【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)

e0033570_729218.jpgピアース・ブロスナンが5代目を襲名してから2本目となる作品。
今回の相手は情報操作と武力行使によって世界を手中に収めようとするメディア王、英国と中国は一触即発の危機に陥る・・・というわけで<殺しの許可証>を持つ男・ジェームズ・ボンドの出番と相成るわけだが、前作の固さが取れたブロスナン=ボンドは伸び伸びと演じているようだ。ショーン・コネリーの個性の強さはともかく、ロジャー・ムーアのソフトさやユーモア、ジョージ・レーゼンビーの身のこなし、ティモシー・ダルトンのクールさ渋さと歴代の長所をあわせ持ったこのブロスナンある限り、シリーズは安泰だと思ったものである。

だがそれにも増して輝いているのは、中国の女性諜報員ウェイ・リンを演じる<ゴッデス・オブ・アクション>ミシェール・ヨー
従来もアクテイブなボンドガールは何人かいたが、全てにおいてボンドと対等に渡り合えたヒロインは存在しなかった(設定上は『私を愛したスパイ』のトリプルXことアニヤ・アマソヴァなどはそのはずだが、画面の上では残念ながら説得力に欠けていた)。
e0033570_730037.jpgところが彼女は正に<女性版007>と呼べる存在で、手錠で繋がれたままでのバイクでの脱出行をはじめとするアクション・シークエンスの迫力は、完全にブロスナン=ボンドを凌ぐ。彼女単独のアクション・シーンなどまるで香港映画を見ているようだ(それでも香港映画での彼女の方が遥かに凄いのではあるが)。ウェイ・リンを主人公にしたスピンオフ作品の製作が噂されたのも当然である(その後『ダイ・アナザー・デイ』でハル・ベリー演じるジンクスのスピンオフ企画が同じように取り沙汰されたが、こちらも実現していない)。

ではこの作品のブロスナンはミシェル・ヨーの単なる引き立て役に過ぎないのか、というと然にあらず。
ウェイ・リンが光って見えるのも、全ては余裕を持ってボンド役に臨んだブロスナンの存在感と包容力あってのもの。ボンドあっての「007」映画であり、ボンド自身の魅力は決して損なわれてはいないのだ。

e0033570_7294199.jpgまた前作のエリック・セラに代って音楽を担当した、デヴィッド・アーノルドの活躍も特筆しておきたい。
良くも悪くもエリック・セラ色が強く出て違和感の残った『ゴールデンアイ』と違って、デヴィッド・アーノルドはお馴染みの「ジェームズ・ボンドのテーマ」のみならずジョン・バリーが手掛けた他のBGMも盛りこむサービスぶり。作曲家というよりはどちらかというとアレンジャーに徹した印象が強いが「007」ムードは満点で、以後は最新作『カジノ・ロワイヤル』に至るまで4作連続登板という快挙を成し遂げ、次回作での続投も決まっているようだ。
[PR]
by odin2099 | 2007-05-14 07:31 |  映画感想<タ行> | Trackback(6) | Comments(2)
トラックバックURL : http://odin2099.exblog.jp/tb/5666161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 取手物語~取手より愛をこめて at 2007-05-14 22:06
タイトル : 「007  トゥモロー・ネバー・ダイ」~腕のいい、堕落し..
英国鑑が公海上にもかかわらず、中国領海侵犯だと中国軍から攻撃を受け沈没してしまう。そして助けを求め海上を浮遊する乗員をも中国軍が射殺。... more
Tracked from 萌映画 at 2007-05-14 23:21
タイトル : 007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)
007シリーズ第18作、ブロスナンの2作目である。 冒頭の活躍はかなりかっこよい。お話としてなかなかよい作り、ロジャーの「私を愛したスパイ」に匹敵するのではないかと思う。ブロスナンもボンドが板についてきている。 ちょっとイヤな上司だったMはすっかり味方である。 今、次期ボンド候補に挙がっているコリン・サーモンがMI6の本部要員をやっている。この人、かっこいいじゃん! さて、今回の目玉は武闘派ボンドガールのミッシェル・ヨーである。強い強い、ボンドより強いんじゃないかと思う。装備もすごい。まさしく女性版...... more
Tracked from 映画のせかい2 at 2007-05-15 06:52
タイトル : トゥモロー・ネバー・ダイ(007シリーズ18)#467
1997年 アメリカ,イギリス 119 分 シリーズ18作目、ピアーズ・ブロスナンの2作目の007。今度の敵はメディア王。視聴率のためならどんなコンテンツでも放送する。さらには視聴率のために戦争をも起こしてしまう。昨今の日本のテレビ局の買収問題を見ても、TV番組のコンテン..... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2007-05-15 12:57
タイトル : 007/トゥモロー・ネバー・ダイ
【TOMORROWNEVERDIES:1998/03】製作国:アメリカ監督:ロジャー・スポティスウッド主題歌:シェリル・クロウ出演:ピアース・ブロスナン、ジョナサン・プライス、ミシェル・ヨー英戦艦が中国領海近くの海域で攻撃を受けた。だがそれは中国空軍によるものではなく、世界の情....... more
Tracked from まるっと映画話 at 2007-05-15 14:10
タイトル : 007 トゥモロー・ネバー・ダイ
シリーズ18作目、5代目ピアース・ブロスナン2作目。 今までのシリーズは、古い作品を見ていたので、 「過去にとっての最先端」を見ていたのですが、 このへんからは、リアルタイム。 まさにイマドキな『007』です! メディア王に挑むブロスナン・ボンドがかっこいい(*^_^*)..... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-08-17 00:17
タイトル : 007 トゥモロー・ネバー・ダイ
 ロシア国境付近テロリストの兵器市場、M(デンチ)らの指示の元、今日も007ことジェームズ・ボンド(ブロスナン)は任務を完遂していました。  イギリス艦デボンシャーは南シナ海を航行中、中国軍のミグに中国海域の為攻撃すると警告を受けるが、GPSでは国際海域を示して...... more
Commented by 奈緒子 at 2007-05-15 14:11 x
TBありがとうございます♪
ミシェール・ヨーさんってゴッデス・オブ・アクションなんですね~。
はじめてこの作品で観たのですが、かっこよかったです。
Commented by odin2099 at 2007-05-15 22:35
こちらこそ有難うございました!

ミシェール・ヨー、その昔はミシェール・キングとかミシェール・カーンという名前でしたね。
そんなに作品観ているわけではありませんが、真田広之と共演した『皇家戦士』、
ジャッキー・チェンと共演した『ポリス・ストーリー3』など、素晴らしいアクションを披露してくれています。
最近は『グリーン・デスティニー』や『SAYURI』など、アクション以外の作品での好演が評価されています。

by Excalibur
ブログトップ