画&音楽マニア at 2007-03-09 20:59
タイトル : キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
ほんと久しぶりにディカプリオが出てる映画を観た。かつてディカプリオファンだった私は、彼の作品が公開されるたびに映画館に足を運んでたのに…。「ザ・ビーチ」まではかかさず観てたのかな。ディカプリオは「太陽と月に背いて」と「ロミオ&ジュリエット」の頃がいちばんかっこよかった。で、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」。これはオープニングのアニメーションでまずひきこまれてしまった。ここだけでもすごい楽しい。ディカプリオは童顔だから16歳の役でも全く違和感がない。彼は実在の詐欺師を演じてるんだけど、これが実話っ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-20 00:09
タイトル : キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
 『本物の偽者を描いた真実のドラマ。』  ついにと言うかやっとと言うか、個人的には映画化される前に読んでいた原作がかなり好きだったので、何だか今まで観ずにきてしまったって感じの映画なんです。  映画を観る前に原作を読んでしまうと、変にハードルを上げてし....... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-10-07 14:32
タイトル : キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
本物の偽物を描いた真実のドラマ。 ... more
Commented by koujitu3 at 2007-02-16 23:18
タイトルバックはほんとにお洒落で素敵でしたね。
でも本編のほうは、・・・ ほとんど忘れちゃいました。(笑)
私は原作未読なのですが、家人は原作大好きです。
Commented by odin2099 at 2007-02-17 09:52
原作は反省の色もない、全くの自慢話でしたけれど(笑)、そこが「らしい」です。
映画はスピルバーグじゃなければ、もっと素敵な小品になったんじゃないかなぁと思っているのですが。
Commented by みゆみゆ at 2007-02-17 17:32 x
この作品、見ていますが・・・・お涙頂戴なのかどうか忘れました(^^;おしゃれだなぁとかいうののとか、結構面白かったのは覚えていますが・・(^^;。あれれ・・・。
レオは確かにティーンというには無理があるかもしれませんね。
Commented by odin2099 at 2007-02-17 20:44
>みゆみゆさん

お涙頂戴というと言いすぎでしょうか。
でも家族の絆だとか、そういう湿っぽい要素は極力廃して欲しかったなぁ、と思ったのです。
Commented by D at 2007-02-17 21:35 x
TBありがとうございました!
懐かしい~と言ってしまうほど、随分前に観た作品です
実は、レオナルド・ディカプリオ作品はあまり観ていなかった頃だったので、なかなかイイ感じなのに驚いた記憶があります

Commented by odin2099 at 2007-02-17 21:47
わざわざ有難うございました。
自分は劇場ではなくビデオでしたので、そんなに昔に見たという訳ではないですね(笑)。
といっても、昔のものをもう一度引っ張り出してきたことに変りはないんですが。

ディカプリオの出た作品は、やはりそんなに見てはいませんので、アイドル的人気ながら演技派なんだな、と感心しましたね。
Commented by ZERO at 2007-03-09 21:02 x
オープニングがほんとかっこよかったですね。
かつてディカプリオファンだったからか、
私にはちゃんと彼がティーンに見えました(笑)
Commented by odin2099 at 2007-03-10 08:58
オープニングは、スピルバーグにこんな演出できたんだ!?
という感じでしたけれども、あれは別にデザイナーがいるんでしょうね。
ディカプリオは良かったんですが、もう2~3年前ならもっと良かったと思います。
しかし、今はディカプリオのファンではなくなってしまったのですか?
Commented by miyu at 2007-09-20 22:27 x
(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・確かに平凡なお涙頂戴映画に
なってしまってた感はありますよねぇ~。
原作の面白さは消えてなかったのですが、
ちょっと趣向が違いましたもんね。
Commented by odin2099 at 2007-09-20 23:12
ディカプリオのファンは、彼の色々な面(コスプレ?も含めて)が楽しめるんじゃないかと思いますけどね(笑)。
ただもっと原作通りの、ふてぶてしいキャラでディカプリオに演じてもらえれば、もっと面白くなったんじゃないかなーという気がしてます。
まぁ、ないものねだりかも知れませんが。

by Excalibur
ブログトップ