【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アンダーワールド』(2003)

何世紀にも渡って死闘を繰り広げてきた吸血鬼(ヴァンパイア)と狼男(ライカン)の両種族。
ヴァンパイアの処刑人セリーンはある時、一人の人間の青年マイケルをライカンが執拗に追っていることに気付く。セリーンはその理由を探るべくマイケルに接触するが、ライカンがその場を急襲し、マイケルはライカンのリーダーであるルシアンに咬まれてしまった。
成り行きでマイケルを助け出したセリーンは、彼を一族の隠れ家へと連れて行くが、それは掟破りの禁じられた行為だった・・・。

e0033570_2232074.jpg劇場で見逃したものをDVDで見た一本だが、評判通りスタイリッシュで面白い映画だった。
主演は『ハール・ハーバー』のヒロインだったケイト・ベッキンセール。暗殺者というには華奢な感じもするが、レザー・スーツに身を包んだ彼女の姿は実に格好良い。これはキャスティング・ディレクターのお手柄だろう。『パール・ハーバー』の彼女には全く魅力を感じなかったが、この作品、そして『ヴァン・ヘルシング』とジャンル・ムービーの似合う女優さんへと変貌を遂げていた。
ヴァンパイアとライカン、いがみ合う両種族に秘められた過去の因縁話も深く、単純に両者を善悪で色分けしていないのも良い。というより、最後に善悪を逆転してみせるからこそ、クライマックスの展開がカタルシスを生むのだ。

監督のレン・ワイズマンはMTV出身で、これが長編初監督作品。全篇をダークなモノトーンで統一し、饒舌になり過ぎないヴィジュアル世界を繰り広げている。『マトリックス』あたりとの類似点を挙げてしまうのは酷だが、充分に娯楽作品として合格点を上げられる出来映えだろう。なお、本作が縁でケイト・ベッキンセールとめでたくゴールインしたのだが、彼女の前夫はルシアン役で出演しているマイケル・シーン。芸能界とはつくづく不思議な世界だなぁと思う。
[PR]
by odin2099 | 2007-02-20 22:32 |  映画感想<ア行> | Trackback(6) | Comments(8)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/5194329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-02-23 23:06
タイトル : アンダー・ワールド 06年173本目
アンダー・ワールド 2003年   レン・ワイズマン 監督ケイト・ベッキンセール , スコット・スピードマン , マイケル・シーン ,ビル・ナイ 2見るために、まず、見直しました。 女ブレイド、、、かっこえ〜、、、しかし彼女、地は赤毛?この黒いボブ、めっちゃくち....... more
Tracked from ホラー映画って呪怨が怖いの? at 2007-05-18 19:09
タイトル : アンダーワールドって怖いの?
ホラーアクション洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。「ヴァン・ヘルシング」のケイト・ベッキンセイルが主演の「アンダーワールド」観ました。 あらすじ:ブラックレザーのコートに身を包み、夜の町を見下ろす美女セリーン。ヴァンパイアのセリーンは、長年戦い続けている宿敵ライカン(狼男族)の処刑人だった。ある晩、マイケルという青年医師に出... more
Tracked from 風に吹かれて-Blowi.. at 2007-07-14 04:54
タイトル : #703 アンダーワールド
監督:レン・ワイズマン 製作:トム・ローゼンバーグ、ゲイリー・ルチェシ、リチャード・S・ライト 製作総指揮:スキップ・ウィリアムソン、ヘンリー・ウィンタースターン、テリー・A・マッカイ、ジェイムズ・マクアイド、ロバート・ベルナッチ 原作:ケビン・グレヴィオー 脚本:ダニー・マクブライド 撮影:トニー・ピアース=ロバーツ 美術:ブルトン・ジョーンズ 編集:マーティン・ハンター 衣装(デザイン):ウェンディ・パートリッジ 出演者:ケイト・ベッキンセール 、スコット・スピード...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-12 23:31
タイトル : アンダーワールド
 現在コチラの「アンダーワールド」の続編「アンダーワールド:エボリューション」が公開中なんですが、まだこの1作目を観ていなかったので、まずはコチラからって感じで観てみましたぁ〜♪  そんなに予備知識なく観たのですが、冒頭に「ナイト・ウォッチ/NOCHNOY DOZ...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-09-07 21:34
タイトル : アンダーワールド…2006年末鑑賞
2007年三度目の更新です。 残念ながら冬期休暇は今日まで{/face_hekomu/} 明日からは仕事です{/down/}。といっても2日行けば三連休なんですけどね{/up/}(休めるといいなぁ{/face_ase2/}) 本日、休暇最終日はこの記事アップしてから、映画でもみようかなぁと思っていたのですが…、ついお出かけしてしまいました。 行った先は、昨年の後半にオープンしたショッピングモール「イオン八幡東ショッピングセンター」 ココのテナント数って凄いですね(近くでは一番多いんじゃないかなぁ{...... more
Tracked from kei☆の独り言;Blog at 2008-09-12 01:04
タイトル : ■アンダーワールド
原題「UNDERWORLD」 2003 公式サイト 公式サイト English 人間が知らない世界“アンダーワールド”にて、数百年にわたって戦い続けてきた吸血鬼族“ヴァンパイア”と狼男族“ライカン”。時代の流れにのって、コンピュータや車など科学を駆使し、それぞれの弱点の弾をこめ..... more
Commented by crann at 2007-02-21 00:53
まだ見てないのですが、こういうんじゃないかな?と期待の想像がふくらんでしまっていて、見るのが怖い映画です。
Commented by odin2099 at 2007-02-21 23:21
見る前はB級テイストむき出しの、亜流作品なんだろうと高を括っていたのですが、意外に楽しめましたね。
それで「パート2は絶対映画館で見るぞ」と誓ったのですが(?)、結局挫折しています・・・。
Commented by omuhashi at 2007-02-22 21:22 x
不思議ですね~ 

パート2拝見しました。 確か「リーグ・オブ・レジェンド」の
透明人間役の俳優さんが出ていたと思います。
ストーリーはそこそこだったような気がします・・・。
Commented by odin2099 at 2007-02-22 23:05
パート2、DVDは買っちゃったんです。
いつ見ようかな~と思いつつ、なかなか時間が取れない毎日。
うー、フラストレーションがたまる~。

『リーグ・オブ・レジェンド』、あまり評判は良くなかったようですが、僕は好きでしたね。
アラン・クォーターメン復活を示唆して幕を閉じていますので、是非とも続編を見たいものですが、興行的にも失敗したようなので望み薄。
原作の第二部はH.G.ウェルズの『宇宙戦争』が下敷きになっていますので、もしその通りならスピルバーグ作品と比較されてしまうでしょうか。
Commented by 小夏 at 2007-02-26 11:26 x
ああ、『アンダーワールド』は多分好きな映画です。
「多分」という変な表現になってしまうのは、実はDVDで鑑賞したのですが、どうにもこうにも画面が暗くてフラストレーション溜まりまくりだったんですね、この映画。
内容は自分好みなだけに、ちゃんと劇場で観るべき映画だったな、と今さらながら後悔している次第です。(うちのTVのせいやろっ!のツッコミはなしで。^^;)
Commented by odin2099 at 2007-02-26 22:11
僕もDVD鑑賞でしたけれど、それほど画面が暗かったという印象がなかったのは、部屋の電気を全て消して見ていたからでしょうか。
本当はそれ、目に悪いからやっちゃいけないんだそうですが、明るい部屋で映画を見るのはどうにも気分が出ないもので。

パート2は挫折しましたが(近々DVDで見る予定)、パート3は作らないんでしょうか。
もし作られたら今度こそ・・・。
Commented by chibisaru at 2007-07-14 04:58 x
こーんばーんは♪ いや、おはようございます・・・の方があってるかしら(^o^;
この作品は面白かったですねー。いろんな新兵器にもびっくりでしたが、ケイト・ベッキンセールがかっちょよくって惚れ惚れしてしまいました。
監督さんと結婚したってのは知っていたんですが、前の夫がルシアン役の人だったんですか(@_@;)
ほんっと芸能界って不思議な世界ですね(^^;
Commented by odin2099 at 2007-07-14 08:23
えーと、時差のある外国からの書き込みでなければ、もう「お早う!」の時間かと(笑)。

ケイト・ベッキンセールってあんまり動けるイメージがないんですけど、
これだけ格好良いのはカメラアングルや編集の妙というやつでしょうか。
それとも監督の「愛」?

ところで色々調べてみると、マイケル・シーンとの間に子どもがいるのは事実ですけれど、
「恋人」と表現しているところもあるので、入籍はしていなかったのかも。

by Excalibur
ブログトップ