【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『シルバー假面』(2006)

♪シルバ~仮面は~ さすら~い仮面~

リストラされた円谷プロ出身者をメイン・スタッフに揃え、『隠密剣士』や『柔道一直線』、そして何よりも『ウルトラQ』、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』(あ、東映製作の『キャプテンウルトラ』も)が放送された栄光の時間帯に現れた『シルバー仮面』は、70年代のブーム真っ只中に作られた変身ヒーロー物。ところがその裏番組に、新生なった当の本家・円谷プロ製作の『ミラーマン』が現れてしまったために、視聴率戦争に敗れ去ってしまったという不遇の作品である。

主演の柴俊夫が、それ以前に『ミラーマン』のパイロット版に主演していたというのも何やら因縁めいているけれど、『セブン』の後番組『怪奇大作戦』までを<第一期ウルトラシリーズ>として捉えるならば、作品自体のテイストや関わった人の動きを見ても、正当なウルトラシリーズの流れを汲むのは、同時期に放送されていた『帰ってきたウルトラマン』よりも、むしろこの『シルバー仮面』だと言っても良いくらいである。

その『シルバー仮面』を、設定を大幅に変え、その名も『シルバー假面』として全3話でリメイクしたのがこの作品で、原案はTVシリーズの1・2話を担当した後に事実上降板してしまった脚本・佐々木守、監督・実相寺昭雄の名コンビ。DVD発売に先駆け、劇場でレイトショー公開もされている。

e0033570_9243180.jpg近未来のSFアクションだったTVシリーズ版とは異なり、舞台は大正9年となり主人公は森鴎外とエリスとの間に生まれたザビーネという日独混血の少女(演じているのはやはり日独ハーフのモデル、ニーナ)。彼女が<ニーベルンゲンの指環>の力を借りて、シルバー假面へと変身する。つまり『舞姫』ミーツ”変身モノ”というわけで、今度は変身ヒーローではなく変身ヒロインというのが新機軸。

彼女を助ける陸軍大尉・本郷義昭に渡辺大、彼とコンビを組む平井太郎(後の江戸川乱歩)に水橋研二、陸軍の明瀬総督に嶋田久作、宇宙人を操る謎の科学者カリガリ博士に石橋蓮司、弁士とナレーターに寺田農らが出演。美術の池谷仙克、撮影の中堀正夫、音楽の冬木透ら、スタッフにも御馴染みの名前が並んでいる。

今回観たのは第壱話「はなやしき」。
総監修の実相寺昭雄はこのエピソードだけメガホンをとっているが、実相寺テイストというか、独特の風味にあふれた一本。ところが作品完成後に急逝してしまい、佐々木守もそれに先立って鬼籍に入っているため、本作は異色作を生み出し続けた名コンビの遺作となってしまったのが惜しまれる。
しかし発端部分が明かされたに過ぎない物語は判りづらいし、ロクに活躍しないシルバー假面は変身ヒロイン物としても楽しめない。残り2本でどれだけ物語が展開されていくのかは知らないが、現段階ではごくごく一部のマニア向けと言わざるを得ないだろう。金のかかっていない『帝都物語』といった按配だ。
[PR]
by odin2099 | 2007-03-21 09:27 |  映画感想<サ行> | Trackback(8) | Comments(10)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/5368477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-04-03 02:22
タイトル : シルバー假面 07079
シルバー假面 1 2006年   実相寺昭雄 監督内田仁菜  渡辺大  水橋研二  石橋蓮司  山本昌之  赤星満 嶋田久作 「1」ってついていたから、、やっぱりそうなのか、、、 1、2、3で完結 ? 3人の監督がとっているのね。 故 実...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-04-06 20:18
タイトル : 【2007-39】シルバー假面(Die Silberma..
1920年 帝都・東京─── 美しき女戦士が 舞い降りた。 ”銀の光”が 私を変える。 ... more
Tracked from タクシードライバー耕作の.. at 2007-04-07 10:02
タイトル : シルバー假面【1】
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 第壱話50分(劇場公開版130分) 監督 実相寺昭雄 、北浦嗣巳 、服部光則 原作 − 脚本 中野貴雄 、小林雄次 音楽 冬木透 出演 ニーナ 、渡辺大 、水橋研二 、石橋蓮司 、嶋田久作 、 堀内正美 、ひし美ゆり子 、寺....... more
Tracked from (´-`).。oO(蚊取.. at 2007-04-07 12:08
タイトル : シルバー假面 70点(100点満点中)
超能力を使う春日兄妹の物語 公式サイト 円谷プロから独立したスタッフ達によって作られた、日本現代企画とコダイグループが71年に製作した特撮ヒーロー番組『シルバー仮面』を、当時のメインスタッフが再結集して35年ぶりにリメイク。 当時のオリジナルスタッフとして....... more
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2007-04-07 13:56
タイトル : 銀の力が彼女を変える
278「シルバー假面」(日本)  文豪・森鴎外とドイツ人女性エリスとの間に生まれた美女ザビーネ。彼女は母から譲り受けた銀の指輪の力でシルバー假面に変身する。  時は1920年(大正9年)、帝都・東京。不可思議な美女連続殺人事件が起こる。この事件の解明を命ぜられたエリート軍人・本郷大尉は友人の小説家・平井と共に怪しげな見世物小屋を調べにいく。そこでザビーネと出会う本郷。そしてザビーネもまた殺人事件を調べており、それは時空を越えた怪人・カリガリ博士の陰謀であることを突き止める。カリガリ博士...... more
Tracked from 長江将史~てれすどん2号.. at 2007-04-07 17:54
タイトル : 「シルバー假面」映画館レビュー 舞い降りる
僕は実相寺昭雄が好きだ。ただ誤解をうけやすいのが、単に好きなのではなく、とくに、決められた体制の中でキラリと怪しく光る特出した個性と、実にコントラストの利いたわかりやすくヘンな画面構成と照明効果が好きだということだ。... more
Tracked from Mr.Bation at 2007-04-08 08:04
タイトル : 実相寺遺作 「シルバー假面」
実相寺昭雄の遺作となった「シルバー假面」 まったく新しいシルバー仮面。 その企画設定を聞いただけでワクワクしてしまう作品で大きな期待を持って行ってきましたよ、レイト・ショー。{/kaeru_en4/} 全3話のDVDオリジナル作品として制作されたが、高まる期待の中、劇場で3作品を一挙特別先行上映のはこびとなった。 第壱話「はなやしき」 監督:実相寺昭雄 第弐話「於母影」 監督:北浦嗣巳 第参話「鋼鉄のマリア」 監督:服部光則 脚本は中野貴雄(第弐話は小林雄次も) 企画設定を知った時、亡くな...... more
Tracked from 5125年映画の旅 at 2007-04-08 08:18
タイトル : シルバー假面
時は大正9年。帝都東京で発生する謎の美女連続殺人事件。帝国軍人・本郷は事件を調査する内、浅草のダンテ劇場に秘密がある事を突き止める。事件の首謀者カリガリ博士を追い詰めた本郷だったが、彼の差し向けた怪人に襲われ、絶体絶命の危機に陥る。しかしそこへ謎の美女...... more
Commented by Brian at 2007-03-21 20:48 x
オオーw(*゜o゜*)w「シルバー仮面」だ!
懐かしい~。
たしか前作の「シルバー仮面」は後から巨大化しましたよね。
今回のリメイク版ではしないのでしょうか?
そういう裏事情によって、「シルバー仮面」は打ち切られたのですか・・・。
その後にあった「アイアンキング」までは楽しんで見てましたよ。(笑)
Commented by odin2099 at 2007-03-21 22:22
テコ入れの一環で11話から巨大化し、タイトルも『シルバー仮面ジャイアント』に変更されています。
この11話だけは、責任の所在を明らかにするためか(?)、佐々木守・脚本になってましたね。
それでも一年間の放送を全うした『ミラーマン』と違い、半年で打ち切られてしまいました・・・。

リアルタイムでは観ておらず、ソフト化されてから観たんですが、確かに地味で暗いお話が多いです。
でも『ミラーマン』も、同時期の『帰ってきたウルトラマン』や『ウルトラマンA』に比べると、さほど明るくない地味なヒーローだった印象がありますけれど。

後々番組の『アイアンキング』は『シルバー仮面』のスタッフが流れて作っていますが、打って変わって明るい作風で好きでした。
でもこちらも、裏番組(『ミラーマン』の後番組でもありますが)の『マジンガーZ』に負けちゃったんですよね。
Commented by F20!! at 2007-03-24 13:28 x
リアルタイムで見ていないので、昔流行った怪人図鑑とかヒーロー百科とかでしか印象がありません。
『シルバー仮面』も『アイアンキング』も『ミラーマン』も知ってはいるんですけどね。

さて、最近のリメイク作品には何で今更?という感もあります。
『ミラーマン』しかり『ライオン丸』しかり、そして『シルバー假面』しかり。
ま、今のクリエイターが昔の作品をリメイクしたらどうなるか、というおもしろさもありますけど...。

さて、ワタシが疑問に思ったのは、なぜに『假面』?『仮面』でないの?
なにか意図があってのことでしょうが、事情を知らないワタシは???でした。
Commented by odin2099 at 2007-03-24 20:45
『ライオン丸G』は意外にも(?)評判良かったらしいですね。
現代劇でリメイク、という段階で自分的にはNGだったので観ませんでしたが。

観てないといえば『ミラーマンREFLEX』もですけど、賛否両論、というか否定的な意見の方が多かったのかな。
やっぱりリメイク物は難しいですね。
といいつつ、これからもいくつか企画されてるようで・・・。

『シルバー仮面』→『シルバー假面』は、おそらく時代設定(大正時代が舞台)を考慮して、レトロな感じを出そうとしたのだと思います。
旧『シルバー仮面』は、企画当初は『二十一世紀鉄仮面』という題名でしたが、これは小栗虫太郎の探偵小説『二十世紀鉄仮面』にインスパイアされたものだということなので、ある意味では原典帰りなのでしょう。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-04-03 01:43 x
TVで、やっていたのですか??
リメイク?なの??
Commented by odin2099 at 2007-04-03 23:27
ご存じなかったですか。
1971年から72年にかけて放送していた変身ヒーロー物です。
準主役キャラ(柴俊夫の弟役)で篠田三郎も出演。
その後、本家円谷プロの『ウルトラマンタロウ』で子ども達のアイドルになりましたね。
今回はリメイクとはいえ、題名とヒーロー(ヒロイン)のデザイン以外には共通項はなさそうですが。

そういえば『Q』『マン』は宮内国郎、『セブン』『帰マン』『A』『レオ』は冬木透、
その後の『ザ・ウル』は宮内&冬木、そして『80』は冬木透が担当した音楽なんですが、
何故か『タロウ』だけはこの『シルバー』と同じ日暮雅信なんですよねー。
確か『シルバー』のBGMも『タロウ』の劇中に流用されていたと思います。
不思議な縁です。
Commented by imapon at 2007-04-08 08:09 x
TBありがとうございました。
「現段階ではごくごく一部のマニア向けと言わざるを得ないだろう。」
2話、3話での展開もますます一部マニア向けですのでご安心下さい(?笑)必見!
つくづく実相寺監督の死が惜しまれます。
Commented by odin2099 at 2007-04-08 10:00
TB&コメント、ありがとうございます!
そうですか、ということは実相寺テイストは全開なんですねー。
2巻目もリリースされましたから、今度借りてこようと思います。
というか、買っちゃおうかなぁ、この際(苦笑)。

それにしても、まだ早すぎましたね、実相寺監督・・・。
ウルトラ・シリーズは兎も角、『怪奇大作戦セカンドファイル』は撮って欲しかったなぁ。
Commented by at 2010-06-12 15:14 x
このシルバー假面、女の人なんですよね。
女性でリメイクというのはちょっと…。
今度はジャイアント編をリメイクしてもらおう。もちろん男性主人公で。

それにしてもいろいろ復活してるんですよね。
ミラーマンが「ミラーマンREFLEX」に、
ライオン丸が「ライオン丸G」に、
そしてシルバー仮面もこの「シルバー假面」に。
個人的にスペクトルマンもリメイクしてほしいですね。もちろん男性主人公で。
Commented by odin2099 at 2010-06-12 17:14
コメント、有難うございました。

今度は『電人ザボーガー』もリメイクされますから、もう何が来てもおかしくない状態です。
『ライオン丸』や『ザボーガー』と同じピープロ作品ですから、『スペクトルマン』リメイクもありえますね。
次は何でしょう?
『レインボーマン』はアニメ版があったから、『ダイヤモンド・アイ』とか。
『レッドバロン』もアニメ版があったから、今度は『アイアンキング』・・・?


そういやこの作品、3作目は観ないまんまだった・・・。

by Excalibur
ブログトップ